自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第27話 マンガ 22話、23話でカットされていたこと 嫉妬しないソビエシュ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

27話 別宮へ出かける日が来ました。

◇別宮へ◇

誕生日を翌日に控え

ナビエは別宮へ行く

準備をしました。

 

2日間だけ行ってくる予定なので

荷物は少なめに、

そして、別宮へは

ジュベール伯爵夫人が同行し

その間、イライザ伯爵夫人は

実家へ帰ることになっていました。

 

別宮へ出発するために

本宮の前へ行くと

ソビエシュに

急な案件ができたので

先に行くように言われました。

 

別宮までは

馬車で約12時間の道のりでした。

夕方までには出発すると

ソビエシュは言いましたが

夕方、出発をすれば

到着をするのは朝になるので

ナビエは少し心配しましたが

大丈夫だろうと思いました。

 

そして、

最近のソビエシュとナビエの

雰囲気を考えると

馬車の中で12時間も

向かい合って座るのは

恥ずかしくなりそうなので

ナビエは、馬車に乗り込みました。

 

馬車の中で、ジュベール伯爵夫人は

 

皇后陛下と皇帝陛下の仲が

修復できれば良いですね。

どれほど皇帝陛下を憎く思っても

皇后陛下から離婚を

請求することはできません。

それならば、

また仲良くなった方がましです。

 

と言いました。

 

皇帝と仲良くした方が良いと

言われたことは

ナビエも同感しました。

 

けれども、

離婚できないなら

仲良くなった方が

良いということに

ナビエは同意できませんでした。

 

他の人たちは

ナビエの

ソビエシュと離婚できない立場を

可哀想だと

思っているようだけれど

その点について、人々は

彼女を同情する必要はないと

ナビエは思っていました。

 

ラスタに

盲目的になっているソビエシュに

冷遇されているナビエは

確かに可哀想に

見えるかもしれないけれど

ナビエは、ソビエシュと

離婚できたとしても

離婚する気はありませんでした。

 

ナビエは、幼い時から、

自分の人生の目的は皇后になることで

自分の適性に合っているかどうか

判断できない昔から

幼少期と成長期を通して

皇后になるための

厳しい訓練を受け

適合型教育を受けてきました。

 

夫が側室を連れて来て

自分に冷たくしても

何ともないと思いました。

政略結婚だったので

最初から覚悟をしていたので

辛くても我慢できると思いました。

 

けれども、

生涯、ナビエが築いてきたものを

ソビエシュの愛によって奪われたら

ナビエは、

本当に我慢のできない状況に

なると思いました。

 

f:id:myuieri:20210808054604j:plain

◇嫉妬しない恋人◇

ラスタは

エルギ公爵からもらった

ブルーボヘアンの紋章の入った

ペンダントを

ソビエシュに見せようとして

彼の所へやって来ましたが

白と黒が調和した礼服に

身を包んだソビエシュを見て

褒めちぎりました。

 

その後、ペンダントを

ソビエシュに見せると

彼は、すぐに

 

ブルーボヘアンの紋章だね。

 

と、言い当てたので

ラスタは、

ソビエシュを天才だと言って

褒めたたえました。

 

貴族たちは、他の家門の紋様を

義務的に暗記するので

こんな時、

ラスタがどれほど違う世界で

生きてきたか

はっきり知ることができ

ソビエシュは

妙な気分になりました。

 

ラスタはエルギ公爵から

ペンダントをもらったことで

ソビエシュが

少しやきもちを焼くことを

期待していましたが

思ったより、無関心だったので

ラスタはがっかりしました。

ソビエシュには

その気持ちがわからないようでした。

 

別宮へ行くソビエシュを

見送りながら

ラスタは、

ロテシュ子爵のせいで

自分の評判は落ちたものの

エルギ公爵のおかげで

再び相手をしてくれる貴族が

出てきて、嬉しかったので

それらすべてを

ソビエシュに

話したかったのですが

馬車の中に置かれた

銀色の宝石箱を見て

ラスタは立ち止まりました。

 

それがナビエへの

誕生日プレゼントであること、

彼女とソビエシュが

別宮で過ごすことを聞くと

ラスタは

自分も一緒に

連れて行って欲しいと

頼みました。

 

そして、

ラスタはナビエへの

プレゼントを用意していないし

お祝いもできなければ

ナビエが寂しがると

言いました。

 

ソビエシュは、

ナビエはラスタを嫌いなので

寂しがらないと思うし

ラスタを連れて行ったら

ナビエが嫌がると

ラスタに

言うことはできませんでした。

 

ラスタは、

自分を連れて行けば

確実に雰囲気を

盛り上げることができると言って

お酒を一気飲みする振りをしました。

 

ソビエシュは何とも言えない顔で

笑いました。

 

ラスタは必至で

連れて行ってくれと頼みましたが

ソビエシュは

今度2人だけで遊びに行こうと言って

ラスタを連れて行きませんでした。

 

ソビエシュの馬車が遠ざかると

ラスタは気が抜けてしまいました。

後で2人で遊ぶと言われても

皇帝と皇后が2日間、

2人だけで過ごすのが

気になりました。

 

皇帝と皇后は

典型的な政略結婚だから大丈夫。

シャンパンを一杯飲んで寝よう。

 

と思っていると、東宮の門前に

ロテシュ子爵がいました。

 

f:id:myuieri:20210731164154j:plain

◇休暇◇

別宮寝室のカーテンは

使う人がいないため

実用性よりも美観を重視した

薄くて半透明のものでした。

 

強烈な日差しに

目を覚ましたナビエは

すぐにカーテンを交換しようと

思いました

今日が自分の誕生日で

別宮へ来ていることを

思い出しました。

 

時計を見ると朝の7時。

首都から別宮へ来るのに

12時間ほどかかるので

ソビエシュはまだ

到着していないだろう。

朝食を食べる頃、

ようやく到着して

すぐに寝るかもしれないと

ナビエは思いました。

 

毎日の日課を思い出しましたが

仕事は何も

持ってきていなかったので

1日中本を読んで休んで帰れば良い、

久しぶりに、丸1日を

自分のために使えると

ナビエは思いました。

 

ジュベール伯爵夫人に

朝食の用意を頼むと

ナビエは客間の肘掛け椅子に

もたれるように横になり

昨日、途中まで読んだ本を

読み始めました。

 

どのくらい時間が経ったのか

足音がしたので顔を上げると

ソビエシュが笑って

立っていました。

疲れている様子でした。

 

ソビエシュは疲れたと言って

ナビエのそばに座ると

背もたれに頭を当てて

目を閉じました。

 

眠れそうにない様子だったので

ナビエはソビエシュの額に

手を当てました。

微熱がありました。

 

ソビエシュは

うたた寝をしていたのか

目を覚まして

驚いたような顔をしました。

 

熱が少しあるので

ひと眠りしましょう。

 

と言ってナビエは立ち上がると

ソビエシュは、

彼女の手首をつかみ

しばらく待つようにと

ナビエに言いました。

 

ソビエシュは外へ出て行くと

銀色の箱を持って戻って来ました。

箱はオルゴールで、ふたを開けると

ゆっくりと音楽が流れ

中央で、きらめく指輪が

回っていました。

箱の両脇には

銀色のネックレスとイヤリングが

見えました。

 

ナビエがお礼を言うと

ソビエシュはネックレスだけを

持ち上げ

 

付けてあげよう。

 

と言いました。

 

ナビエは躊躇いながら

片手でオルゴールを

もう片方の手で髪を持ち上げて

背を向けました。

 

熱が出ているので

とりわけ熱く感じられる手が

首の周りに軽く触れました。

冷たいネックレスの重みが

首に感じられました。

 

その時、首筋に

熱くて柔らかい何かを

感じました。

 

f:id:myuieri:20210218142424j:plain

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガを読んだ時にも感じましたが

 

ソビエシュは、

ラスタに同情をして、

可哀そうだと思っていても

嫉妬するほど

彼女のことを愛していないのだと

思います。

 

けれども、逃亡奴隷を

連れて来てしまったことへの

引け目

それを非難する人への意地、

ラスタを助けたのに

自分の善行を

認めてもらえない苛立ち

自分の気持ちを理解してくれない

ナビエ

 

など、色々な感情が

複雑に絡み合って

何としてでも

ラスタを幸せにしなければと

思っているのかなと

感じました。

 

ナビエが外国人と親しくするのを

黙って見ていられないのは

やきもちを焼いているから。

 

ナビエとの2人だけの時間を

ラスタに邪魔されたくなかったのは

ソビエシュが本当に愛しているのは

ナビエだから。

 

でも、彼女を失うまで

そのことに気付けなかったのは

ソビエシュの人生最大の

失敗だと思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain