自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 96話 ネタバレ 先読み 原作 小説 ナビエとラスタ、ウェディングドレスを選ぶ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

96話 あなたの目を避けているのではないと言ったナビエでしたが・・・

◇避けているのは◇

ナビエは

あなたの下半身を避けている、

と素直にハインリに言えないので

 

あなたの良心を避けている

 

と、ハインリも自分自身も

理解できないことを言いました。

 

結局、2人は共に

聞きたいことがあったのに

カフメン大公の話をしただけで

互いに本音を言えず

会話はぎこちないまま終わりました。

 

あまりに早くナビエが出て来たので

もう少し長くいると思っていた

ローズは驚きました。

 

ナビエは、

話したいことがなかったと

ローズに伝えました。

 

西王国の人たちは

ナビエとハインリが

世紀の恋をしたように

考えていました。

 

けれども、ローズは

ナビエを

根掘り葉掘り問い詰めることはなく

ナビエとハインリは話さなくても

通じる間柄だと言いました。

 

f:id:myuieri:20210130125701j:plain

◇殿下の側の人◇

ローズと共に、離宮へ歩いていく途中、

クリスタがナビエを待っていました。

クリスタの後ろには、

先日、

エイプリンに文句を言われた

侍女が立っていました。

 

クリスタは、自分の侍女が

ナビエ側の人に

侮辱されたと聞いたので

今後、そんなことが

ないようにしてもらいたいと

ナビエに言いました。

 

自分のためでなく、

人のために頼み事をし

自分の側の人を大切にし

守ろうとするクリスタの態度を

ナビエは見事だと思いました。

権力を巡って争わねばならないことを

ナビエは残念に思いました。

 

けれども、

クリスタの性格を気に入ったとしても

ナビエの答えることは

決まっていました。

 

エイプリン卿は、私の側の人ではなく

殿下の側の人です。

そのようなお願いは、

殿下に直接なさってください。

 

と言いました。

◇侍女の条件◇

クリスタに会ってから、

ナビエは考えを改めました。

時間をかけて、

社交界から

侍女を探そうと思ったけれども

クリスタのようなタイプの

人間の周りには

人材が多く

ナビエが侍女にしたいと

思うような人はほとんど

クリスタが侍女にしているはず。

残っているのは、

侍女になりたくないか、

もしくは、クリスタの侍女と

仲が良い人たちばかりの可能性が

高いのではと・・・

 

ナビエは、冒険心を発揮し

マスターズを

侍女にすることに決めました。

 

侍女になって欲しいと書かれた手紙を

マスターズに届けて欲しいと

頼まれたローズは

マスターズは

侍女にふさわしくないと言って

反対しましたが

だからこそ、マスターズは

クリスタ側の人間ではないはずと

ナビエはローズに伝えました。

 

ナビエは

不思議に思っていることがありました。

 

最初は弟のユニムを懐柔する目的で

ローズを侍女にしましたが

彼女は侍女として優れていて

ナビエは、

ローズのことが

大好きになっていました。

気立ても良くて、

気品のあるローズを

なぜ、クリスタが

侍女にしなかったのか

ナビエは尋ねました。

 

ナビエに褒められたローズは、

前国王の時代は、

ユニムは騎士団長ではなく

ハインリに仕えていたので

自分はクリスタの侍女に

呼ばれなかったと

恥ずかしそうに答えました。

 

ナビエはローズの手を握りながら

彼女のことが気に入っていると伝え

ローズもそうだと

照れくさそうに答えました。

f:id:myuieri:20210131163518j:plain

◇結婚式のドレス◇

翌日、マスターズが笑みを浮かべながら

ナビエの元へやって来ました。

とても明るい令嬢でした。

それに引き続き、

 

ハインリに、結婚式と披露宴のドレス、

その他のドレスを

作るように命令された

本人曰く、

西王国最高のデザイナーマクリナンが

やって来ました。

 

ナビエが入室を許可すると

マクリナンと箱を抱えた人たちが

ぞろぞろと入ってきました。

 

マクリナンは、ハインリから

最大限華やかで

きらめくドレスを作るように

言われていました。

彼女はナビエの顔を見て

強烈なドレスを着ても

ナビエは大丈夫と判断し

とても派手で強烈なドレスを作ると

宣言しました。

 

f:id:myuieri:20210130060505j:plain

ちょうど同じころ、ラスタも

ソビエシュが寄こしたデザイナーと

ドレスの打ち合わせをしていました。

 

ラスタは、

ソビエシュが最大限華やかに

結婚式を挙げたいと言っているのを、

ラント男爵から聞いていたので

結婚式で、

どんなドレスを着ることになるか

あれこれ思い浮かべていたのに

デザイナーに

できるだけ地味なドレスに

するように言われて、

ラスタは気が気でありませんでした。

 

デザイナーは、

最大限、

ラスタにふさわしいドレスを

用意するように

ソビエシュに指示を受けていました。

ラスタは平民に人気があるので

華やかな結婚式に、

信じられないほど派手な

ドレスを着たラスタは

平民が期待するイメージと

異なると思いました。

だから、

ドレスは地味にした方がいいと

デザイナーはラスタに

助言したのですが

ラスタは

 

ラスタは、

派手なドレスが似合わないというのか。

華やかな結婚式に、

地味なドレスを着たら

ラスタが埋もれてしまう。

廃妃と比較される立場で

素朴なドレスを着たら

わざと自分を

おかしくしようとしているみたい。

 

と言って、デザイナーに抗議しました。

 

そして、ラスタは、

ナビエの結婚式や婚約式の時に

彼女がドレスをデザインしたと

聞いたので

そのドレスの絵柄を

見せてもらいました。

それらは、とても華やかだったので

 

廃妃のことが好きで、

彼女と比べられるように

ラスタに

素朴なドレスを着ろと言うのか!

 

と怒り、ナビエのドレスよりも、

華やかで美しくするように

命じました。

デザイナーは、

途方に暮れて立ち去りました。

 

廃妃を引き立てるために、

わざと素朴なドレスを着ろと?

平民たちが、

素朴なドレスを着た皇后を好むって?

 

ラスタは怒りで枕を蹴飛ばしました。

 

すると、エルギ公爵が

平民の記者を連れてやって来ました。

エルギ公爵は、

ラスタが陛下と結婚するという

噂が流れているけれども

陛下にプロポーズされたかと、

彼女に尋ねました。

 

ラスタがソビエシュに

プロポーズされていないことを

察したエルギ公爵は、

大笑いしながら

平民の記者のインタービューに、

 

ラスタの結婚は平民の勝利。

後で貴族だと言うことを知ったが

皆さんと変わりなく考え行動する。

私は平民と共にある。

 

と答えるように

 

そして、

引き続きやって来た貴族の記者には

 

ソビエシュとの劇的な愛を

無条件に強調する。

 

ように助言しました。

 

インタビューが終わった後、

疲れてベッドに横になったラスタは

皇后という一番高い位に上がるのに、

人々の顔色を

窺わなくてはいけないことと

話をする度に

気を使わなくてはいけないことを

面倒に思いました。

 

その時、お腹の中で

かすかに胎動を感じました。

 

お母さん、頑張る。

 

とラスタは言いました。

 

f:id:myuieri:20210130130332j:plain

◇気まずい雰囲気◇

ナビエは

アルバム5冊分のドレスの図案の中から

デザインを選ぶのに、

数時間かかりました。

そして、デザイナーが

ナビエのサイズを測っていると

ハインリがやって来ました。

 

彼は、ナビエとデザイナーの

近くにやって来て

デザイナーに、

どのデザインにしたのか尋ねると

ナビエが選んだデザインと、

デザイナーが選んだデザインを

交互に確認し、

アルバムに載っている他のデザインも

確認し始めました。

 

すると、

ナビエのお尻とハインリの頭が

ぶつかってしまいました。

意識して、ハインリを

気にしないようにしていたナビエは

反射的に、

彼を押しのけてしまいました。

ハインリは、アルバムを抱えたまま、

固まってしまいました。

ナビエもハインリを

押したように見えたので

戸惑いました。

 

ドレスは秘密にしておきたいですよね。

 

と言って、ハインリはアルバムを置き

時計を見て急用があるからと言って

去っていきました。

 

彼が出て行くと

場の雰囲気は気まずくなり

騒いでいたデザイナーまで

静かになりました。

 

彼の気分を悪くしようと

したわけではないのに。

どうしよう。

 

ナビエは頭を抱えました。

 

ハインリは

ナビエが明らかに

自分のことを怒っているけれど

その理由はわからないと

イライラしながら

マッケナに言いました。

 

王妃は理由もなく怒る人ではないと

マッケナは言いました。

 

前日も、

奥さんが何か変なことを言おうとして

急に、

カフメン大公の話に

替えてしまったけれど、

他の話をしようとしたのは確か。

私がクイーンであることに気づいて

怒っているのかな

 

とハインリは言いました。

 

f:id:myuieri:20210130134033j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエが自分のことを

どう思っているか

不安なハインリは

ナビエの一挙手一投足が

気になって仕方がないと思います。

そんな時に

ナビエに押されれば

ショックを受けても

当然だと思います。

 

けれども、色々な出来事が

積み重なっていくうちに

2人の距離が少しずつ近づいて行き

この時点では

ぎこちなかった夫婦が

十数年経っても

ラブラブな夫婦のままなのは

嬉しいです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain