自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第23話 マンガ 18話、19話でカットされていたこと マッケナが不可能だと思っていたこと

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

23話 和解を兼ねて、別宮へ遊びに行くことを、ソビエシュから提案されたナビエでしたが・・・

 あなたに負担をかけたくない

ナビエは、正直な話、

別宮へ行ったからといって

自分たちの間の

ぎこちない雰囲気が

良くなるとは思えませんでした。

 

けれども、断れば

もっと仲が悪くなることは

明らかでした。

 

理性的に考えれば

 

行きます。

 

と答えなければなりませんが

なかなか答えられませんでした。

 

ナビエはプライドが

傷ついていました。

 

夫が別の女性を愛して

公式に側室にしても

平然と振る舞わなければ

ならないことを

苦しく思っていました。

 

ソビエシュとトラブルを

起こさなければ

知らない振りをすることも

できたけれど

すでに、ラスタのことで

ソビエシュとナビエが

口論したことを

知っている人もいました。

 

ナビエは

 

おっしゃる通りですわ。

 

と言って無理に笑いながら

頷きました。

 

ついでに、一緒に散歩して

帰ろうと

ソビエシュから言われたので

2人は黙って

しばらく歩きました。

 

以前のナビエは、

時々、ソビエシュと散歩をするのが

好きでした。

 

ソビエシュも、

ナビエと一緒に過ごすのが

一番楽だと言っていました。

 

全て、昔のことなんだわ・・・

 

とため息が出そうになるのを

堪えていると

ソビエシュは、

カフメン大公が

ルイフトと月大陸との国交を

望んでいる話をしました。

 

ソビエシュはナビエに

カフメン大公と

話をしたことがあるかと

尋ねました。

 

ナビエは、ラスタのことで

カフメン大公に嘲笑われたことが

会話と言えるのかと

思いましたが

 

ほんの少し

 

と答えました。

 

ソビエシュは、

ナビエがカフメン大公と

何を話したのか

気になっている様子でした。

 

そして、

ルイフトとの国交を

推進することになったら

カフメン大公はナビエにも、

その仕事に

参加してもらいたがっていると

伝えました。

f:id:myuieri:20210131174402j:plain

◇負担をかけたくない◇

その後、ソビエシュは

東宮に戻りましたが

ナビエは一人で歩いていました。

 

ナビエとソビエシュが

2人だけで別宮へ行くのを

ラスタが黙って

見ているだろうか。

3人で行くことになったら

ストレスに喘ぐことになると

ナビエは思いました。

 

ため息をつきながら

噴水台の近くの

ハインリと別れた場所へ行くと

そこで彼がナビエを待っていました。

 

この後、マンガ19話のナビエとハインリの会話のシーンになります。

 

ナビエは誕生日に

ハインリと一緒に

食事ができないことを謝ると、

ハインリは

 

陛下の誕生日なので

私に申し訳なく

思うようなことではありません。

すまないと思わないでください。

私はあなたに

負担をかけたくないのです。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210108060213j:plain

◇ナビエへのプレゼント◇

マッケナの目の前に

色々な宝石の指輪が並んでいました。

ハインリが大事にしていて

いつも魔法のポケットに入れて

持ち歩いているもので

1つ1つに伝説が込められている

とても貴重なものでした。

 

この中から一つを

他国の皇后に

プレゼントするというので

マッケナは当惑していました。

 

やりすぎなのでは?

 

とマッケナが小言を言うと

ハインリは指輪を

ポケットにしまい

マッケナがいない時に選ぶと

言いました。

 

そして、鳥の姿に変わると

首にナビエのハンカチを

結んでもらい

窓の外へ飛んで行きました。

 

f:id:myuieri:20210113051614j:plain

◇ハインリ王子の香り◇

ハインリと別れた後

ナビエは図書館へ行き

火大陸とルイフトに関する書籍を

全て探しました。

 

カフメン大公が

妄想小説と言っていた

「探訪記」も持ってきました。

 

ナビエは、カフメン大公が

自分を推薦した理由は

わかりませんでしたが

国交に参加する以上

基本的な知識を

蓄える必要がありました。

 

もう少し

詳しく記録された本が

あればいいのに・・・

 

ナビエはソファーに座り

探訪記と他の本を読み比べて

虚構と真実を

組み合わせている時

窓を叩く音がしました。

クイーンでした。

 

窓を開けると

クイーンはバタバタしながら

窓枠に座り

両翼をぱっと広げました。

首にナビエのハンカチを

結んでいました。

足を調べると

手紙は結んでありませんでした。

 

自慢しに来たの?

それともハンカチを返しに来たの?

気になったナビエは

クイーンに尋ねましたが

返事はありませんでした。

 

クイーンは紫の目を瞬きながら

ナビエをずっと見つめ

彼女は、きれいだと言って

クイーンの頭の上に

キスをし続けました。

 

私のクイーンは本当に可愛い。

ハンカチを巻いていると

もっと可愛い。

 

とナビエは言いました。

 

クイーンが

ハンカチを気に入った様子なので

ナビエは

ハンカチをほどくことができず

クイーンの背中を

撫でていました。

すると、クイーンから

良い香りがしました。

いつもハインリから

ほのかに漂ってくる

ムスクの香りでした。

 

ハインリではなく

大きな鳥が、

そのような香りを漂わせていると

何だか可愛いと思い

ナビエはクイーンの耳元で

 

君からハインリ王子の香りがする。

 

とそっと囁きました。

 

クイーンはとても驚いたのか

パッと羽を広げました。

そして、羽で自分の嘴を覆って

目を丸くしました。

 

誰が見ても当惑した様子が面白くて

ナビエはクイーンの名前を呼ぶと

鳥はぶるぶる震えながら

窓枠へ歩いて行きました。

 

その姿が、また可愛いので

クイーンが飛んで行く前に

ナビエは鳥を胸に抱きしめました。

 

クイーンは固まって

首を横に振りました。

f:id:myuieri:20210111151510j:plain

◇実現不可能なこと◇

それとなくいやらしいことを

よく言うんだから。

 

と呟きながら

ハインリは

首を絞めつけているハンカチを

ほどきました。

まだ顔が火照っていました。

 

ハインリは、

ハンカチの香りを嗅いでみました。

 

洗濯をした後、

一番好きな香水を振りかけましたが

それが、

自分がよく付けている香水だと

ナビエが気づいてくれたのかと

思うと

ハインリは顔を真っ赤にして

座り込みました。

 

鳥に向かって言った言葉だと

わかっていても

まだ心臓が殴られた気分でした。

彼女の囁いた声が

まだ耳元で、そよ風のように

感じられました。

 

その恥ずかしさと胸騒ぎを

 

裸で何をしているのですか?

 

と言って、

マッケナが壊しました。

 

ハインリは服を着ると

顔の火照りを夕方の風に当たって

抑えたくて、外へ出ました。

 

マッケナは、

ハインリの後を追いかけながら

 

ハインリの文通相手は

ナビエではないのか?

彼は、文通相手のことが

とても好きなのではないか?

ハインリが

真剣に恋愛をすることには

賛成するけれども

その相手が大国の皇后となれば

話は別だ。

大国でなくても

他国の皇后は絶対にいけない。

ハインリは東大帝国と

痴情でもつれたいのか。

 

と心配そうに

泣きべそをかきました。

 

ハインリとナビエは

終わりが見える関係でした。

 

ソビエシュがラスタに夢中になり

彼女を側室にしても

他の国からも賞賛を浴びている

皇后を追い払い

逃亡奴隷を皇后にするはずが

ありませんでした。

 

そしてナビエからソビエシュに

離婚を請求することは

できませんでした。

 

たとえソビエシュが

ナビエを廃位させたとしても

彼女が他国の王子と

再婚するはずがありませんでした。

 

ハインリは

 

そうじゃないから

大騒ぎするな。

 

と言いました。

 

その言葉を信じてもいいのかと

マッケナが尋ねると

ハインリは黙っていました。

 

そして、マッケナは

ナビエとハインリは

両思いなのかと尋ねました。

 

それに答えようとしたハインリは

躊躇った後に手を振りました。

紫色の日傘を差したラスタが

歩いてきていました。

ラスタを無視するハインリ

 

東大帝国の皇帝の寵愛を

一身に受けて

社交界の星に浮上した彼女は

数日で、

すっかり沈んでしまいました。

 

南宮にいる客たちは

逃亡奴隷であることを

隠していたラスタを

嘲笑っていました。

 

ロテシュ子爵が駆け回り

ラスタは逃亡奴隷ではない、

自分の人違いだと言っても

誰もその言葉を

信じる人はいませんでした。

そのせいか、

ラスタは

すっかりふさぎ込んだ様子でした。

 

マッケナはハインリの顔色を

うかがいました。

 

ハインリは逃亡奴隷の件以外で

ラスタとトラブルを

起こしていました。

 

彼が一度暴言を吐くと

どれほど大胆になるか

マッケナは知っているので

ハインリの反応が心配でした。

 

けれども、マッケナの予想に反して

彼はまるで

ラスタを見ていないように

彼女を無視して

通り過ぎようとしましたが

ラスタがハインリに

声をかけました。

 

マッケナはため息をつくと

ラスタの声が

聞こえないかのように

通り過ぎようとしたハインリの

腰を引っ張りました。

 

眉間にしわを寄せたハインリに

ラスタが近づいてきました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マッケナの予想は

見事に外れてしまいましたが

この1年後に

ナビエとハインリは

結婚していて

2人の間に

子供が生まれているなんて

想像できるわけないですよね。

 

そして、ハインリが

ナビエを待っていた噴水台の所で

1年後、ハインリとの娘を抱いた

ナビエがソビエシュと

出くわすことになりますが

 

同じ場所や

同じような場面を

ハインリとソビエシュで

それぞれ演出する作者さん、

お話の作り方が上手だなと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain