自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第105話 ナビエとハインリ、東大帝国に到着

f:id:myuieri:20210206055100j:plain


再婚承認を要求します105話をお届けします。いよいよ東大帝国に到着します。

 

◇馬車の中での恥ずかしい出来事◇ 

ナビエは、クイーンを抱きしめたまま

眠ってしまいました。

 

クイーンを抱いていることで、とても安心したのでしょうね。

 

ハインリは、ナビエが寝ていることが

わかったので

片方の翼を、そっと抜きました。

ナビエが起きないとわかると

もう片方の翼も抜きました。

そして、両方の翼で

ナビエの腕と手を覆いました。

 

ハインリの優しさが、ひしひしと伝わってきます。

 

クイーンは、ナビエの胸に抱かれたまま

翼でナビエの腕を抱いて

そのまま一緒に寝ていたかったのですが

突然の衝撃で、ナビエの身体が

横に飛ばされました。

クイーンは翼で

ナビエを支えようとしましたが

翼が短くて、支えられませんでした。

 

何が起こったのでしょうか、心配です。。

ナビエは側頭部に強い痛みを感じ

気が付けば、馬車の床に斜めに倒れていて

クイーンは、ナビエの胸に閉じ込められたまま

ぶら下がっていました。

 

クイーンの翼が折れていないか

ナビエは確認しましたが

大丈夫そうでした。

二人が無事で良かったです。

ナビエが周囲を見回すと

馬車が傾いていました。

窓を開けようとすると

ユニムが、

 

殿下、大丈夫ですか?

 

と声をかけてきました。

けれども、ハインリは鳥になっているので

答えることができませんでした。

ナビエは、大丈夫と答えましたが

ユニムは、もう一度ハインリに

声をかけました。

 

ナビエは

 

人間に戻って

 

とハインリに囁き

彼の服を隣に置いて、目を閉じました。

 

すると、

 

そんなに心配しないで。

 

と優しい声が聞こえました。

 

自分の夫が鳥だなんて可愛い。

 

ハインリがカサカサ音を立てている間

ずっと笑っていたナビエでしたが

馬車が再びガタガタと揺れたので

ナビエは、反射的に目を開けて

馬車の横をつかみました。

それと同時に

大きな身体がナビエを抑えつけました。

ハインリの身体でした。

ナビエの目と鼻の先に

ハインリがいました。

彼も戸惑っていました。

 

たぶん、まだ裸ですよね。ドキドキ。

 

顔が近づきすぎているので

他の部分は見えませんが

ハインリの身体がナビエの上にあるので

彼女は、恥ずかしさを感じていました。

 

ハインリは

 

わざとではありません。

 

と言いながら、ナビエの上から

退こうとしたのですが

今度は、ナビエのスカートにつまずき

2人は鼻がぶつかりそうなくらい

近づきました。

 

ハインリは立ち上がろうとすると

再び、スカートにつまずき

倒れました。

ナビエは慌てて、

ハインリの身体を押しますが

手で彼の裸に触れるのが

恥ずかしく思いました。

 

馬車の床いっぱいに

ナビエのスカートが広がっているので

ハインリは立ち上がろうとする度に

滑って倒れました。

ナビエがゴソゴソと動くと

ハインリはうめき声をあげて

泣きべそをかきました。

ハインリが泣きべそをかくなんて、一体、何が起こったの?

 

もしかして、ハインリを踏んでしまったのか

ドレスの飾りで、彼を刺してしまったのかと

心配していると、

ハインリは、刺激があるので、

動かないようにとナビエにお願いしました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

この後ですが

内容をよく理解できないので

省略します。

おそらく、 ハインリの大事な部分が

どこかに挟まったのかと

思うのですが

抽象的な言い回しをしていて

よくわかりません。

ナビエが、少しだけ我慢できる?と言って

スカートの裾を集めて

と書かれているので

ナビエがハインリを助けてはいることは

確かです。

マンガが公開されるまでの

お楽しみ・・・ということで。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

 

ナビエがハインリを救出すると

彼は服を着て、馬車から出ていきました。

ナビエは、馬車の扉を少し開き

ハインリを見ると、彼の服はしわくちゃで、

首も顔も赤くなっていて

首筋には、口紅の跡が付いていました。

ローズが、ちらっと顔を

ナビエの方に向けたので

彼女は慌てて、ドアを閉めました。

ローズが考えているようなことは何もしていないのに、 変なところばかり見られてしまって、ツイていないナビエです。 

f:id:myuieri:20210130134033j:plain

◇ 東大帝国に到着、両親との再会◇

その日以降、馬車にトラブルが起きることもなく

数日後、無事に東大帝国に到着しました。

ハインリと顔を合わせた時は

馬車での出来事を思い出して

ぎこちなくなりましたが、

最大限に努めて、平静を装いました。

 

東大帝国の首都に入ると

馬車での出来事を忘れてしまうほど

緊張していました。

馬車の窓を半分開けると

人々が馬車を見ているのがわかりました。

彼らがナビエのことをどう思っているか

気になりました。

ナビエは暗い顔をしていたのか

ローラとシュベール伯爵夫人が

気にしないようにと言ってくれました。

ナビエは微笑んで、平気な振りをしました。

 

f:id:myuieri:20210130125701j:plain

東大帝国の宮殿に入る前に

ナビエとハインリは

トロビー公爵家に立ち寄り

ナビエは、両親と再会しました。

 

ナビエは話したいことがたくさんあり

食事の時も、絶えず話をしていたところ

その姿をハインリが不思議そうに見ていました。

ハインリは、

ナビエがそんなにおしゃべりをするところを

見たことがなかったので、

不思議に思ったようです。

確かに、ナビエはいつも静かで、おしゃべりに夢中になることは、あまりないかも。

ハインリは、

ナビエの両親と仲良くなる目的を果たすために

よく、彼らに話しかけていました。

 

f:id:myuieri:20210130171304j:plain

◇そして、東大帝国の宮殿へ◇

翌日、ナビエとハインリは

宮殿へ向かいました。

宮殿の正門を通り過ぎると

ナビエは、緊張感よりも

ソビエシュからの手紙を

受け取った時と同じような

複雑で奇妙な何とも言えない気持ちを

感じました。

 

外に見える風景は見慣れていて

以前は、ナビエの手が届いていたのに

今は、それがかないません。

 

ナビエの気持ちと同化して、私もせつなくなりました。

馬車が止まった時

ナビエの心臓もガタガタ鳴ったような

気がしました。

ナビエとハインリが馬車を降りると

彼らを迎えてくれたのは

ソビエシュの秘書のピルヌ伯爵でした。 

 

彼は、外国からのVIPを迎えるための

白いバラの部屋に2人を案内しました。

その部屋の中には

ソビエシュと貴族たちがいました。

 

ソビエシュとナビエは、

少しの間、見つめ合っていましたが

ピルヌ伯爵に促され

ようやくソビエシュは

ナビエとハインリに歓迎の言葉を

述べました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206131230p:plain

この場面ですが、

登場人物1人1人のやりきれない気持ち

せつない気持ち、悲しい気持ち

何とも言えない気持ちが感じられて

読んでいて、心が痛みました。

東大帝国の皇后だったナビエが

西王国の王妃となり貴賓として扱われる、

どうして、こんなことになってしまったのか。

皆、黙っていても、ソビエシュのせいだと

思っているに違いないのではと思います。

 

マンガでは、どのように描かれるのか

気になります。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

◇イラつくラスタ◇

結婚式の招待客の中にナビエがいることを

ラント男爵から聞いたラスタは

イライラして、爪を噛みちぎりました。

 

ラスタは、

完成したドレスをチェックしていたデザイナーに

髪飾りから宝石まで、すべて華やかにするようにと

命じました。

 

ラスタの言い分は

 

人々は、ラスタと廃妃を比較する。

廃妃は、自分が去った国に来たから

自尊心が傷つかないように、

周到に準備してきたはず。

 

でしたが、目の肥えたデザイナーは

ただでさえ華やかなドレスに

アクセサリーを華やかにしたら

服を着ているのではなく

服に負けてしまうと助言しましたが、

ラスタは、聞き入れませんでした。

デザイナーは仕方なく

華麗なアクセサリーを揃えて帰りました。

ハンガーに掛かったドレスを見て

これなら、ナビエに負けることはないと思う

ラスタでしたが

まだ焦る気持ちは消えませんでした。

しばらく、ウロウロしながら

考え事をしていましたが

良い案が浮かびました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206131227p:plain

良い案って、何なのでしょうね。

ラスタの考えることって、

いつも、ろくなことではないような・・・

 

貧しい女性が、王子様や

お金持ちの男性と結婚する

シンデレラストーリーは

たくさんありますが

主人公が素直になり

周りの人たちの助言を聞いて

それに従い、

そして自らも色々なことを学び

自分を成長させていかないと

自分が育ってきた環境とは

全く違う世界で生きていくことは

難しいと思います。

 

皇后の資質を備えていないラスタが

権力を持ってしまうことは

とても怖いことだと思います。

 

次回は、いよいよソビエシュとラスタの

結婚式のシーンです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain