自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

子供の頃からマンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちを初めとして、マンガのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ ノベル 95話 マンガ 94、95話 ハインリの顔が見られないナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

95話 偽親に行方不明の娘の話をした貴族が、エルギ公爵と話をしているのを見たラスタでしたが・・・

◇信頼できる人◇

エルギ公爵と貴族の2人が

何を話しているか

聞こえませんでしたが

深刻そうな顔をしていました。

 

ラスタは、もっと近づいて、

話を聞きたかったけれども

足音が聞こえてしまうような

気がしました。

それに、いつもは、

プレイボーイのエルギ公爵が

話をするのは

女性ばかりなのに、

男性と深刻そうな話をしているのも

気になりました。

 

ラスタは、モヤモヤしていましたが

その日の夕方、

偽親の前で

行方不明の娘たちの話をした貴族が、

ティーパーティーの席で

失言したことを

エルギ公爵に怒られたと言って

謝りに来たので、

すっきりしました。

自分の周りにいる人で、

信頼できるのは

エルギ公爵だけなのに、

そのエルギ公爵も

疑わなければならないのかと

ラスタは不安だったからでした。

 

その貴族は、

突然、エルギ公爵に呼ばれて

叱責された、

エルギ公爵は、

ラスタさんのことが大好きなんですね、

と言いました。

 

そして、

ラスタとエルギ公爵の仲を

怪しんでいるかのように

意地悪そうに笑いながら

ラスタのような魅力的な美人なら

誰の心も捕まえるのは

簡単だろうと言いました。

 

その言葉に

ラスタは答えませんでした。

 

貴族が帰った後、

ラスタは顔を赤くしながら

 

エルギ公爵は、ハインリ王子と

恋仲ではなかったっけ?

 

と首を傾げました。

 

しかし、エルギ公爵はあらゆる女性と

浮名を流しているし

ハインリ王子との手紙も、

おふざけだったのかも。

それに、初めて会った時から、

ラスタに優しくしてくれたし

ラスタのことを、

好きとも言ってくれたし・・

ラスタは顔を赤くしながら

 

ところで結婚式はいつ挙げるのだろう?

 

と考えました。

 

f:id:myuieri:20210111151510j:plain

◇結婚式の準備◇

ナビエは、

朝食の準備をしてくれたローズから

 

なるべく早く結婚式を挙げる。

ハインリが結婚式の準備をする。

 

と弟が話していたと聞きました。

 

できるだけ早く

結婚式を挙げることは

聞いていたけれど

ハインリが結婚式の準備をする話は

初めて聞いたので

ナビエは驚きました。

 

ローズは、ナビエ自身が

結婚式の準備をしたいのかと

ナビエに尋ねましたが

彼女はそれを否定しました。

クリスタが、

結婚式の準備をすることで

彼女の勢力を広げないために

ハインリが、

自分で結婚式の準備をすると

決めたのだろうと思い、

ナビエは笑いましたが

その後、前の晩の出来事を

思い出してしまいました。

 

食事をすることで、

ハインリの・・・の姿を

追い払おうとしましたが

食べ物を見て、

追い払うどころか

もっと強烈に思い出してしまいました。

ナビエは、スープを少し飲んだ後

スプーンを置いて立ち上がりました。

 

ローズは西王国の食べ物が

口に合わないのかと

ナビエに尋ねましたが

彼女はそれを否定し

ローズに、ハインリの所へ行くのに

適当な時間を知らせてくれるように

頼みました。

 

f:id:myuieri:20210204180243j:plain

◇顔が見られない◇

ナビエは、

ハインリの顔を見るのが

恥ずかしかったため

気を落ち着かせるために、

1から100まで

次に100から1まで数えながら

ハインリの執務室まで

歩いていったところ

執務室の前で、

クリスタに会ったので

恥ずかしい思いをしなくて

済みました。

 

ナビエとクリスタが

一緒に執務室へ入ると

ハインリは驚きました。

執務室の前であったと伝えると

ハインリは納得しました。

 

クリスタは、

ハインリ自ら

結婚式の準備をすると聞いて

ハインリの兄嫁であり、

先代の王妃である自分が

結婚式の準備をする、

形としてもそれが一番いいと

彼に伝えました。

ハインリの眉が吊り上がりました。

 

彼は、困ったように笑いながら

ダメと言おうとしているようでしたが

クリスタは

ハインリの亡くなった兄の

奥さんなので

彼が彼女とぶつかるのは

良くないと思ったナビエは

ハインリが断る前に

 

変わった結婚だから

準備も変わった方がいい。

最初に決めた通りにしてください。

 

とハインリに告げました。

 

すぐ横にいるナビエに

反対されると思っていなかった

クリスタは

怒りはしなかったものの

少し驚いた顔をしていました。

 

クリスタは、

ハインリとナビエに謝った後

静かに部屋を出ていきました。

 

ナビエは、力のない弱い動物を

突き放したような気分になりました。

なぜかクリスタと対峙すると

気持ちが悪くなりました。

 

クリスタより立場の弱いラスタには

そんな気分にならなかったのに。

それは、ラスタが私の常識では

到底理解できない発言をしたり

妹のように扱ってくれとか

私の物を勝手に使ったり

私の真似をしたから。

 

クリスタの行動は、

ナビエの常識の範疇なので

すっきりしないのではと思いました。

 

しばらく考え込んでいた

ナビエを心配して

ハインリは彼女に声をかけました。

 

ハインリは、クリスタが

執務室の近くに来ることは

問題ないか慎重に尋ねました。

 

ナビエは大丈夫と答えました。

そして、我に返ると

結婚式の準備で、

手伝えることがあれば

手伝いたいとハインリに伝えました。

 

ハインリは、ナビエのために

結婚式の準備をするので

ドレスのサイズ以外のことは

自分で準備すると言いました。

 

ハインリがサイズと言った途端

クリスタがいた時には忘れていた

ハインリの

裸の姿を思い出してしまいました。

ナビエは、顔が熱くなったので

横を向きました。

 

ハインリはナビエが

怒っているのかと思い

跪いて、

ナビエの顔を覗き込みました。

ナビエは、ハインリの紫色の瞳を見て

クイーンの瞳を思い出し

さらに顔が熱くなってしまったので

唇を噛み

身体を横に向けました。

 

ハインリは、ナビエが

本当に怒っているのではないかと

心配していました。

 

彼女は、

 

いつまでも

恥ずかしがっていてはいけない。

ハインリに

秘密を話す機会を与えよう。

ハインリだって

わたしを騙しているのは

気になるし不便だろう。

 

と考えました。

 

ところが、ナビエは、

 

ひょっとして、

私を騙していることはないか。

 

と聞くつもりだったのに

 

カフメン大公を結婚式に招待してほしい

 

と言いました。

 

突然、カフメン大公の名前が出たので

ハインリとナビエは当惑しました。

 

ナビエは、結婚式の後に

ハインリに

話をしようと思っていましたが

すでにカフメン大公の名前を

口に出してしまったので

ナビエは平気なふり、

元々、この話を

するつもりだったふりをして

 

カフメン大公と一緒に、

大陸間の貿易を計画していたこと、

カフメン大公が

ソビエシュを殴ったことで

ダメになってしまったこと、

ナビエは、西王国で、

それを実現させたいと

話しました。

 

ハインリはナビエを

自分の机の椅子に座らせ

彼は机の上に座りました。

すると

ハインリのお腹のあたりに

ナビエの目線が行くので

彼女は椅子をくるりと回し

カーテンの隙間から見える

窓の外を見るふりをしながら

大陸間交易の利点について

ハインリに説明しました。

 

するとハインリは、

しょんぼりした声で

 

怒っているのでなければ、

こちらを向いて話してください。

目を背けるのはおかしいです。

 

と呟きました。

 

ナビエは、

 

あなたの目を避けているのではない。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210129175424j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

氷のようで鉄のような

皇后と言われ

ソビエシュにも、

そなたは冷たい

と言われていたナビエ。

 

けれども

ハインリの裸体が頭から離れず

必死で冷静を保とうとする姿が

いじらしいです。

ハインリと出会って

彼女の隠れた魅力が

どんどん引き出されているように

思います。

 

ナビエとソビエシュは

子供の頃から一緒だったので

互いに相手に対して

新鮮味を感じていなかったのではと

思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain