自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第26話 マンガ 21話、22話でカットされていたこと クイーンが固まるのを面白がるナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

26話 もうすぐナビエの誕生日です。

◇プレゼント◇

誕生日の5日前から

プレゼントが届き始めました。

元々、ナビエの家門は

国内でも指折りの

裕福な一族でしたが

ナビエは皇后になった後

彼らよりも裕福になりました。

 

けれども、彼女自身のお金の大部分は

福祉事業と国の支援金として

使用していました。

それでも、

欲しい物が買えないほどでは

ありませんでした。

 

このような状況を知っているためか

ナビエの親戚たちは

高価な物よりも

意味のあるプレゼントを

送って来ました。

 

ナビエの母親は

一番売れている男優の肖像画

掲載されている雑誌を

送って来ました。

 

ソビエシュを傷つけずに

他の男性を側室に迎え

気持ちを落ち着かせるように

という意味だと

ナビエは思いました。

 

貴族の中には

俳優を側室とする人たちも

多くいました。

 

父親からは最新流行のドレス

他は外国から持ち帰った

貴重な書籍や布

宝石などが多くありました。

 

匿名で送られてきた恋の妙薬は

使わないことにしました。

 

f:id:myuieri:20210806054627j:plain

◇ハインリからのプレゼント

誕生日の2日前、

別宮へ持っていく本を選んでいると

羽がバサバサ言う音がしました。

窓の外にクイーンがいました。

 

ナビエは窓を大きく開きましたが

クイーンは、なかなか

中へ入って来ませんでした。

クイーンは

大きな箱のようなものを

ぎゅっと足で握っていました。

 

ナビエが手を伸ばすと

クイーンはナビエに箱を預けて

急いで

部屋の中へ入って来たかと思うと

ベッドの上で息を切らしていました。

 

1人で持ってきたの?

 

ナビエはクイーンに尋ねました。

クイーンはうなずきました。

 

ナビエが持ってもずっしりと重いのに

それをクイーンが持ってきたのが

信じられませんでした。

 

ナビエは、

ハインリ王子がクイーンに

プレゼントを持ってこさせたことを

非難すると

クイーンは、ナビエが

ハインリ王子のことを

悪く言うのが嫌な様子でした。

 

クイーンは起き上がる力がないのか

横になって、

羽をバタバタさせていました。

 

ナビエがクイーンのお尻を叩くと

びっくりして、

翼を大きく広げるものの

元気がなさそうにしていました。

 

箱の中には

ハインリ自ら作った

大きなケーキが入っていました。

 

クイーンは立ち上がると

ナビエの隣にのそのそと

歩いて来て、隣に座り

彼女の顔色をうかがっていました。

 

クリームをなめてみると

淡白な甘みがして

油っこくなく新鮮で

さっぱりしていました。

 

クリームも自家製なのかと

ナビエは思いました。

 

美味しい。

 

と笑いながらつぶやくと

クイーンは尻尾を振りながら

ナビエの腕に

頭をこすりつけました。

 

ナビエはクイーンにお礼を言うと

ケーキを横に置き

クイーンを膝の上に乗せて

額にキスをしました。

 

クイーンが石のように

固まってしまうのが面白くて

ナビエはあちこちにキスをした後

ケーキをテーブルへ持っていって

皿の上に一切れ取りました。

 

フワフワのスポンジの中に

いくつかの宝石が

埋め込まれていました。

 

1つ取ってみると

青みがかったダイヤモンドでした。

 

クイーンはナビエの足をつつき

彼女の反応が気になるのか

深刻な目つきで、紫色の瞳を

瞬いていました。

 

その目つきが

あまりにも深刻なので

 

少し負担かも。

 

と率直に言ってしまいました。

 

他の国の使節団が送ってくる

プレゼントなら

これよりも貴重な物もあるけれど

ハインリは友達でした。

 

彼にとっては無理なプレゼントでは

ないかもしれないけれど

友達からもらうには

少し曖昧かなと思いました。

 

ナビエは宝石をテーブルに置いて

横を見ると

クイーンが泣いていたので

びっくりして

クイーンを抱きしめました。

 

クイーンが大粒の涙を流して

南宮の方へ飛んで行きました。

 

f:id:myuieri:20210806055314j:plain

◇ハインリを訪ねる◇

ナビエは、ハインリに

ケーキとプレゼントの

お礼を言いたいし

クイーンがなぜ泣いたのか

心配だったので

長居をしなければ

大丈夫だと思い

ハインリを訪ねることにしました。

 

マッケナに迎えられたナビエは

ハインリの部屋へ通されると

彼の部屋は同じ宮殿なのに

妙に見慣れない雰囲気がしました。

 

ハインリがよく使っている

香りがしたし

あまり見たことのない物が

置かれていました。

 

そして、

シャワーを浴びたばかりで

急いで服を着たのか

ハインリは、

いつもきれいに

着こなしているのに

服がしわくちゃで

ボタンもあまり

かかっていませんでした。

ボタンの隙間から

素肌が見えていました。

 

服の真ん中あたりのボタンが

外れていたのなら

恥ずかしくても指摘しましたが

上のボタンが外れていたので

そのように着こなす人も

いると思い

ナビエは知らない振りをするべきか

ボタンのことを

指摘するかどうか困りました。

 

ハインリは

先ほどまで泣いていたのか

目の縁が赤くなっていて

まつげが濡れていました。


風呂上りに泣いたのだろうか。

 

そんな中、

突然自分が訪ねて来たので

ハインリは当惑したと思い

ナビエは申し訳なくなりました。

 

ハインリは、ナビエに

ケーキを受け取ったかと

尋ねました。

 

ナビエは、受け取ったと答え

クイーンが持ってくるには

ちょっと重すぎたのではと

言いました。

 

すると、ハインリは

自分が持って行こうと思ったけれど

クイーンが持って行きたがった。

意外と力持ちだから

心配しないようにと言いました。

 

その後、ナビエは

ケーキが美味しかったことを

伝え

ハインリは

自分専用の調理室の話や

料理が得意な人とそうでない人は

天が定めた縁だという話をしました。

 

続いて、ナビエは

 

クイーンに会いたいです。

悲しそうに

泣きながら出て行ったので

心配です。

 

と言いながら、ナビエは

部屋のどこからか

鳥の鳴き声がしないか

耳をそばだてていました。

 

しかしハインリの部屋は

鳥を飼う時の

独特の匂いもしなければ

鳥の鳴き声もしませんでした。

 

クイーンは狩りに行っています。

本当に狩りに行っているかは

分からないけれど

時々一人で首都を飛び回りながら

遊んでいるのは確かです。

 

と言いました。

 

青い髪の騎士は

とても心配していたようだけれど

ハインリは平然としているし

鳥の主人が大丈夫だと言うなら

自分がそうではないと

言い張ることもできないので

ナビエは渋々頷きました。

 

ナビエは帰ろうとすると

ハインリから

プレゼントの感想を

求められました。

 

ハインリは、

西王国は宝石の産出国だし

ほとんどの鉱山は王室所有なので

プレゼントを負担に

思わないで欲しいと

言いました。

 

ナビエは頷いて笑いました。

 

そして、ハインリは

優しくて思いやりがあるから

浮気者だと誤解を受けてしまうと

言いました。

 

ハインリは

自分は浮気者ではない。

そのように噂されるのは

すべて友達のエルギのせいだ。

 

と言いました。

 

ナビエは、エルギ公爵は

南宮を気に入っているか

ハインリに尋ねました。

 

エルギ公爵が来て以来

彼について耳に入ってくるのは

すべてラスタ絡みで

親友だというハインリとの話は

聞いていませんでした。

 

ハインリはラスタと争い

エルギ公爵は

ラスタと仲良くしているので

2人が喧嘩をしたのではないかと

ナビエは考えました。

 

ハインリが微妙な顔をしたので

ナビエは、

やっぱり喧嘩をしたのだと

思いました。

 

しかし、ナビエの予想に反して

ハインリは頼みごとを

してきました。

 

エルギの前では、

目立たないようにしてくれ。

彼と絡む女性は皆不幸になる。

彼は生きている呪いの人形

あるいは人間の怪談です。

皇后陛下はじっとしていても

魅力的なので。

 

ナビエは吹き出しましたが

ハインリは

 

絶対にあいつの前では

美しい姿を見せないように。

 

と頼みました。 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

おそらくエルギ公爵は

ナビエのような女性に

手を出さないのではと

思います。

 

けれども、ナビエのことが

好きになりつつある

ハインリは

エルギ公爵がナビエを

不幸にするのを

見たくないのでしょうね。

優しいです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain