自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第116話 あらすじ 結婚式

 


f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第116話をお届けします。ハインリとの初夜のことを考えている時にカフメン大公に会ったナビエでしたが・・・

 

◇ゴミはリサイクル◇

ナビエは、カフメン大公に

挨拶をしようと思いましたが

その前に、彼は

どこかへ行ってしまいました。

 

好きな女性が他の男性との初夜のことを考えていたら嫌ですよね。

 

近くにいた侍女たちが

結婚式の準備をしないといけないと

言って、ナビエを急き立てたので

カフメン大公の後ろ姿を見た後で

離宮へ戻りました。

 

ハインリは、遠ざかるナビエの

スカートの裾を眺めながら

彼女が、

 

あえて東大帝国とトラブルを

起こす必要はないのでは?

 

と言ったことが

気になっていました。

 

ナビエは違う意味で言ったと思うけれど

ソビエシュが、

 

きみの裏の顔を見たら、

ナビエはきみの元から去る

 

と、不吉な警告をしていたからです。

 

トイレへ行くと言ったまま

帰ってこないハインリを探しに来た

マッケナに、ハインリは

 

私が身体だけ純潔なゴミだとわかれば

クイーンは彼の所へ

戻ろうとするだろうか?

 

と尋ねました。

 

マッケナは臣下として

適切な慰めをしようと思いましたが

それよりも先に

親しい従弟としての

慰めの言葉が出てきてしまいました。

 

リサイクルしてくださるでしょう。

安心してください。

 

f:id:myuieri:20210217053622j:plain

◇結婚式の前◇

いよいよ結婚式の日。

今日から西王国の王妃・・・

ではなく

国名が変わるので

西大帝国の初代皇后になると

思うと緊張と感動が

ナビエを襲いました。

 

西王国は西大帝国になるための

基礎はしっかりできているけれども

色々と変えなくてはいけない部分があるので

ナビエの代で、調整する必要があると

思いました。

結婚式前に、そんなことを考えるなんて、ナビエは根っからの皇后ですね。

そんなことを考えていると

しかめっ面をしてしまったのか

 

額につやを出す真珠の粉を塗っているのに

しかめっ面をするので

固定する前に、落ちてしまいます。

 

ジュベール伯爵夫人に

怒られました。

 

ナビエは、

化粧のノリを良くするために

前の晩は、何も考えずに早く寝て

朝起きるとすぐに、

3種類のお風呂に入り

肩と首のラインを整える

マッサージを受けました。

その後、化粧とヘアメイクだけで

数時間、かかっていました。

 全身の筋肉が痒くなり始めた頃

ようやく支度が終りました。

 

ナビエは鏡に自分の姿を映しました。

ラスタのように、

一つ一つはきれいなのに

集めると、滑稽に見えたら困ると

思いましたが

ナビエは、ウェディングドレスを着た自分の姿を

とても気に入りました。

 

西王国は宝石の産出国なので

ハインリは、ドレスのスカートに

細かく宝石を付けさせました。

スカートが動くと

宝石が光を受けてキラキラ輝いていました。

 

いよいよ結婚式ですよ。

 

◇結婚式◇

f:id:myuieri:20210113175144j:plain


すでに誓約を交わしているので

形式的に結婚式を挙げるだけなのに

不思議と、ナビエの手のひらが

ムズムズしました。

おそらく、

ハインリも緊張しているだろうなと

思いました。

 

ドレスにシワができないように

立ったまま、ウロウロしていたナビエでしたが

ようやく、呼ばれたので

式場に入り

花嫁の道をゆっくりと歩いていきました。

反対側からハインリが歩いてきて

目が合うと、明るく笑いました。

 

花嫁の道、それは

召使なしに一人で暮らした道

その道の上にはソビエシュもいました。

苦々しく思う前に

ハインリとナビエの道が合わさり

ハインリはナビエの手を握りました。

そして2人で大神官の前に進みました。

 

自分を結婚式に招待しないようにと言っていた
大神官は、気難しい顔をしていましたが
2人を見て軽く笑いました。
大神官は神聖な本を広げて
手順に従い、ハインリに尋ねました。
 
2人は半分、それぞれの道を歩いてきて
半分は共に夫婦の道を歩いてきました。
ハインリ・アレス・ラズロは
残りの道をナビエ・エリー・トロビーと
共に歩くことを同意しますか?
 
少しフレーズが違うと思い
ナビエは驚いて大神官を見ると
彼はいたずらをしているかのように
笑っていました。
すでに、東大帝国で結婚の誓いを済ませていたので
適当に言葉を変えたようでした。
しかし、ハインリが
 
少々お待ちください。
 
と言うと、大神官から笑みが消え
貴賓席からざわめきが起こりました。
前日、話に聞いていた通りの進行なので
ナビエは人々の反応を見ながら
静かに待っていました。
しかし、最初に見えたのは
ラスタの笑っている顔でした。
お祝いの日に、
わざわざ自分がひどい目に会うことを
期待している人を
確認する必要はないとナビエは思いました。
 
ハインリは静かに笑いながら
 
今、この瞬間から西王国は西大帝国となり
私ハインリ・ラズロは西大帝国の帝王となり
君臨します。
 
と宣言しました。
 
前もって話を聞いていたハインリの最側近たちが拍手をすると
次第に拍手が大きくなり
ホール全体に響き渡りました。
 
ソビエシュは青白い顔をしていましたが無表情でした。
ラスタは、ナビエの王冠が奪われたと思っていたようでした。
 
ハインリは大神官に向かい
 
私、西大帝国皇帝ハインリ・アレス・ラズロは
皇后ナビエ・エリー・トロビーを夫人として
迎えることに同意します。
 
と言いました。
1人で話しているハインリに、大神官は
眉間にしわをよせましたが
すぐにナビエの呼称を変えて聞きました。
 
西大帝国の皇后ナビエ・エリー・トロビーは、
皇帝ハインリ・アレス・ラズロとの結婚を
受け入れますか?
 
ナビエが受け入れますと答えると
大神官は、東大帝国で書いた誓約書を差し出し
王と王妃と書かれている部分に線を引き
横にもう一度サインをするように
言いました。
 
2人のサインが済むと
大神官は結婚が成立したことを宣言し
神聖な本を閉じました。
先ほどより、大きな歓声が上がりました。
 

◇披露宴◇

 
披露宴が始まり
最初にハインリとナビエが踊りました。
 
2人共、その日の夜のことを
考えているようでした。
ハインリは、自分の頭の中を
のぞける人がいなくて、幸いだと言いました。

カフメン大公はのぞけるのですが・・・

ナビエは、人々の中に、
カフメン大公をちらっと見かけましたが
ダンスをしている間に
彼はいつの間にかいなくなっていました。
 
昨日も今日もカフメン大公の顔がとても暗いのは
薬のせいで大好きになっている私が結婚したので
嫉妬しているのかしら。
 
とナビエは思いました。
カフメン大公のことを気にしているナビエに
ハインリは、
 
自分だけを見るように
クイーンは私の女で、私はあなたの男である。
私たちはお互いを所有している
 
とつぶやきました。
 
ハインリは自分より何歳年下なのか
私より身体は大きいのに、
可愛いなと思いました。
意外と欲張りなのか
結婚を所有と表現する人を初めて見ました。
ダンスが終わると、2人は
玉座に座りました。
給仕がお盆いっぱいに食べ物を持ってきてくれました。
 
ハインリは、ナビエに食べさせたがっていましたが
彼女は、2人だけの時にと言って断りました。
 

f:id:myuieri:20210217174044j:plain


時間が経つと、他の貴族たちも
舞台に出て踊り始めました。
西大帝国に改名したので、
一般的なパーティーより
盛り上がっているような気がしました。
 
そういえば、ハインリの友達と言いながら
エルギ公爵が結婚式に
来ていないと思いました。
ナビエは、ハインリに
なぜエルギ公爵が来ていないか尋ねると
招待状を送ったけれども、来なかった
理由はわからない、と答えました。
 
ハインリはマッケナと話し始め
コシャールが来たので
ナビエは言葉を交わしましたが、
手紙を送って来たと思われる
令嬢たちが、ナビエたちの方を見ていたので
 
私のそばにばかりいないで
彼女たちと踊って遊んできて
 
と言って、そちらへ兄を行かせました。

だって妹が大好きなんだもの。

ナビエの役に立ちたいと思ったのか
コシャールは、令嬢たちに
声をかけていました。
 
ニアンがやって来て、
 
再び皇后陛下になられたのですね。
その呼び方が似合います
 
と言いました。
ニアンのそばにいた見知らぬ貴族たちが、
相槌を打ちました。
ニアンは、いつの間にか
自分の勢力を広げつつありました。
マレーニは近くにいましたが
目が合うと、そっと笑いながら
密かに合図を送って来ました。
 
ハインリの最側近の高位貴族たちは
最初から近づいて
露骨に好感を示していました。

ソビエシュは、落ち着いてはいましたが
近づいてくる人を遮ぎり
一人でお酒を飲んでいました。
 
外見だけは華やかで美しく
目立ちたがり屋のラスタが
不思議と目に入りませんでした。

中身は最悪・・・

どうやら、トゥアニア侯爵婦人とランドレ子爵に
見つからないように、逃げ回っていたようでした。
 
ラスタはクリスタの気持ちを刺激するために
あちこちぐるぐる回った後
ようやくクリスタに近づきました。
しかし、その前に
突然団扇を広げる音がして、
けたたましい笑い声が聞こえてきました。
そちらへ顔を向けると、
トゥアニア公爵夫人が
騎士と貴婦人たちに囲まれてこちらに
に近づいてきました。
刀を持ってかかってきたランドレ子爵。
恐怖心で、ラスターは慌ててその場を去りました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ようやく結婚式の場面になりました。

小説版で116話なので

マンガ版では、

まだまだ先になりそうですね。
ラスタの企みも気になりますが

カフメン大公も

何やら不穏な動きが・・・

次回はいよいよ初・・・

f:id:myuieri:20210206060839j:plain