自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 14話 あらすじ マンガ13話 幸せな夢を見た後は奈落の底へ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

14話 ラスタの侍女が、自分がハインリの文通相手だと嘘をつきました。

◇下女の嘘◇

ナビエは困惑しました。

彼女は手紙の内容を

知らないはず。

それに、まだ手紙の

やり取りをしているから

すぐにばれるのに

どうして、

そんなお粗末な嘘をついたのか。

ラスタも関係しているのか。

もし、そうだとしたら

ベルティ子爵夫人が

手紙の内容を教えたのか。

 

しかし、嘘をついてばれたら

自分で勝手に責任を取るだけ。

ラスタの下女のことまで

気にする必要はない

ナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210118171706j:plain

◇性格の悪いハインリ◇

ポール・マッケナは

ハインリが個人的に率いる騎士団の

副騎士団長兼個人秘書でした。

 

庶子なので王室の系図には

載っていませんが

ハインリのいとこでした。

 

人々は、文武両道で

頭角を現しているマッケナを

ハインリの最側近だと思い

彼が王位を継ぐ可能性が

高まるにつれて

マッケナへの注目度も

高まっていました。

 

自由で風のようなハインリを

頼もしい秘書が、支えていると

人々は口を揃えて褒めていましたが

マッケナは、

自分がハインリの大黒柱ではなく

一番使いやすい

チェスの馬ではないかと

度々思いました。

 

マッケナはハインリに、

みんなが何を騒いでいるか

知っているかと尋ねると、

彼は、にっこり笑いながら

何を騒いでいるのかと、

マッケナに聞き返しました。

 

彼は

しらばっくれているハインリの

ふてぶてしい微笑が

とても憎たらしいと思いました。

 

マッケナは

ロマンティックにも、

大国の王子が探していた人物が

実は下女だったので、

人々の好奇心がとても刺激された。

皆、その話でもちきりだと

言いました。

 

まだ笑っているハインリにマッケナは

2日で首都中に噂が広まるので

笑っている場合ではないと

指摘しました。

ハインリは、

そうなる前にやめるから

放っておくようにと言いました。

 

マッケナは、

その下女が文通相手ではないと

知っているのに、

どうして騙された振りをしたのかと

尋ねました。

 

ハインリは、

なぜ、マッケナが

それを知っているのかと聞き返すと、

彼は、ハインリの顔を見ただけで

わかったと答えました。

もしかして、

あの下女に恋をしたのかと、

マッケナが尋ねると、

ハインリの顔が一気に冷めたので

それは違うと思いました。

 

マッケナは、再び

どうして騙されたのか

本音を教えて欲しいと頼みました。

 

ハインリが考えなしに

やったことでも

いつでも、その結果は

何らかの形で現れました。

良い結果であれ、悪い結果であれ

その後始末をするのは秘書でした。

今回の件についても、

どのような結果になるか

予想をしておきたいと思いました。

 

ハインリは

幸福な夢を

見させてあげようと思った

言いました。

 

やはり下女に惚れたのではないかと

マッケナは、

ハインリに尋ねましたが

彼は否定しました。

 

マッケナは幸せな夢ではなく

悪夢もあると告げると、

ハインリは、

悪夢から覚めると

ほっとするけれど

幸せな夢から覚めると虚しい。

嘘をついたら自分は腹を立てて

何をするかわからないと

確かに彼女に警告したと言いました。

 

マッケナは、

幸せな思いをさせた後に、

奈落に落とすのかと尋ねると

ハインリは「うん」と答えました。

 

マッケナは

ハインリの性格の悪さを指摘して、

そんな煩わしいことをしないで

王族を騙した罪で

罰する方が良いのではと

言いました。

 

ハインリは、

下女を監獄へ送ったり

刑罰を与えれば

自分が作った

人が良くて遊ぶのが好きな

浮気王子のイメージが

悪くなってしまう。

それを嘘つき女のせいで壊さないと

言いました。

マッケナは殿下の御意に従うと

言った後で、

本物が誰か知っているのに、

なぜ会いに行かないのかと

尋ねました。

 

ハインリは、

知っているけれど

彼女を訪ねても、

自分ではないと否定すると思う。

けれども自分が鳥だと

言うわけにはいかないので、

あの人を

こうやって見つけたという過程を

話そうと思う。

 

とハインリは言いました。

f:id:myuieri:20210720172724j:plain

◇ハインリの追求◇

例年、新年祭の3日目は

首都見物へ出かけたり

親しくなった貴族同士で

遊びに行きたがるので

出席者は少なめですが

その年は、

ハインリ王子と下女の噂のせいで

出席者が多くなりました。

 

その事態について

ある意味、不届き千万だけれど

ある意味、おかしかったので

ナビエはどのように対処するか

まだ決めていませんでした。

 

それよりも、今は

しきりにトゥアニア公爵夫人を

チラチラ見ているラスタに

神経をとがらせていました。

彼女は、周りの人と

話をしながらも

トゥアニア公爵夫人を

じろじろ見ていました。

 

その時、入り口の方から

ざわめきが聞こえてきました。

ハインリ王子が

シュレーヌと一緒に

入って来ました。

 

彼女は桜色のドレスで

着飾っていました。

人々は、その高価そうなドレスを

ハインリ王子に

買ってもらったのではないかと

噂していました。

 

ハインリ王子がナビエを見たので

ナビエは頷いて挨拶をすると

ハインリ王子は変な表情で

ナビエを見つめ

眉をひそめて、首を振りました。

 

ナビエは、どういう意味かと

訝しみましたが、

ハインリ王子はシュレーヌを連れて

どこかへ歩いて行きました。

 

続いてソビエシュが

入って来ましたが

彼はキョロキョロ見回すと

すぐにラスタの所へ

歩いて行きました。

 

その日はダンスをしなかったので

挨拶に来たお客さんと

壁際のソファに座って話をしていると

遠くで騒ぎが起こりました。

それは話を遮るほど

大きなものになりました。

 

舞台のほぼ真ん中

人々の視線が一度に集まる場所で

ハインリ王子が悲痛な顔で

立っていました。

シュレーヌは顔を赤くして

泣いていました。

ナビエはそちらに近づきました。

 

その場にいる貴族に

ナビエは事情を聞くと

初めは楽しく話していたのに

後からハインリ王子が

手紙の内容を知らない下女を

なぜ、嘘をついたのかと

追及するようになったとの

ことでした。

 

ハインリ王子は、

東大帝国では、

下女が王族を欺くのか。

それは、人として

やってはいけないことだと

言っていました。

貴族の一部は

シュレーヌを睨みつけました。

 

ナビエは悩みました。

ハインリ王子が

あの下女に無礼な態度を取るなら

自分が引き留めるのが正しい。

けれども、下女がハインリ王子に

過ちを犯したのであれば

彼女の主人であるラスタが

下女の代わりに謝るか

彼女に謝らせる必要がありました。

 

下女も震えながら

ラスタの方を見ていましたが

彼女は

驚いた顔をしているだけで

事を収める気はなさそうでした。

 

見かねて、ナビエが

乗り出そうとした時

ハインリ王子は

下女が何か言おうとしたのを遮り、

彼女は

実際に手紙の内容を知っていたので、

彼女の言葉は全て嘘ではなかった。

だから、彼女は

自分の文通相手はないけれど、

彼女の主人が

自分の探していた相手ではないかと

尋ねました。

 

ナビエは

ハインリ王子が完璧に判断を

誤っていると思い

心の中で舌打ちをしたところ

変な気分になりました。

 

ハインリ王子は、自分の推理を

堂々と繰り広げながらも

彼の目はとても冷たく

楽しそうに見えました。

 

単純に怒っただけで

あんな顔をするだろうかと

しばらく考えていると

じっとしていたラスタが

ため息をつきながら

前へ出て来て

ハインリ殿下は意外と鋭い。

彼が探していたのは

自分だと言いました。

 

ナビエは、

ラスタと下女が仕組んだのか、

初めから、

このような計画だったのかと

思いましたが

ラスタの下女が

驚いた顔で彼女を見ていたので

違うようでした。

 

ハインリ王子はラスタに

なぜ、下女を来させたのか

尋ねました。

 

ラスタは

自分は陛下の恋人だから。

もちろん、自分たちは

ただの友達だけれど、

陛下の機嫌が悪くなることを

心配した。

これまでの友情を考えて、

気分を害さないで欲しいと

言いました。

 

ハインリは首を傾げると

時間が止まったかのように

ラスタをじっと見つめた後

突然笑い出しました。

ラスタがぎくりとしました。

 

ハインリ王子の顔は

ラスタの嘘を知っているかのように

面白くてたまらないといった

顔をしていました。

 

ハインリ王子は

全然、気にしていない。

ただ、今回も偽物だったら

どうしようと思っていただけだと

言いました。

 

ラスタは自信があるので、

いくらでも確認してよいの言葉に

ハインリ王子は

ラスタさんは、そんなことで

嘘をついたりしないだろう。

今回は本当であって欲しい。

2度も嘘をつかれたら、

もっと腹が立ちそうだと

話した後で

冷たい視線を下女に送りながら

ラスタさんを騙った人だから

ご自身で罰を下しますか?

とラスタに尋ねました。

 

彼女はこくりこくりと頷いた後

ハインリ王子は腰を伸ばして

その場を離れました。

◇わざと騙された理由◇

西宮へ戻るや否や

侍女たちは

ラスタへの怒りを爆発させ

文句を言い始めました。

普段は気高いイライザ伯爵夫人も

ひどく怒っていて

扇で顔の熱を冷ましていました。

 

ナビエは、

侍女たちを落ち着かせながら

ハインリ王子は

わざと騙されていると思う。

と言いました。

 

しかし、なぜ、

あえて、そのような行動を取ったのか

ナビエは不思議に思いました。

 

侍女の一人が言っているように

ラスタが気に入ったので

偽物でも構わないのだろうかと

思いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガではカットされていた

ハインリとマッケナとのやり取り。

幸せな夢を見た後は虚しいの言葉に

妙に納得しました。

 

後にラスタの名前を口にするのも

嫌なほど

彼女のことを嫌いになるハインリが

この時点で、ナビエが

彼がラスタのことを気に入ったのかもと

誤解していたのを知ったら

とてもがっかりするのではないかと

思いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain