自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 60話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 55話でカットされていたこと ハインリがリルテアン大公の誤解を解かなかった理由

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

60話 マッケナがハインリの耳を塞ぎたくなるくらい、リルテアン大公にひどいことを言われたハインリの意外な行動とは?

◇誤解を解かない理由◇

ハインリは

 

そうですか。

 

と言って、

あえてリルテアン大公の誤解を

解きませんでした。

 

マッケナは

ハインリの言葉の意味が理解できず

目を丸くしました。

 

リルテアン大公は

ハインリが本当に好きな人が

誰かも知らず、

きちんとハインリに

へつらえていると思い

嬉しそうに

ゲラゲラ笑っていました。

 

大公と別れる時も

ハインリは彼の誤解を

解きませんでした。

 

好奇心でいっぱいのマッケナは

ハインリと2人だけになった時、

彼の好きな人が誰かは

話さなくても

なぜリルテアン大公の

誤解を解かなかったのかと

遠慮なく尋ねました。

 

誰を好きと言えばいいのか?

 

とハインリが尋ねると

マッケナは、

 

私と言えば

リルテアン大公の好奇心が解けた。

遠い未来のことを考えれば

リルテアン大公でも良かった。

そうすれば殿下の前で

戯言を言わなかった。

 

と答えました。

 

ハインリは上着を脱いで

ポンと投げるように横に置くと

マッケナは丁寧に

ハインリの服をたたみ

彼の返事を待ちました。

 

ハインリは王子で

マッケナは庶子だけれど

王の血を受け継いでいました。

 

けれども、2人は

宮廷の外を出歩くことが多く

マッケナは

このような仕事をするのに

慣れていました。

 

ハインリは、マッケナの

 

戦争で連れて来た王妃を

歓迎する国民はいない。

 

という助言に従い

リルテアン大公の誤解を

解かなかったと言いました。

 

マッケナは、その言葉と

リルテアン大公の誤解を

解かなかったことと

何の関連があるか

わかりませんでした。

 

ハインリは

 

私たちは戦争をするけれど

クイーンのために

戦争を決心したわけではないし

少なくとも、

きっかけではない。

 

と言いました。

 

マッケナは頷きました。

 

ナビエが

戦争のきっかけになるどころか

ナビエを好きになったハインリが

戦争を諦めるかもしれないと

マッケナは考えていました。

 

毎日のように地図と戦法書を開いて

悩んでいたハインリが

数か月間、手紙をくわえて

飛んでいるのを見ていたので

そう考えるしかありませんでした。

それはマッケナの勘違いでしたが・・・

 

私がクイーンを

愛しているという噂が広がれば

人々は、無条件に

戦争とクイーンを関連付けて考える。

クイーンを戦争の元凶と考え

彼女を恨む。

私は、クイーンを

そんな風にさせたくない。

戦争のきっかけと言われ

人々に噛まれるのは

他の人に任せよう。

あの女を盾にして、

クイーンをゴシップの種にしない。

 

とハインリは言いました。

 

マッケナは、

ハインリの言葉の意味を理解しましたが

少し心配になりました。

 

ハインリは、かなり前から

東大帝国との戦争を

準備していましたが

その過程で、ナビエと出会い

彼女を、心から、強烈に

愛するようになりました。

 

しかし、

まだ戦争の準備をしているハインリが

次に何を計画しているのか

マッケナにはわかりませんでした。

だからと言って

ナビエを無理に連れて来るつもりも

なさそうでした。

 

そして、友人だと思っていた人が

戦争相手になったら

プライドの高いナビエが

ハインリを受け入れるだろうかと

マッケナは考えました。

 

ハインリは、

 

東大帝国を倒したら

クイーンを侮辱した奴らの口に

石を詰め込んで縫った後

クイーンの前に跪かせる。

 

と言いました。

 

楽しい想像をしているかのように

笑っているハインリを見て

マッケナは舌打ちをしました。

そして、

 

それよりも、

母国を攻撃した国の王を

ナビエ皇后が受け入れるかどうか

心配するのが先ではないか。

愛も友情も壊れそうだ。

隣国の王子としても、

彼女の心を

射止められなかったのに、

敵国の王として、

どうやって射止めるのか?

 

と尋ねました。

 

鳥は求愛する時に踊るけれど、

それで通じないかな?

 

と、冗談か本気かわからない表情で

真剣に尋ねるハインリに、

マッケナは

 

通じるでしょう。

上手く踊ってください。

 

と嘘をつきました。

 

f:id:myuieri:20210922092907j:plain

◇指輪の贈り物◇

徐々に春の気配を

感じられるようになりました。

 

ナビエは窓を開けて

カフメン大公からもらった

3冊の本のうち

最後の1冊を読んでいました。

ナビエは、まだ

ルイフトとの取引が

ダメになったことを

残念に思っていました。

 

そろそろ、

ハインリの戴冠式に出席した

使節団が戻ってくるだろう。

リルテアン大公からだけれど

ハインリが

無事に王位に就いたことを

聞きたい。

 

とナビエは思いました。

 

少し春めいてきたものの

長い間、窓を開けておくには

寒いので

ナビエは窓を閉めようとすると

青い鳥が一目散に

ナビエの所へ飛んできました。

 

クイーンのお友達!

 

ナビエは嬉しくて叫ぶと

鳥はよろめきながら

部屋の中へ入って来ました。

 

鳥は小さな指輪を

ネックレスのように

首にかけていました。

 

そして、鳥が運んできた手紙には

 

指輪はクイーンへの贈り物です。

クイーンが私の王妃だったら

いいですね。

クイーンに会って

私の目はとても肥えました。

クイーンがお越しになれなくて残念。

ハインリは寂しい。

 

と書かれていました。

 

紙が小さく、

文章が短く切れているので

少し幼稚っぽくて可愛いと

ナビエは感じました。

 

ハインリは一国の王で

それだけでも

尊重しなくてはいけないのに

笑いが出てきました。

 

しかも、

ラスタの真似をしたのか

最後に三人称で書いていたので

ナビエはお腹を抱えて笑いました。

 

青い鳥は珍しいといった顔で

ナビエを見上げました。

 

あなたの主人は本当に面白い人ね。

 

とナビエは青い鳥に言うと

鳥は変な顔をしました。

 

青い鳥が頭を下げたので

ナビエはネックレスを外し

指輪だけ取ると

再びネックレスを

鳥の首にかけました。

 

指輪には西王国の紋章が刻まれていて

ナビエの薬指にぴったりはまりました。

 

ナビエは指輪を宝石箱へ入れると

机の前に座り

便箋を取り出しました。

 

久しぶりに我慢できずに

笑いこけたせいか

ナビエは気分が良くなりました。

 

兄の死と戴冠式

新しく整備することで忙しい

ハインリに

全てのことを忘れさせて

夢中で笑わせたいと

ナビエは思いました。

 

けれども、ナビエは

人を笑わせる才能がないので

いくら頭を絞っても

ハインリを笑わせる言葉が

浮かびませんでした。

 

結局、ナビエは

 

賢く、知恵のある女性は

多いです。

良い王妃を

見つけることができるでしょう。

 

と心から助言しました。

 

ただ、このように書くと

形式ばっていて

友達ではなく、隣国の皇后からの

手紙のようでした。

 

ナビエは、しばらくためらった後

 

私はデビュタント舞踏会を準備中。

 

と個人的なことを書きました。

 

ナビエは青い鳥に手紙を見せながら

 

友達同士で交わす言葉みたいでしょ?

 

と尋ねると、青い鳥は

しばらく、口をつぐんで

じっとしていた後

ゆっくり、頷きました。

f:id:myuieri:20210218141942j:plain

◇ルベティのドレス◇

デビュタント舞踏会の日が

近付いているのに

まだ、ラスタはルベティのドレスを

選んでいませんでした。

 

2日前から、ロテシュ子爵に

催促されているものの、

ラスタの所へ届くデザインは

社交界で有名な

デザイナーの物である上に、

元々、デビュタントドレスは

華やかであることで有名なので

きれいでなく、

粗末でないドレスを見つけるのは

困難でした。

 

ラスタは、他の人が着そうな

無難なものにしようか、

似たようなドレスを着た人が集まれば

大変な見物だと、考えていた時、

ナビエと自分のドレスが重なり

大々的に侮辱されたことを

思い出しました。

 

ラスタは、ルベティに

自分と同じドレスを着せればいいと

思いました。

 

以前は、

自分より皇后の地位が高いので

自分が真似したことになったけれど

今のラスタは社交界の有名人で

ルベティは、田舎の領地の娘なので

彼女がラスタの真似をしたことに

なるはずでした。

 

そして、ロテシュ子爵とルベティは

ラスタを脅迫してドレスを作らせたと

言えるはずがありませんでした。

 

ラスタは下女を呼んで

ルベティのドレスのサイズが

書いてある紙を渡し

ラスタと同じデザインで

サイズが小さいドレスを

用意するように指示しました。

 

ドレスが同じだと目立つのでは?

 

の下女の言葉に、ラスタは

 

いくら考えても

ラスタが選んだドレスが

一番きれい。

きれいでないものをあげるなんて

申し訳ないから。

 

と答えました。

 

ラスタ様はお優しい。

 

の下女の言葉に、ラスタは

ナビエが作るような笑みを

浮かべました。

 

f:id:myuieri:20210722060255j:plain

◇デビュタント舞踏会◇

デビュタント舞踏会は

新年祭ほど

華やかではないものの

社交界に新しい顔ぶれが

大勢登場する日なので

活気に満ちていました。

 

生まれて以来、

一番着飾っている

令息と令嬢の服装を見るのも

ナビエは面白いと思っていました。

 

ソビエシュは仕事が忙しくて

出席していないので

重々しい雰囲気もありませんでした。

 

新たにデビューする

少女と少年の間に

ルベティがいました。

 

髪が縮れて

黄色いドレスを着たルベティは

ひよこみたいで可愛いと

ナビエは思いました。

 

ルベティがナビエを見たので

彼女は手を振ると

ルベティは真っ赤になって

足をバタバタさせました。

 

あの子は、本当に

皇后陛下がお好きなようですね。

 

のイライザ伯爵夫人の言葉に

ナビエは、

自分を心から好いてくれている子の

内部調査をしているのが

自分であることを思い浮かべ、

苦々しい思いを隠しながら

頷きました。

 

音楽が始まると

令嬢と令息たちが踊り始めました。

 

ナビエは音楽を聴きながら

ホールを見渡しました。

 

若い子たちに関心がないのか

エルギ公爵は来ていませんでした。

意外なことにラスタも

来ていませんでした。

 

ルベティのせいで

来なかったのか。

 

訝しく思いながらも

ナビエは何度かケーキを

口に運んでいる時、

どこからか

ひそひそ話す声が聞こえてきました。

 

一歩遅れて登場した

ラスタの着ていたドレスが

ルベティのドレスと

ほとんど同じでした。

 

ルベティは訳がわからぬまま

令息と踊っていましたが

音楽が終わった後、

ラスタを見つけたルベティは

顔が赤くなりました。

 

ナビエは、

偏見かもしれないけれど、

同じように驚いているラスタの顔が

わざとらしく感じました。

 

ルベティは泣きべそをかき

同年代の貴族たちは

ルベティを変な目で見ました。

 

見るに見かねて、

ナビエは立ち上がり

ルベティのそばへ行くと

自分の着ていたマントを

ルベティの肩にかけました。

 

周りから安堵の声と

ナビエの機智を褒める声が

聞こえてきました。

 

ナビエはルベティを慰めた後

自分の席へ連れて行き、

ラスタをちらっと見ました。

 

一体、何を考えて

また同じドレスを着て

出てきたのだろうか。

 

ナビエは、ラスタの頭の中が

気になりました。

 

ラスタはルベティを

見ていませんでした。

ナビエをちらっと見たかと思うと

手帳に何かを

忙しく書いていました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ハインリが

ラスタを盾にするという言葉、

マンガでは

意味がよくわからなかったのですが

原作を読み

ハインリがラスタを

好きだということにしておいて

ラスタを

戦争のきっかけにするという

意味であることがわかりました。

 

そして、

マンガには描かれていなかった

ナビエを侮辱した人の口に

石を入れて縫い

ナビエの前に跪かせるという言葉。

 

後にハインリは、

ナビエの前に跪かせてはいないものの

リルテアン大公に実践します。

 

ハインリがナビエと結婚しなければ

ハインリは残酷な王となり

戦争を起こしていたかと思うと

ソビエシュがナビエを捨てて

ラスタを皇后にするという

愚かな行為は

東大帝国と西大帝国の国民にとっては

良いことだったのではと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain