自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第16話 マンガ14話でカットされていたこと 本当にラスタが嫌になったナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ソビエシュがハインリに決闘を申し込みました。

◇喧嘩の仲裁◇

東大帝国の皇帝が

彼の側室を巡り

ゲストとして招待した

西王国の王位継承者と

決闘をする?

 

これは見ものだと

ナビエは思いました。

 

このことが国民に知られれば

ただでさえ、様々なところから

批判が出ている

皇族や貴族の放縦な私生活が

笑い話になってしまう。

そうはならなくても

喧嘩は止めなければと思い

ナビエは

ソビエシュとハインリを

なだめました。

 

f:id:myuieri:20210124151049j:plain


 ◇真似をして欲しくない◇

2人が席に着いた後

静かな食事が続きましたが

ナビエはお腹が

チクチクしてきました。

 

ソビエシュのせいなのか

ラスタのせいなのか

それとも両方のせいなのか。

 

もっと食べると

胃もたれしそうだったので

ナビエはフォークを置きました。

 

食事が終わると

ナビエは客にデザートを

勧めることなく

彼らを見送るために

席を立ちました。

 

ソズ姫を見送りながら

ナビエは、

今回の新年祭での

最も大きな収穫は

ソズ姫に会ったことではないかと

思いました。

彼女の荒々しい気性は

非常に魅力的だと

ナビエは思いました。

 

彼女が3-4人の客を見送ると

ラスタが近づいてきました。

 

ナビエがブルーボヘアンの

シリム王弟に挨拶をすると

ラスタも続いて挨拶をしました。

 

ナビエがわざとラスタから離れて

客に挨拶をしても

彼女は後をついてきて

挨拶をするので

ナビエは失笑しました。

 

最後にカフメン大公が残るまで

ラスタは、その行動を

繰り返しました。

 

カフメン大公の時だけは

ラスタはナビエの話し方を

真似して

彼女よりも先に挨拶をしました。

ナビエは鳥肌が立ちました。

 

カフメン大公は

ラスタだけでなく、

ナビエまで無視して

行ってしまいましたが

ナビエはカフメン大公に

無視されたことより

ラスタが自分の真似をしたことに

当惑していました。

 

f:id:myuieri:20210727155029j:plain

続いて、マンガ14話の なぜ、ラスタが 自分から贈り物をもらったと 嘘をついているのかと ナビエがラスタを 問い詰めるシーンになります。

 ◇氷のナビエ◇

 

ソビエシュが、自分のせいで

ラスタが誤解を受けたことを

彼女に謝り

ラスタがそれに対して

感動したと言っているのを見た

ナビエは拳を握りました。

 

ソビエシュの行動と

ラスタの誤解により

笑いものになったのは

私なのに

ソビエシュはラスタに謝り

彼女は彼に感動したと

言っている。

 

それまで、

ナビエにとってラスタは

 

気にしたくない存在

嫌だから、

知らない振りをして

過ごしたい存在でした。

 

けれども、今は

本当にラスタが嫌でした。

それ以上にソビエシュが

嫌いでした。

 

この後、 ナビエはソビエシュにラスタが流した誤った情報を訂正することを求めたので、ソビエシュとラスタの2人だけのピンク色の世界が壊れました。

 

冷たい氷のような態度に

無情な表情。

ハインリは、

ぼんやりと立ったまま

ナビエの横顔を見ました。

あの口からでる

低くて柔らかい声も良いけれど

冷たい声も

結構よいと思いました。

f:id:myuieri:20210502052311j:plain

◇関心を持ってほしい◇ 

最初は好奇心でした。

遠い異国まで噂が伝わってきている

氷、鉄で作られた皇后を知りたくて

ハインリは宮殿へ来るついでに

皇后宮へも飛んで来ましたが

鳥に接するナビエの態度は

可愛くて平凡でした。

人前では、

強い姿を見せている彼女が

隠れて泣いているのが不憫でした。

 

そして、彼女が涙をこらえながら

 

国民が望むのは

皇帝に愛される皇后ではない。

 

と独り言を言う姿を

ステキだと思いました。

 

ナビエは強い姿の下に

か弱い姿を持っていると

思っていましたが

その下にも強い姿が

ありました。

 

好奇心と好感の間の

その微妙な感情は

実際にナビエに会ってから

彼女の無関心な態度に触れると

焦燥感に変わりました。

 

自分を明らかにして

近づこうとしているのに

どうして無視するのか?

どうして

知ってるふりをしないのか?

なぜ、私を探そうとしないのか?

 

手紙を通じてやり取りした

気楽な感じや

日常的な冗談を

共有するのが照れくさいと

思っていたのは

自分の一方的な感情だったのか。

 

ハインリは

プライドが傷つけられました。

ナビエに、

自分をちゃんと見てもらいたいと

思いました。

 

そして、ナビエに近づくにつれ

憤りました。

 

彼女を、これほどまでに

せつなくさせる女性に

いらつきました。

 

何年も続けている

イメージ管理でさえ

容易でない状態なので

先ほどは、本当に

喧嘩になるところでした。

 

もしかして、

ラスタに嫉妬しているのでは?

 

ソビエシュの侮辱に

ナビエの顎が固まると

ハインリは、先ほど以上に

乱暴な衝動にかられました。

 

冷めた皇后は魅力的だけれど

彼女を冷やすものは気に障りました。

 

f:id:myuieri:20210113051614j:plain

 

絶対に問題を

起こしてはいけないと

繰り返し言っていた

マッケナの声が

耳元で唸っていました。

 

自分が彼女の名誉を守るために

公式に前に出られないことが

気に障りました。

 

結局ハインリは

 

東大帝国の皇帝は

見る目がないんですね。

 

と口にしてしまいました。

 

このことをマッケナが知ったら

 

王が病床に伏し

ただでさえ国政が混乱している時に

最強大国である東大帝国の皇帝が

大挙して

やって来ることになる。

 

と言って怒るだろうと

ハインリは思いました。

けれども、何も言わないわけには

いきませんでした。

 

ソビエシュは

 

ハインリ王子が

でしゃばることではない。

 

と言いましたが、

ハインリは、ナビエに

 

事の真偽について

自分が噂を広めるので

心配しないように。

 

と言いました。

 

その後、さらに事態は

悪化しそうになりましたが

マッケナがハインリを

連れて行きました。

 

この後、マンガ14話の前半のハインリがマッケナにエルギ公爵を連れてくるように命じるシーンに続きます。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

 

 ソビエシュは、

父親が側室を

何人も持っていたことで

父親に対して腹を立てていたことを

ナビエは知っています。

それなので、ソビエシュは

ラスタを側室にしたことで

心のどこかで

ナビエに引け目を

感じているのかなと

思います。

 

けれども、ソビエシュは

その感情を認めたくなくて

ナビエを悪者にし

彼女に辛く当たることで

自分の行動を

正当化しているのかなと

思いました。

 

そして、子供の頃から

ずっとナビエと一緒だったので

自分が何をしても

ナビエは許してくれると

自分から離れることはないという

驕りも、あるのかなと思いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain