自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第101話 ナビエは懐かしい人たちと再会 ハインリはふくれっ面

ラスタの部屋で、
空のお皿とボウルを片づけていたデリスは
もう1人のラスタの下女である
アリアンに会いました。
アリアンは新米下女のデリスを、
いつも助けてくれていました。
 
デリスは、
自分の言い方が悪くて、
ラスタを怒らせてしまった。
午後、休暇を取るつもりだけれど
止めた方がいいかと
アリアンに相談しました。
 
アリアンは、
これから結婚式の準備で忙しくなるから
今のうちに
休暇を取るように助言してくれました。
 
デリスは不安でしたが、予定通りに家へ帰りました
彼女の兄のジョアンソンは
久しぶりに帰って来た妹に
宮殿で働ているのに、
どうして暗い顔をしているのか
尋ねました。
デリスは、自分の言ったことで
ラスタを怒らせてしまったことを
兄に話しました。
ジョアンソンは、時期が時期だから
ラスタが神経質になっているのではと言いました。
 
実は、ジョアンソンは、
エルギ公爵がラスタの所へ連れて行った記者でした。
ラスタはジョアンソンとのインタビューで、
彼女は平民の味方である、平民の希望になると
宣言していました。
ジョアンソンは、ラスタをとても気に入っているのか
自分たち兄妹は
外と内から、ラスタの力にならなければならないと
目を輝かせて言いました。
ラスタの皮肉を聞いたデリスでしたが
兄の言葉に納得しました。

f:id:myuieri:20210202054556j:plain

東大帝国と西王国が一つの利得をめぐって
競争するようになったら、どうするつもりか。

モンドレ記者の質問に対し、ナビエは
皇后や王妃が関わるのは、主に内政なので

そんなことは滅多に起こらないでしょうし
たとえそんなことになったとしても
私が選ぶことではありません。
 
と答えました。
 
カフメン大公との貿易を進める計画はあるものの
これは、どちらの味方をするという
問題ではありませんでした。
けれども、記者からの質問に
ナビエの心は揺らいでしました。
 

そんな中、侍女のローラとシュベール伯爵夫人が
西王国へやって来ました。
3人は抱き合って、再会を喜び合いました。
 
ナビエが東大帝国にいた時、
悪いことは相次いで起きるものだと
嘆いたことがありましたが
その日は、良いことが立て続けに起こりました。
記者とインタービューをしてまで会いたかった
トゥアニア侯爵夫人がナビエを訪ねてくれたのです。
 
ナビエはトゥアニア侯爵夫人と抱き合いました。
彼女は、もうトゥアニア侯爵夫人ではないので
名前のニアンで呼ぶように、ナビエに言いました。
そして、ランドレ子爵とは今も恋人同士で
子供ができたら結婚すると言いました。
 
その後、2人はコーヒーやお菓子を食べながら
話をしました。
 

f:id:myuieri:20210202055841j:plain

ニアンは、東大帝国を去ってから
あちこし旅をしていて楽しかったこと、
ナビエの離婚の話を聞いて
非常に驚いたことを、話しました。
 
そして、ニアンは
新聞を使ってまで自分を呼んだ理由を
目を輝かせながら、ナビエに尋ねました。
 
ナビエは、彼女に率直に答えました。
 
先代の王は若くして崩御したこと。
王妃のクリスタも、とても若い。
王妃としての業務もうまくいっていた。
ハインリが未婚の時は
彼女が王妃の役割を果たしていた。
いまだに社交界では、彼女に従う人が多いので
アンに社交界を牛耳って欲しい。
 
ニアンは、そんなこと簡単だと言って
にっこり笑いながら、引き受けてくれました。
そして、
 
きっと恩返しをすると言ったじゃないですか。
ランドレ子爵も王妃様の力になります。
 
と言いました。
 

 
 懐かしい人達と再会して喜んでいるナビエとは裏腹に
ハインリは、昼も夜も、
ナビエが相手にしてくれないので
ふくれっ面をしていました。
 
その様子を見ていたマッケナが
 
これから、ずっと一緒なのだから
1日くらいいいじゃない。
 
と慰めても、ハインリは
 
新婚なのに・・・
 
と言い返しました。
ああ言えばこう言うで、2人が
口喧嘩をしていると
ハインリの副官が、慌ててやって来ました。
 
副官は、得たいの知れない騎士団が
首都の境界付近で陣取って待機している、
その騎士団は、多国籍騎士団ように見えると
報告しました。
その名前を聞いて、ハインリとマッケナは
険悪な雰囲気となりました。
ハインリは副官に下がるように命じました。
 
月大陸には、大陸内のほとんどの国が加盟している
月大陸連合がありました。
東大帝国も西王国も加盟していましたが
多国籍騎士団は、月大陸連合が運営する騎士団で
別名、影の騎士団と呼ばれていました。
正式には平和を守るために活動していましたが
平和への脅威になる芽をたくさん摘んでいる
悪名高い騎士団でした。
 
ウィザードの減少自体は自然発生しているけれども
それに手を貸しているのは、ハインリなので
そのことが多国籍騎士団に気づかれると
困ったことになります。
 
ハインリは緊張しました。
彼は、マッケナに様子を見てくるように命じました。
ハインリは、そわそわしながら
マッケナの帰りを待ちました。
西王国は西大帝国に国名を変えられるほど、
強大な国になったとはいえ、
全世界を相手に戦争をするほど
力はありませんでした。
 
2時間半ほど経ってから
マッケナは戻ってきました。
彼の報告によれば、首都の境界付近にいたのは
間違いなく多国籍騎士団だけれども
ハインリたちに
用があって来たのではないとのことでした。
 
そして、多国籍騎士団を率いてきたのが
ランドレ子爵と聞いて、ハインリは驚きました。
ランドレ子爵と言えば、新年祭の時に
トゥアニア侯爵夫人の周りをウロチョロしていた
若い青年で、非常に純真な顔をしていて
恋煩いで死にそうな顔をしていました。
そして、ラスタを刺して追放された
その青年が超国籍騎士団のメンバーになっているとは。
 
翌日、ランドレ子爵は、多国籍騎士団の名前で
正式に謁見を申し出ました。
謁見が許可されると
ランドレ子爵は、以前、王妃が自分の命を救ってくれたので
その恩返しをしたい。
王妃の正式な護衛が決まるまで
ランドレ子爵と彼の騎士たちが、王妃の個人騎士団を務めることを
許可して欲しいとハインリに願い出ました。
 
多国籍騎士団が、個人の騎士団になるのは初めてだったので
周囲の人たちは、ざわつきました。
ハインリは、直接ナビエに頼みように答えました。
 

f:id:myuieri:20210202174309j:plain

感想
 
ローラにシュベール伯爵夫人
トゥアニア侯爵夫人にランドレ子爵
ナビエが懐かしい人たちと再会できて
本当に良かったです。
そのせいで、ナビエに構ってもらえなくて
ふくれっ面をしているハインリを
想像していたら、おかしくなりました。
マンガで、このシーンがどんな風に
描かれるのか楽しみです。