自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第24話 マンガ 19話、20話でカットされていたこと マッケナもラスタに同情した

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

24話 散歩の途中でラスタと会ってしまったハインリですが・・・

◇動じないハインリ◇

ハインリは

どうして自分に声をかけたのか

険しい声で尋ねると

ラスタは物悲しそうな顔をして

か細い声で

 

何かおっしゃることは

ありませんか?

 

とハインリに尋ねました。

 

マッケナは

ラスタには

見る人の心の琴線に触れる

痛ましい何かがある、

ソビエシュがラスタに

夢中になったのが

わかる気がしました。

 

ハインリは興味のない声で

 

ありません。

 

と答えたので

マッケナは心の中で舌打ちしました。

社交界で評判が悪くなったとはいえ

ソビエシュが寵愛している人なので

陰で何を言ってもいいけれど

本人の目の前では

表情管理をしてくれないかと

マッケナは思いました。

 

しかしマッケナの考えに反して

冷たく怖い印象のハインリは、

もっと不愛想に、冷たい声で

ラスタこそ、

話すことがあるのではないかと

言いました。

 

彼女の目に涙が溜まりました。

気弱そうなラスタが

今にも泣き出しそうなのに

 

王子様は素晴らしい方です。

 

とマッケナの予想外の返事をしました。

 

ハインリを見上げるラスタの顔は

怖気づくどころか

感動をしているようでした。

 

ハインリが冷淡な態度をとったのに

どうしてあのような反応をするのか

マッケナは困惑しました。

ハインリも同様のようでした。

 

ラスタは、

自分が逃亡奴隷だというデマが流れて

人々の態度が変わっても

ハインリ王子は以前と

同じように接してくれるので

感動していると言いました。

 

ただでさえ保護本能を

刺激する外見なのに

涙を流すと

さらに輝きました。

 

マッケナは舌打ちをしました。

どういうわけで、

この冷たい王子の前で

感動したと言って泣いているのか。

 

貴族同士でいる時は

親切だけれど

他の身分の人の前では

全く別人のように変わる人がいる。

そんな人たちが、

ラスタを残酷に

侮辱したのだろうかと

マッケナは思いました。

 

しかし、このような

可哀そうな姿を前にしても

ハインリの声は淡々としていました。

 

腕時計を確認すると

 

では、また。

 

と言って、先へ進みました。

 

マッケナはラスタに申し訳なく思い

彼女に気まずそうに笑った後

ハインリの後を追いました。

 

ラスタが完全に見えなくなってから

マッケナは

 

可哀そうな境遇に置かれた人なのに

冷たすぎないですか?

 

とハインリを非難しました。

 

ハインリは、

 

私を騙そうとした人に

温かく接しろと?

私に嘘をついた人だよ。

 

と言いました。

 

ハインリにその話を聞いた時

マッケナも怒りましたが

これも才能のうちなのか。

目の前でラスタが

悲しそうに泣くのを見ていたら

彼女がやったことを

忘れていました。

 

ハインリは

いつエルギは来るのだろうか。

とぶつぶつ文句を言いました。

 

マッケナは

なぜエルギ公爵を呼んだのか

ハインリに尋ねました。

 

f:id:myuieri:20210420060334j:plain

 

◇エルギ公爵◇ 

新年祭が終わって数日後

日常を取り戻した時

ブルーボヘアンの王族の

エルギ・クローディア公爵が

観光のために

東大帝国を訪れました。

 

新年祭が終わってから1-2か月は

外国の貴賓はほとんと訪れないし

忙しいという理由で

新年祭に出席しなかった

エルギ公爵が

この時期に東大帝国を訪れたことに

ナビエは驚きました。

 

けれども、エルギ公爵は

ハインリ王子と仲が良いことで

有名だったので

彼に会いに来たのかと思いました。

ナビエは、

彼の訪問と滞在を許可する書類に

サインをした後、

自分の仕事を続けました。

 

そして、

侍女たちと夕食を取っていた時に

エルギ公爵が1日中

ラスタと一緒だったことを

侍女たちから聞きました。

 

ラスタは、皇帝専属のコックが作った

彼女好みの

見た目も味も美しいお菓子を用意して

エルギ公爵を迎え

彼がラスタをかばってくれたことに

感謝しました。

 

ラスタが逃亡奴隷だと

暴露したロテシュ子爵は

翌日、

自分自身の発言を訂正したものの

人々は、容易に信じようとは

しませんでした。

 

ラスタは貴族の間で

急速に孤立し始め

彼女を訪問する人たちの足は途絶え

毎日のように届いていた贈り物も

来なくなりました。

 

そして、時々貴族と出会うと

軽蔑や好奇心、同情、

あるいは、それよりも

質の低い関心を

彼女に示しました。

 

けれども、エルギ公爵だけは

彼女の噂を聞いても

新年祭の時の貴族のように

彼女に親切でした。

 

そして、彼が

彼女を嘲笑った貴族を

殴った時、

王族であり公爵であり

女性たちの愛を一身に独占している

美男子が

自分を守ってくれたことに

ラスタはとても感動しました。

 

そのため、ラスタは

自分の好きな食べ物で

彼をもてなすことにしました。

 

ラスタは、エルギ公爵が

自分をかばってくれたことに

お礼を言いました。

 

彼は、居酒屋でたまに見かける

傭兵のように荒っぽいけれども

その一方で

高尚で貴族的な雰囲気も

同時に漂わせているのが妙だと

ラスタは思いました。

 

そして筋肉質で口の悪い貴族が

甘いケーキを

しっかり食べるところは

子供っぽくて可愛くもありました。

 

ラスタが根も葉もない噂を流され

困っていると話すと

エルギ公爵は

誰かを身代わりにすれば良いと

言いました。

f:id:myuieri:20210804055810j:plain

◇手紙◇ 

朝、ナビエは目覚めると

窓を開けて頭を突き出しました。

 

その日は、ルイフトとの

国交問題について話し合う会議に

出席することになっていたので

 

うまくやらなければ。

 

と思いました。

 

カーテンを一か所に集めて束ねると

窓枠に

 

私を信じてください。

 

と書かれたメモが置かれていました。

 

ハインリの筆跡でした。

 

何を信じろというのか

わからなかったものの

久しぶりにハインリから

手紙をもらって

ナビエは気分が良くなりました。

 

クイーンがいないので

すぐに返事を書けませんでした。

 

f:id:myuieri:20210606163254j:plain

 ◇会議◇

ルイフトとの国交について

協議する中、様々な理由で

簡単に結論が出ませんでした。

 

おまけにソビエシュの顔が

いつにも増して鋭く

会議を主導していくべき彼が

刃物のように振る舞っているので

官吏たちは彼の顔色を窺い

自由な意見が出てきませんでした。

 

エルギ公爵とラスタの間で

何かあったのだろうか。

それでも、

仕事はきちんとして欲しい。

 

とナビエはため息を飲み込み

顔を上げると

カフメン大公と目が合いました。

彼は敵意でもない好意でもない

曖昧な表情でした。

 

目が合うと、彼は頷いたので

ナビエもつられて

頷きました。

 

会議が終わった後

なぜカフメン大公が

国交を推進する責任者に

ナビエを強力に推薦したのか

その理由を尋ねました。

 

そして、カフメン大公から

返事を聞いた後

自信のない部分は

努力で埋めるしかないと

ナビエは思いました。

 

カフメン大公は会議室を出て

回廊を歩いて行きました。

彼の遠ざかる後ろ姿を

見送った後に

ナビエは後ろを振り返ると

先ほどよりも暗い顔をした

ソビエシュが

テーブルにもたれかかり

立っていました。

 

ナビエは心配になり

彼に近づきましたが

 

私が近づいて、どうするつもりなの?

ラスタと何かありましたか?

と聞くわけにもいかないし。

 

と、すぐにナビエは後悔しました。

 

けれども、穴が開くほど

自分を見つめているソビエシュを

ナビエは

無視することができませんでした。

 

顔色が優れませんけれど

大丈夫ですか?

 

とナビエが尋ねると

ソビエシュに

 

皇后は外国人が好きなのか?

 

と聞かれました。

 

f:id:myuieri:20210505115847j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

自分はラスタを側室にしたくせに

ナビエが、自分以外の誰かを

好きになるかもしれないと思うと

やきもちを焼く。

情けないなあと思います。

 

ソビエシュは、

ナビエという、

しっかり者の奥さんがいるから

好き放題できるのだと思います。

 

ナビエと離婚をしても

彼女が自分から

離れることはないし

すぐに

ナビエと再婚するつもりだったので

跡継ぎを得るために

ラスタを皇后にするという

とんでもないことを

やりましたが

ナビエがすぐに

ハインリと再婚するという

想定外の出来事に

ソビエシュの目論見は

完全に外れてしまいました。

 

ナビエが去ってからの

ソビエシュの行動は

彼女への未練が

引き金になったものばかり。

 

ソビエシュがナビエに

思いやりを持って接していたら

彼女はハインリと

再婚をしなかったと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain