自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第28話 マンガ 24話でカットされていたこと ナビエには平凡な恋人が良い

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

28話、別宮へやって来たナビエとソビエシュですが・・・

 ◇気持ちが悪い◇

箱の中に入っていた

イヤリングを見ていたナビエは

驚いて頭を上げました。

耳元に、

優しくソビエシュの唇が触れました。

 

ナビエは髪の毛を上げていた

手を下ろし

オルゴールの蓋をして

ソビエシュの方を振り向くと

彼はナビエの唇に

軽くキスをしました。

 

けれども、ナビエは

それに応じる代わりに

唇をギュっと閉じ

箱を両手で握ったまま

後ろに下がりました。

 

ソビエシュは、

少し驚いた様子でしたが

ぎこちなく笑うと、慎重に

ナビエに手を差し出しました。

 

ナビエはソビエシュの指を

見つめながら

首を振りました。

 

ソビエシュはナビエを

じっと見つめながら

彼女を呼びましたが

ナビエは、再び首を振りました。

 

なせ、ソビエシュが

突然キスをしようとしたのか

わからないけれども

今は彼と

キスをしたくありませんでした。

 

彼はラスタと

1か月以上、過ごしていました。

他の人とキスをした唇で

自分にキスをしようとするのが

気持ち悪く思えました。

 

しばらく、部屋の中に

気まずい沈黙が訪れました。

 

ソビエシュはじっと立ったまま

先ほど座っていた肘掛け椅子を眺め

ナビエは

オルゴールを持ったまま

固まっていました。

 

しばらくして、

途切れ途切れに、

オルゴールの音が

響いていることに気付き

ナビエは蓋をきちんと閉めました。

 

ソビエシュは

肘掛け椅子からオルゴールに

視線を移した後

ナビエを見つめ

 

時々、皇后は配偶者ではなく

ただの同僚のように思える。

 

と言いました。

 

ナビエが配偶者は

人生を共にする同僚でもあると

答えると

ソビエシュは

配偶者と同僚が同じなら

結婚する必要はないと言いました。

 

そして、疲れていると言って

ため息をつくと

部屋の外へ出て行きました。

f:id:myuieri:20210808110004j:plain
 

◇クイーンが来た◇

朝食を運んできた

ジュベール伯爵夫人にナビエは

ソビエシュの元へ

医者を送るように指示しました。

 

そして、

1人で朝食を取りましたが

食べ物の味を楽しむことが

できませんでした。

 

心の中がすっきりしないし

虚しいので

食事を取っているのかいないかも

わかりませんでした。

 

パンを半分くらい食べて

もうダメだと思いました。

このまま食べても

胃がもたれるばかりだと思い

フォークを置き

口直しにジュースを一口飲むと

窓の外に

見覚えのある金色の羽と紫の瞳を持つ

大きな体のハンサムな鳥がいることに

気が付きました。

 

クイーンがここにいるはずがない。

 

と思いながらも

ナビエは窓を開けると

大きな鳥がよろめきながら

入って来ました。

やはりクイーンでした。

 

何かあったのか

クイーンの目頭が潤っていました。

そして、ナビエを慰めるかのように

翼を広げて

ナビエを包んでくれました。

ナビエの心の片隅が

ジーンとしました。

 

彼女がクイーンの額にキスをすると

いつものようにクイーンは

固まりました。

 

ナビエは

クイーンを膝に乗せて

抱きしめました。

 

そして

 

クイーンがいないと

生きていけないかもしれない。

クイーンが西王国へ帰ったら

どうしよう。

一緒に付いて行こうか。

 

と言うと、クイーンは

ものすごいスピードで

頷いたので

ナビエは笑いました。

 

ハインリ王子は

お前みたいなかわいい子を

どこから連れて来たのか。

私もクイーンと同じ種類の鳥を

連れてこようかな。

クイーンは弟ができたら

可愛がってくれる?

 

と尋ねると

今度は、ものすごいスピードで

首をブンブン横に振るので

ナビエはお腹を抱えて笑いました。

 

そこへジュベール伯爵夫人が

やって来て

ナビエがクイーンを

抱いていることに驚き

たじろぎましたが

ソビエシュが倒れたことを

ナビエに伝えました。

 

ナビエは念のために

宮医を呼び寄せるように

ジュベール伯爵夫人に

指示すると

クイーンを窓枠に下ろしました。

 

クイーンは

帰りたくなさそうでしたが

今のナビエは、クイーンと

遊んでいる場合では

ありませんでした。

 

ナビエは

ジュベール伯爵夫人に

お水を持ってくるように頼むと

 

クイーン、水を飲んで休んだら

帰るのよ。わかった?

 

と言って、

クイーンの額にキスをし

急いで部屋を出ました。

f:id:myuieri:20210605060226j:plain

◇金の要求◇ 

前の日は遅い時間だからと言って

ロテシュ子爵を

追い返すのに成功しましたが

彼は、朝早くから

再びラスタを訪れたので 

彼女は気が滅入りました。

 

彼がコーヒーを飲んでいる間

ラスタは、

コーヒーカップを投げたい衝動を

堪えていました。

 

ロテシュ子爵は

再び貴族たちが

ラスタに会おうとしているのは

自分のおかげだと

言いました。

 

ラスタは、ロテシュ子爵ではなく

エルギ公爵のおかげだと言っても

彼は、エルギ公爵が

ラスタの味方になったのは

自分のおかげだと 

かましいことを言ったので

ラスタは苦笑いをしました。

 

そしてロテシュ子爵は

ラスタにお金を要求しました。

 

ラスタは予想はしていたものの

こんなに朝早くから訪ねて来て

お金を要求されるとは

思っていませんでした。

 

どうして、このような人間が

多いのだろうか?

 

とラスタは思いました。

 

ラスタは昔から

ロテシュ子爵が嫌いでしたが

今は最高に嫌だと思いました。

 

以前の彼女は

何も持っていなかったので

権力を持っている

ロテシュ子爵への嫌な感情を

押し込めてきましたが

彼への恐怖心が収まると

抑え込んでいた嫌な感情が

表面に出てきました。

 

ラスタは、

 

エルギ公爵が現れるまで

ロテシュ子爵は

何の役にも立たなかったこと、

エルギ公爵は

自分が奴隷出身であることも

気にしないから

そのことで脅迫しないようにと

冷たく言いました。

 

ロテシュ子爵は

そんな話を信じるなんて

ラスタはまだまだだねと

言ったので

彼女は鐘を鳴らして

彼を追い返そうとしました。

 

しかしロテシュ子爵は

鐘を脇へ追いやり

口止め料はともかく

子供の養育費を出すのが筋だ

と言って

ラスタに100クルートを

要求しました。

 

ラスタは宝石箱の中から

最も小さくて

みすぼらしい指輪を

3つ取り出して

ロテシュ子爵に差し出しました。

 

ロテシュ子爵にあげるのは

もったいないと思いましたが

赤ちゃんの噂が流れるよりは

ましだと思いました。

 

ラスタは

彼が赤ちゃんを連れてくる前に

彼の領地へ行って

赤ちゃんのことを調べなければと

思いました。

 

もし偽物だとわかったら

ロテシュ子爵が何を話そうと

気が狂っていることに

すればよいと思いました。

 

ロテシュ子爵は帰り際に

ナビエとソビエシュが

別宮へ行っていることを

指摘し

皇帝がラスタに飽きたら

すぐに追い出されるので

自分の助けを受けることについて

よく考えるように。

次はもっとましな態度を

期待すると言いました。

 

f:id:myuieri:20210503060813j:plain

◇病気を心配するよりも◇ 

数時間後に訪ねて来た

ラント男爵から

ソビエシュの具合が悪く

宮殿へ戻ってくるのが

遅れると話を聞いたラスタは

ますます不安になりました。

 

ラスタの顔が青白くなったので

ラント男爵は

大したことはないので

心配しないようにと言いました。

 

けれども、ラスタには

ラント男爵の言葉が

耳に入りませんでした。

 

本当に体調が悪くなったのか?

2人で一緒にいるうちに仲良くなって

もっと遊んで来ようと

しているのではないか。

体調が悪い時にそばにいれば

自然と気持ちも和らぐもの、

皇后が看病しているうちに

皇帝の気持ちが

ナビエに移るかもしれないと

ラスタは思いました。

 

彼女は別宮へ行きたいと

ラント男爵に訴えましたが

断られました。

 

翌日、ソビエシュの滞在が

1週間ほどになることを聞き

ラスタは、一層不安になりました。

 

私が側室になる前も

皇帝と皇后はロマンティックな

関係ではなかった。

何年もそのように過ごしてきて

急に近づくはずがない。

 

と考えて、

気を静めようとしましたが

うまくいきませんでした。

 

ロテシュ子爵の脅迫と

赤ちゃんと

ナビエに対する不安で

ラスタの心は揺れていました。

 

ロテシュ子爵が来てから3日後、

元気のないラスタに

エルギ公爵は大丈夫かと

尋ねましたが

 

ラスタの

 

具合の悪い皇帝を

皇后が看病しているけれど

皇帝はラスタのことだけを

考えているから

皇后が気の毒だ。

 

という言葉に大笑いしました。

 

エルギ公爵は

皇后が再び皇帝に近づくのが

心配なら

自分が皇后を誘惑すると言いました。

 

ラスタは

しばらく瞬きをしていましたが

すぐに首を横に振りました。

 

そして、

 

皇后はずっと

良いものばかり見て生きてきたから

ごく普通の男性に

惹かれるでしょう。

皇后に恋人を付けてあげるなら

もっと平凡な人が

いいのではないでしょうか。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ラスタとキスをしていた夫と

キスをするのは

気持ち悪いと思った

ナビエの気持ちが

すごくよくわかります。

 

けれども、男性は

そのような女性の感情を

理解し辛いのではないかと

思います。

 

それでも、ソビエシュが

ナビエを

ただの同僚に思えると

言わないで

なぜ彼女がキスを拒んだのか

その理由を少しでも

考えてあげれば良かったのにと

思います。 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain