自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 56話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 51話、52話でカットされていたこと ゆっくりと私の小鳥と友達は遠ざかっていく

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

56話 パーティでラスタとルベティが会ったことは、ソビエシュの耳にも入りました。

 

◇貴族の礼法◇

あまりにも規模の小さい

パーティだったので

皇帝の側室が

前の主人の娘と

出くわしたという噂は

社交界

広まっていませんでした。

 

あらかじめ

ソビエシュは秘書を通して

目と耳になってくれる人々を

パーティに送っておいたので

ソビエシュは、彼らから

その話を伝え聞きました。

 

ソビエシュは、

 

あまりにもラスタが

貴族から無視されている。

もうすぐ

皇帝の子供の母親になるラスタは

ある程度、貴族から

畏れられる必要がある。

 

と言いました。

 

畏れられていたら

初めから、そんないたずらは

しなかったでしょうね。

 

とピルヌ伯爵は

ぎこちなく笑いました。

 

ソビエシュの言葉は

当たっていたし

何を言っているのかも

理解できましたが

奴隷出身の噂が立った

平民出身の側室を

貴族は畏れることができるのか。

ラスタのやり方によっては

可能かもしれないけれど

多くの時間が必要だと

ピルヌ伯爵は思いました。

 

ピルヌ伯爵は、

ロテシュ子爵についても

報告があると言いました。

 

ソビエシュは紅炎の星と

トゥアニア公爵夫人の事件以来

ロテシュ子爵を注視し

彼の領地と首都の邸宅を監視し

彼の行き先も徹底的に

確認していました。

しかし、これといった動きは

見せていませんでした。

 

ピルヌ伯爵は

ロテシュ子爵の領地に

怪しげな人物が出入りしていて

ラスタのことを

根掘り葉掘り聞いていると

報告しました。

 

ラスタが奴隷か平民か

知りたがっている人がいることに

気付いたソビエシュは

背後に誰がいるか

確かめるように指示しました。

 

ソビエシュとピルヌ伯爵の

話が終わると

秘書たちの中で

一番ラスタに好意を持っている

ラント男爵が

ラスタが宮廷作法に役立つ

貴族の礼法について

学びたがっている、

パーティで貴族たちの

笑いものになったことが

原因ではないかと伝えました。

 

ソビエシュは、

最高の先生を付けるように

ラント男爵に指示しました。

これまでラスタが

字を覚えていなかったので

先生に会わせて

いなかっただけでした。

 

ラスタが側室生活を

きちんと送るためにも

色々学ばなければならないことが

多いことを

ソビエシュはわかっていました。

 

けれども、

ラスタが貴族の礼法を学んだら

他の貴族と同じになり

ラスタの新鮮味がなくなるのではと

ソビエシュは心配していました。

 

ラスタが他の貴族と同じになったら

面白くないけれども

自分の赤ちゃんを妊娠しているのに

彼女の性格のせいで

貴族に無視されるのを

放っておくわけには

いきませんでした。

f:id:myuieri:20210131073511j:plain

◇遠くなる鳥と彼◇

ハインリ1世の戴冠式を祝うために

使節団が出発する日、

代表のリルテアン大公は

この旅が大変気に入っているようで

ソビエシュから激励を受けている間

何を考えているのか

1人でニヤニヤしていました。

 

けれども、ナビエの挨拶を受けると

たちまち改まった顔になり

視線を落としました。

 

ナビエが何度賄賂を突っぱねても

リルテアン大公は

粘り強くナビエに接してきました。

けれども、

ラスタと仲良くなってからは

あえてプライドを

傷つける必要はないと

考えているようでした。

 

ナビエとリルテアン大公の間の

冷ややかな雰囲気のせいか

ソビエシュは隣で彼らを

じっと見ていたものの

あえて話しかけることは

ありませんでした。

 

しばらくしてから、

ナビエは窓際に立ったまま

使節団の馬車が

ゆっくりと宮殿の門を通り

首都の大通りに沿って

遠ざかるのを眺めていました。

人々が馬車の行列を眺めるために

集まってきていました。

 

ナビエは残念な気持ちになりました。

 

こんな風に私の小鳥と友達は

ゆっくりと遠ざかっていく。

同じような機会があっても

別の機会があっても

様々な理由で

私たちは会えないだろう。

私心なく楽しい気持ちで

言葉遊びをした時代は

終わってしまった。

あなたの国の平安が

あなたの平安だと思って

生きるしかない。

 

とナビエは思いました。

 

馬車の列が完全に見えなくなると

ナビエは

訳もなくソワソワしたので

窓際を離れ

階段を一つ一つ踏みしめながら

心を整えました。

f:id:myuieri:20210829160042j:plain

◇罪悪感◇

西宮へ戻るために

曲がりくねった回廊を歩いていると

服装の乱れたエルギ公爵に

声をかけられました。

 

エルギ公爵は

ハインリの友達だけれど

彼と親しく過ごす姿を

見たことがなく

ラスタとはナビエの前でも

親しく過ごしていました。

 

そのためナビエは

エルギ公爵のことを

何となく嫌な感じがして

感心できませんでした。

 

ナビエは適当に礼儀を尽くして

通り過ぎようとしましたが

エルギ公爵から一緒に歩くことを

提案されました。

 

彼が嫌な感じがするとはいえ

ブルーボヘアンの王族であり

公爵であるエルギ公爵を

拒絶できなかったので

ナビエは、彼と一緒に歩くことを

承諾しました。

 

エルギ公爵は

 

皇后陛下使節団の代表になると

思っていた。

誰かががっかりする。

 

と言いました。

 

ナビエはハインリのことを

言っているのかと思いましたが

エルギ公爵はラスタだと言いました。

 

ナビエが遠くへ行くことが

ラスタのために良いことだと

エルギ公爵が言うと

ナビエは沈黙の後

 

そうですね。

ラスタさんも、そう答えるでしょう。

 

と言いました。

エルギ公爵は愉快に笑いました。

 

彼はナビエを探るように見ながら

ラスタのことをどう思っているか

尋ねました。

 

ほとんどの皇后が

ほとんどの側室に抱いているのと

同じ感情を持っている。

 

と答えると、

エルギ公爵はまた笑いました。

 

彼は、なぜ返事を避けるのか

ナビエに尋ねました。

 

ナビエは

どのような返事を望んでいるのかと

エルギ公爵に尋ねると

彼は、ナビエに反撃されたと

言いました。

 

反撃と言うにはどうかなと

ナビエは思いました。

 

ナビエはエルギ公爵の意図が

全くわかりませんでした。

なぜ、ラスタの友達が、

自分に優しく接して

変な質問をするのか

不思議に思いました。

ナビエにラスタの悪口を

言って欲しいのかと思いました。

 

言いたいことがあれば

言ってください。

 

ナビエは率直に尋ねました。

 

エルギ公爵は

弱い者いじめをするのは

悪いことだと言いました。

 

弱い人はラスタのことだけれど

悪いことは何を意味しているのか

ナビエはわかりませんでした。

 

けれども、

 

自分から仕掛けるつもりは

ないけれど、

弱い人がナイフを持って

迫ってくるのに

相手が弱いという理由だけで

刺されるわけにはいきません。

公爵は、弱い者の前なら

武器を捨て、拳を隠し

されるがままになるのでしょうか?

 

と尋ねました。

 

エルギ公爵は答えることなく

無意味に時間が過ぎました。

いつの間にか2人は

西宮近くまで来ました。

 

ナビエは彼を中へ入れる気になれず

 

ここまで

 

と合図を送りました。

 

彼はまだナビエの話を

考えているようで

慎重な顔をしていました。

そして、ナビエと目が合うと

目尻を下げて笑いました。

 

どうして、あんなに

笑うのだろう?

 

ナビエは不思議に思いながらも

別れの挨拶をしようとすると

エルギ公爵は

自分を一発叩いて欲しいと

ナビエに頼みました。

 

とてつもない頼みに

ナビエは顔をしかめました。

 

そうしなければならない理由が

ありますか?

 

とナビエは尋ねました。

 

罪悪感を減らしたいと言う

エルギ公爵の返事に

ナビエは、何への罪悪感か

尋ねましたが

彼は説明する代わりに立ち止まり

自分とナビエの進むべき道が

違うことを

両手で指し示しました。

 

彼と別れた後、

エルギ公爵の話していた罪悪感が

彼がラスタの肩を

持っていることなのか

それとも、

ハインリとエルギ公爵の

計画のことなのか

ナビエは考えました。

 

f:id:myuieri:20210912164639j:plain

◇ロテシュ家の事情◇

華やかな邸宅で

ふかふかのソファーに座り

1回飲むのに5万クランかかるお茶を

飲みながら

ロテシュ子爵は悦に入っていました。

 

彼は2人の子供のうち

ルベティに

大きな期待をかけていました。

 

アレンはただでさえ才能がないのに

最近は、奴隷が産んだ赤ちゃんを

大事にするために

無駄に時間を使っていました。

アレンは

家門をダメにすることはないけれど

家門をもっと高めてくれそうでは

ありませんでした。

 

しかし可愛らしくて利口なルベティは

そうではありませんでした。

彼女はロテシュ子爵が後押しすれば

高く上れるような誇らしい娘でした。

 

ロテシュ子爵はルベティを呼ぶと

彼女は新しく付き合うようになった

高貴な家柄の令嬢と遊びに出かけたと

執事が伝えました。

 

ロテシュ子爵は高笑いをしながら

 

やっぱりあの子は性格がいい。

誰とでもお似合いだ。

 

と満足そうに言いました。

 

けれども、向いの長椅子に座り

息子に哺乳瓶をくわえさせている

アレンを見て

 

勝手に飲ませろ!

何でお前が哺乳瓶を持っているんだ!

 

と顔をクシャクシャにして

怒鳴りました。

 

赤ちゃんが1人で

どうやって飲むのですか?

 

とアレンが反論すると

ロテシュ子爵は

 

9か月なら自分のことは

1人でできないと。

 

と文句を言いました。

 

アレンは10か月だと

訂正しました。

 

ロテシュ子爵はアレンに

 

今年ルベティは

社交界にデビューする。

奴隷の子供の世話ばかりしないで

若い青年と交流して性格も調べて

ルベティのデビュタントの時に

彼女をエスコートする貴族を

探しておくべきだ。

 

と大声で怒鳴りつけました。

 

アレンは、

 

私が選んでも気に入らないと思う。

ルベティは私の好みが変だと言うので

自分で探すように言ってください。

 

と言いました。

 

ロテシュ子爵は腹を立てて

熱いお茶を一気に飲み干すと

ちょうど赤ん坊が泣きました。

 

アレンは哺乳瓶を置いて

上手に赤ちゃんをあやしました。

その姿を見たロテシュ子爵は

さらに腹を立てました。

 

血がつながっているので

世話をしなければいけないけれど

人前に出せない子供を

あれだけ大事にしているアレンを

理解できませんでした。

 

 

その時、ルベティが

キャーッと黄色い声をあげながら

帰って来ました。

ピョンピョン飛び跳ねながら

父親の前に走って来たルベティは

リムウェルにいた頃から

憧れていた皇后に

会うことができると言って

大喜びしていました。

 

ロテシュ子爵の顔が

一気に強張りました。

 

事情を知らないアレンは

ルベティに良かったと言うと

ロテシュ子爵は

息子の額に哺乳瓶を投げつけました。

 

ルベティは父親の態度に

怪しげな顔をしました。

 

ロテシュ子爵は

慌てて椅子から立ち上がると

宮殿へ行くと言いました。

そして、ルベティに

 

その話は後でする。

今日は行かないよね?

 

と尋ねました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ハインリの戴冠式に出席する使節団を

ナビエが見送るシーン。

マンガではさらりと描かれていますが

原作では、

ナビエの気持ちが切々と語られていて

読んでいて、涙が出てきました。

 

ハインリと離れていくことを

悲しんでいるナビエ。

すでにナビエはハインリに

恋心を抱いていると思いますが

自分の気持ちに鈍感なナビエは

そこまで気付いていないのでしょうね。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain