自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 17話 あらすじ マンガ14、15話で 特別パーティに参加したいラスタのゴリ押し

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

17話 ナビエのことが気になって仕方ないハインリですが・・・

◇友情は手紙の上で◇

ナビエは、自分の一言で

ハインリ王子の悪い噂が

少しでも変わることを願って

侍女たちに

ハインリ王子は

噂とは全く違って、

思ったより良い人のようだと

笑顔で平然と話しました。

その言葉に侍女たちも

同意しました。

 

そして、彼女たちは

ラスタの嘘がばれて痛快だ、

あの女の部屋に出入りしていた

外国人の貴族たちも

正気に返るだろうと話していると

ドアに寄りかかっていた

アルティナ卿が、それを否定し

ラント男爵が、

「可愛いらしく魅力的な

ラスタさんを巡り

皇帝陛下とハインリ王子が

決闘するところだった。」と

嘘の噂を流していると話したので、

侍女たちの怒りが再熱しました。

 

ラント男爵はソビエシュの秘書で

頭の切れる人でした。

彼はラスタが気に入っているようで

彼女に色々と

便宜を図っているようでした。

 

ローラはラスタのことを

虫唾が走ると悪口を言い、

それを別の侍女が注意している時、

クイーンがやって来ました。

 

ナビエは、

久しぶりにクイーンに会えたので

嬉しくなって抱きしめました。

ローラは、

ナビエに抱かれる度に

固まるクイーンを、

本当は人間なのではないかと

冗談を言いました。

 

侍女たちが出て行くと、

ナビエはクイーンを

膝の上に乗せ

頭を優しくなでながら

会いたかったと言いました。

 

ナビエの言葉が理解できるのか

クイーンは微笑んでいるかのように

目を細めました。

その姿を見て、ナビエは

ハインリ王子を思い出しました。

 

ナビエはメッセージを確認しました。

そこには、なぜ、ナビエが

賭けにすら参加しないのかと

書かれていました。

ナビエは、

手紙だけで友情を収めたい。

と返事を書きました。

それを見たクイーンは

抗議の鳴き声を上げました。

 

ナビエは、

クイーンの主人と実際に会えば、

東大帝国の皇后と西王国の王子として

人目を気にしなければならない

関係となり

今のように軽く冗談を言えなくなる。

ただでさえ、

ラスタとソビエシュのせいで

自分は笑いものになっている。

その上、浮気者で有名な

ハインリ王子との噂まで作りたくない。

もちろん、ハインリ王子は

噂のように悪い人ではないし、

いい人だと思う、と言うと

クイーンは恥ずかしがりました。

 

ナビエは、なぜクイーンが

恥ずかしがるのかと

尋ねました。

 

f:id:myuieri:20210505113033j:plain

◇ 特別パーティへの参加◇

ラスタは

クッションを抱きかかえて

ベッドに座りました。

薄紫色のパジャマを着たラスタは

派手に着飾っていなくても

美しく見えました。

 

ソビエシュはラスタの隣に座ったまま

彼女の銀髪をなでながら

元々、ハインリ王子は

浮気者で残忍極まりない人で有名だ。

これからは、やたらに

人を信じないようにと

ラスタに頼みました。

 

ラスタは、

知らなかったと言い訳をすると、

ソビエシュは、

誰でも間違いはあるので

これから失敗しなければいい

話しました。

 

けれども、ラスタは

あれは、

ラスタだけのミスではないでのではと

ソビエシュに確認しました。

彼は、ハインリが意図的に

言い逃れをしたと

ラスタに話しました。

 

ラスタはソビエシュの肩に

頭をもたせかけて

それでも、ソビエシュが

守ってくれて良かった。

特別パーティのために気分を直す。

ソズ姫という方と

仲良くなりたいと言って、

エヘヘと笑いながら、

クッションを太鼓のように

叩きました。

 

いつもは、その行動を

可愛いと思うソビエシュの顔が

固まりました。

 

ソビエシュは、

ラスタが特別パーティに

参加できないことを告げました。

 

ラスタは

全然予想していなかった話を

聞いたという顔をしたので

ソビエシュは困りました。

 

ソビエシュは、

特別パーティに参加できるのは

皇帝と皇后が

それぞれ招待した10人、

合わせて20人だけだと

ラスタに説明しました。

彼女は、あと一人くらい

融通を利かせて

追加してもいいのではと

訴えましたが、

ソビエシュは、その瞬間に

特別パーティの意味がなくなると

言いました。

 

ラスタは、初めて

ソビエシュの拒絶の言葉を聞いて

目を瞬くこともできませんでした。

その顔を見て

ソビエシュは訳もなく

すまないと思いました。

彼は、ラスタに、

招待された人だけが

参加できるパーティだと

話したはずだと言いました。

 

しかし、ラスタは、

自分は陛下の側室で

招待する立場だから

招待されなくても

当然行けると思っていた。

自分も招待を

受けなければならなかったなんてと

顔を真っ赤にしてすすり泣きました。

 

ソビエシュはハンカチで

ラスタの涙を拭いましたが

再び涙が溜まってきました。

 

ラスタは、

パーティ会場で会った

全ての人に

ラスタも特別パーティに行くと

話してしまったと言いました。

 

ソビエシュは、

少し眉間にしわを寄せて

自分に聞いてみるべきだったと

ラスタを非難しましたが、

彼女は、

特別パーティの参加者が

出席する晩餐会に

自分を連れて行ってくれたから

当然、

特別パーティにも参加できると思ったと

反論しました。

 

ソビエシュは、

自分の手落ちだと言って

ため息をつき

ラスタの肩を軽く叩きました。

彼女は泣き続けながら

ソビエシュの気持ちが変わるのを

待ちましたが

彼は変えませんでした。

 

ソビエシュは、

最後まで連れて行ってくれると

言わなかったので、

ラスタは子供のように泣きました。

そんなラスタを

ソビエシュは可愛いと思いました。

 

泣いていないように

静かに泣いている

皇宮貴族たちだけを見ていた

ソビエシュは

ラスタが、感情を露わにすることを

不思議に思いました。 

 

ソビエシュは

泣かないようにと言って

ラスタをなだめました。

 

けれども、ラスタは

あんなことがあった後で、

自分が行かなければ、

ハインリ王子に

何を言われるか分からないと

言いました。

ソビエシュは、

ラスタの言葉も一理あると思い

ため息をつきました。

 

けれども彼が招待したのは

今年1年で重要だと

思われる人たちばかりでした。

しかも、彼らの多くが

外国の王族や権力者たちだったので

側室のために

大切なお客さんを追い出したら

国際問題に発展しかねませんでした。

 

ソビエシュは、

ハインリ王子が

変なことを言い出さないように、

一緒にいるから心配するなと

言いましたが、

ラスタは、「はい」と言ったものの

顔は暗いままでした。

ソビエシュはしばらく考えた後

ナビエに席を空けてもらえるか

聞いてみる。

皇后の招待客も皆、重要だけれど 

国内の人が多いから

国際問題まで発展することは

ないだろうと言いました。

f:id:myuieri:20210728172616j:plain

◇できないものはできない◇ 

ナビエは

ベッドから起き上がりましたが

昨日良くないことが起こったのに

思ったほど心は

重くありませんでした。

ハインリ王子とクイーンの

おかげかなと思いました。

 

ナビエはお風呂に入った後

寝室へ行くと

すでに特別パーティに着るドレスが

用意されていました。

 

ドレスを着た後

ダイヤモンドのイヤリングをして

普段は、重いので、

あまり使わない王冠を

被りました。

しかし、儀式用に

制作されたものではないので

それほど重くありませんでした。

 

侍女たちが、

王冠に似合うように髪を結っている間、

ナビエは、

特別パーティに出席する

貴賓についてメモした紙を

もう一度、点検していました。

 

ところが、髪を結い終える前に

ソビエシュが

特別パーティのことで

急いで話があると言って

彼の秘書が

ナビエを呼びに来ました。

 

ナビエは、侍女たちに

適当に髪を整えてもらうと、

秘書に付いて

東宮へ向かいました。

 

その間、ナビエは

緊急に発生した問題は何なのか

色々と考えを巡らせていました。

 

急に宣戦布告されたのか

外国の貴賓が

東大帝国に不満を提起したのか、

外国の貴賓が、東大帝国民に

危害を加えたのか、

急に不参加を

表明した人がいるのか・・・

悪い問題でなければ良いと

思いました。

 

ナビエは部屋に入り

ソビエシュを見た途端

何が起こったのかと

慌てて尋ねました。

 

ラスタがベッドに座ったまま

ナビエをちらっと見ましたが

彼女は

気づかないふりをしました。

それなのに、ラスタは

ナビエの王冠を

じっと見つめていました。

 

ナビエは不愉快になり

顔をしかめましたが

ラスタは、ぼんやりとした表情で

王冠を見つめるだけで

視線をそらしませんでした。

 

ソビエシュは、ナビエに

彼女が招待した人の中で

1人分、席を空けられるか

尋ねました。

 

ナビエは、

ソビエシュが招待したものの

他の理由で新年祭の出席を断った

ビミレイ大臣官か

カルレンジャロ魔法庁長官が

参加できると言っているのかと

ソビエシュに尋ねました。

大臣官と魔法庁のトップが

参加するのであれば

他の人にお願いしてでも

席を空ける必要がありました。

 

ソビエシュは

「違う」と答えた後、

きまり悪そうに

ラスタを連れて行きたいと言いました。

 

ナビエはしばらく沈黙した後

申し訳ありませんが

と言おうとしましたが

自分が申し訳ない問題では

ないと思い、

「だめです。」と

きっぱり断りました。

 

ソビエシュは眉をしかめて

1人分くらい、良いのではないか。

皇后が招待した人の中には

了解を得て、外してもいい人が

1人か2人いるはずだと

言いました。

 

ナビエは、

了解を求めるということは、

彼らが納得してこそ可能なこと。

ビミレイ大臣官か

カルレンジャロ魔法庁長官が

来られても

いきなり招待を取り消されれば

気分が悪くなるのに

陛下の恋人だなんて

とんでもないと反論しました。

ソビエシュの顔が

ますますこわばりました。

 

そして、ナビエは

相手がラスタではなく、

他の側室でも

自分の恋人であっても

返事は同じだと言いました。

 

ソビエシュは

トゥアニア公爵夫人なら

外してもいいのではと尋ねましたが

ナビエは、

陛下の大切な人のために

私の大事な人たちを

傷つけたくありませんと言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ラスタが特別パーティに

出席できると思ったのは

彼女の思い込みです。

 

今後のラスタのことを思えば

ソビエシュは、

彼女が納得しなくても

彼と話をした時点で

ラスタに諦めさせるべきでした。

 

それなのに、

ナビエに聞いてみると言って

ラスタに変な期待を

させてはいけなかったと

思います。

冷静に考えれば

ナビエが断ることは

ソビエシュも分かったと思います。

 

ラスタに出会う前

ソビエシュは、目の前で、

人目もはばからず

泣く女性を見たことがなかったので

彼はラスタが泣き出すと

オロオロして

彼女を泣き止ませるために

何でもしてしまうのかなと

思います。

 

そんなソビエシュは

涙を武器にする悪い女性に

いいようにされている

育ちの良いおぼっちゃまに

見えてしまいます。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain