自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 57話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 52話、53話でカットされていたこと 赤ちゃんへの贈り物はロテシュ子爵へ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

57話 ルベティがナビエに会うことをラスタに知らせに言ったロテシュ子爵でしたが・・・

◇金のガチョウ◇

ラスタはいつものように

虫を見るような目で

ロテシュ子爵を迎えました。

 

彼は、腹立たしく思いながらも

少しの怒りで

皇帝を主人に持つ

金のガチョウを

始末するわけにはいかないので

我慢しました。

 

ラスタは、

ナビエがルベティに会うことを

ロテシュ子爵から聞いて

とても驚きました。

 

皇后はラスタの秘密を

探っているに違いない。

皇后がこんな風に

他人のあら探しを

する人だったななんて。

それなのに、皇后を追いかけて

お姉さんと呼んでしまった。

 

とラスタは呟きました。

 

しかし、怒りがこみあげて来ても

どうにもできないので

ラスタは、

アレンとルベティに口止めするように

ロテシュ子爵に命じました。

 

ロテシュ子爵は笑って

返事をしたので

ラスタは腹が立ちました。

椅子やテーブル全てを

ひっくり返したくなりました。

けれども、皇帝が

来ることになっているので

そうするわけにはいきませんでした。

 

なぜ、みんな

ラスタだけをいじめるのだろう。

ラスタはただ、

静かに暮らしたいだけなのに。

 

とラスタは思いました。

 

話が終わってもなかなか帰らない

ロテシュ子爵にラスタは

 

帰らないの?

 

と冷たく彼を見つめながら尋ねました。

 

こういう時、たいていロテシュ子爵は

ラスタに無理な要求をしてきました。

今回もそうだろうと思うと

ラスタは頭に来ました。

 

ロテシュ子爵は、

ルベティが社交界デビューをすると

言いました。

 

初めて公式に社交界に顔を見せる時

人々は、最大限華やかに豪華に着飾って

登場します。

ラスタは彼がその費用を要求するに

違いないと思いました。

 

この前持って行ったお金は

もうなくなったの?

 

とラスタは

イライラしながら尋ねました。

 

今は、

赤ちゃんへの贈り物として

もらった宝石がたくさんあったので

エルギ公爵にお金を借りたり

ラント男爵の機嫌を窺う必要は

ありませんでした。

 

けれども、お金があってもなくても

人に脅されたくないのは同じでした。

しかも憎たらしいルベティのために

ラスタは

お金を使いたくありませんでした。

 

ロテシュ子爵は

お金を惜しまず、

最高級の生地と宝石を使って

ルベティのドレスをあつらえるよう

ラスタに指示しました。

 

自分のお金を使うことに

ラスタはイライラしました。

本気でロテシュ子爵を

消したいと思いました。

 

遠い未来、

いつか皇后になる未来を考えるなら

今のうち、ロテシュ子爵を

始末した方がいいと

ラスタは考えました。

あらかじめ手を打っておかないと

どれだけ自分を苦しめるか

わかりませんでした。

ラスタの目がギラギラ輝きました。

 

そのラスタを見たロテシュ子爵は

にやりと笑い

 

もし私に何かあったら

たちまち私の代わりに

あなたの秘密を漏らす人たちが

あちこちにいる。

 

とラスタを脅しました。

 

ぶるぶる震えるラスタを見て

ロテシュ子爵はにっこり笑って

出て行きました。

f:id:myuieri:20210916052002j:plain

◇釘を刺す◇

ルイフトの交易は先が見えないものの

念のためナビエは

カフメン大公からもらった

ルイフトに関する本を読んでいました。

 

その時、ナビエは、ロテシュ子爵が

またラスタを訪れたことを

アルティナ卿から報告を受けました。

 

翌日、

ルベティが来ることになっていたので

そのために彼が来たのは

ナビエも推測できました。

 

そして、

ルベティが口止めされていることを

ローラは心配しましたが

ナビエは、自分が望んでいるのは

ルベティからの情報ではないと

言って、気にしませんでした。

 

ナビエは、自分が望んでいるのは

ラスタに警告することだと

心の中で考えました。

 

ルベティを呼べば

ラスタは、

なぜ彼女が呼ばれたのか

気になって、落ち着かず、

不安になり、焦る。

 

ナビエはそれを望んでいました。

 

ナビエはそれを通して

彼女の立場は

揺るぎないものではなく

自分が目を瞑っている分だけ

ラスタも行動に

気を付けなければならないことを

彼女に感じさせたいと

思っていました。

f:id:myuieri:20210117204832j:plain

◇父親の忠告◇

翌日、ナビエと会うことになっていた

ルベティは

どの服を着ようかと浮かれていました。

 

アリシュテから、

 

皇后陛下は高貴な氷のような方

 

と聞いていましたが

高貴な氷とはどんなものなのか

ルベティには想像もつきませんでした。

 

高位貴族の令嬢たちは

皇后陛下の侍女になったりすると

聞いたけれど

自分はなれないだろうかと

ルベティはため息をつきました。

 

なぜか首都に住むことになったけれど

大領主でもない

田舎の領地の子爵の娘が

皇后の侍女になるのは可能性は

ほとんどないと思いました。

 

ルベティがあれこれ

服を着ている時に

ロテシュ子爵がやってきました。

 

いつもは森の妖精のようだと

褒めてくれる父親が

その日は静かでした。

 

ロテシュ子爵は

皇后に会ったら

言葉に気を付けるように

ルベティに指示しました。

 

ルベティは、

自分が皇后の前で無礼を働くことを

父親は心配しているのだと思い

彼女は、礼儀正しく振舞うと

答えると、彼は

皇后から何を聞かれても

ラスタのことは話すなと

命じました。

 

明るかったルベティの顔が

ゆがみました。

 

数日前のパーティで

ラスタが皇帝の側室になったことを

知った彼女は、

ラスタがどんな手を使って

そのような高い地位に上りつめたのか

気になり

父と兄を問い詰めましたが

答えてくれませんでした。

 

ロテシュ子爵は、

力のない家門出身で

社交界にデビューもしていない

ルベティを皇后が呼んだのは

恋敵のラスタをけん制するためなので

絶対に、皇后に

ラスタとアレンのことを

言わないように

口止めしました。

 

ルベティは、

皇后はそんな人ではないと

怒りを露わにしましたが

ロテシュ子爵は退きませんでした。

娘のふくれっ面に心を痛めたものの

事がうまくいかなければ

心が傷つくだけではすみませんでした。

 

ロテシュ子爵は、ルベティに

賢明になるように言いました。

 

ルベティは分別はないけれど

利口な娘なので

家門が危うくなることはないだろうと

思いました。

f:id:myuieri:20210820051801j:plain

◇お茶会の目的◇

アリシュテがルベティを連れてくる日

ナビエは、謁見が終わると

様々な部署を見て回り

彼女が推進している事業のいくつかを

急遽、検討しました。

 

ナビエの役割は、

さまざまな案件の中で

どの地域に国費をどれだけ投資するか

決定することでした。

それが終わると

仕事の進行状況を

報告してもらう程度なので

時間はかかりませんでした。

 

何の問題もなく進行中であることを

確認した後

ナビエは西宮へ戻り

服を着替えました。

 

お茶とお菓子を用意して待っていると

約束時間より少し早く

ルベティと他の令嬢たちが

やって来ました。

ナビエが思っていたより

ルベティの仕草は可愛く

たどたどしく挨拶をするや否や

顔が赤くなる姿を

愛おしいと思いました。

そして、ロテシュ子爵とナビエは

ほとんど接点がないのに

彼女はナビエを

尊敬しているようでした。

 

2時間ほど話をして

ルベティが帰った後、

イライザ伯爵夫人は

ルベティがナビエのことを

好きなようだと指摘し

ジュベール伯爵夫人は

ラスタの過去が聞けなかったことを

残念がりました。

他の次女たちも

ジュベール伯爵夫人と同意見で

 

なぜ、ラスタについて

何も言わなかったのか。

 

ナビエの役に立つ子ではなかった。

 

いたずらに、ラスタを

警戒させるだけではなかったか。

 

ナビエがルベティを

招待したことを

ラスタがソビエシュに話せば

またソビエシュがナビエを

責め立てるのではないか。

 

と心配しました。

 

実はナビエも同じことを

考えていました。

 

ルベティを呼んだのは

 

今、あなたは嘘で

他の人を攻撃している立場ではない。

 

ことを示すためでしたが

それに刺激を受けるのが

ラスタだけではないことも

ナビエは密かに覚悟していました。

 

ルベティさんを呼んだのは

良いことでした。

あの子はちゃんと教えてくれました。

 

とナビエは侍女たちを安心させるために

わざと笑いながら言いました。

 

侍女たちは戸惑い、目配せをしました。

ルベティは可愛かったけれど

ラスタについて何も言わなかったので

何を教えてくれたのか

理解できないようでした。

 

けれども、何人かの侍女は

ナビエが何を言ったか理解し

意味深長に笑いました。

f:id:myuieri:20210916054930j:plain

◇もう一つの秘密◇

夜遅く、侍女たちが眠り

ナビエとイライザ伯爵夫人の

2人だけになると

イライザ伯爵夫人は

ルベティはラスタのことを

よく知っているようだと

言いました。

 

ナビエは頷きました。

 

パーティ会場で「偶然」出会った

ラスタとルベティの反応はもちろん

ラスタはとても美しい顔をしていて

噂にならない日はないのに

ラスタについて知らなかったという

ルベティはラスタの話題を

全く口にしませんでした。

ロテシュ子爵が口止めしたとしか

考えられませんでした。

 

ラスタが

ロテシュ子爵の奴隷だったとしたら

今の彼女にとって

ロテシュ子爵とルベティは邪魔な存在。

さらにロテシュ子爵は

一度、人前でラスタに恥をかかせた。

それなのに、

彼は引き続き顔を見せているし

しばしば宮殿でラスタに会い

首都へも呼び寄せた。

ソビエシュは

ラスタが奴隷だと知っていても

受け入れた。

ロテシュ子爵がラスタを

脅しているとしても

身分のことで脅しているのではない。

ラスタは、ロテシュ子爵家の

奴隷だったこと以外に

隠し事がある。

 

とナビエは推理しました。

 

彼女は、

 

ラスタが何を隠そうとして

脅迫されているのか

知っておいて損はないので

ロテシュ子爵と

ルベティの周囲を探るよう

指示しました。

f:id:myuieri:20210808171323j:plain



f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ロテシュ子爵にお金をたかられ、

赤ちゃんの贈り物として

もらった宝石を

使う破目になりそうなラスタ。

親のせいで、奴隷になり

悪い領主の元で働かされたのは

可哀想だと思います。

 

けれども、

本来、側室が出席することのない

新年祭に

ラスタが出席さえしなければ

ロテシュ子爵に

会わなかったはずです。

 

そして、ラスタが

ハインリとの手紙のことや

コシャールのことで

嘘をついたり

ナビエを不妊だと言わなければ

ナビエはルベティを

呼ばなかったかと思います。

 

ラスタはナビエのことを

批判していますが

ラスタがナビエに

関わろうとしなければ

ナビエは、ラスタのことを

放っておいたと思います。

 

ラスタの

身に起こっていることは

彼女が招いたことの結果なのに

ナビエのことを

恨むことしかできないラスタに

やりきれなさを感じます。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain