自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 先読み ネタバレ小説版 第117話 あらすじ 初めての夜とナビエを探すソビエシュ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

117話 結婚式が終わり次はドキドキの・・・

◇初めての夜◇

f:id:myuieri:20210218141942j:plain

披露宴が終わり、

恐れていた時間がやって来ました。

ナビエがリードをしなくてはいけない

初夜が迫っていました。

果たしてうまくやりこなせるだろうか

リードした経験はないし、

しようと思えばできるかもしれないけれど・・・

 

頭の中で、

 

大変だ、大変だ

 

の言葉が繰り返されるうちに

時間が経ち

結婚式をしていないという理由で

入れてもらえなかった皇后の部屋へ

案内されました。

f:id:myuieri:20210218141811j:plain


寝室は共用で使うと聞いていましたが

部屋に入ると、個人のベッドもありました。

そして、ハインリが

金色に飾ってくれた部屋全体が

金色に輝いていたので、

侍女たちは感嘆の声を上げました。

そして、侍女たちはローズに案内されて

彼女たちの部屋を見に行きました。

 

ナビエは、ふかふかの布団を押しながら

この部屋の扉を開けた時の

ユニムの顔を思い出して、笑いました。

意外に平然と振舞っていたので

自分に対する敵愾心も

抑えられてきたのかなと

思いました。

 

侍女たちが戻ってくると

彼女たちの部屋も、とても豪華であると

楽しそうに教えてくれました。

その後、一瞬、静かになったかと思うと

彼女たちは、にやにやし始めました。

そろそろお風呂に入って

寝室に行く時間だと考えていることが

わかりました。

 

早くお風呂に入りましょう。

 

最近流行っている

バラとユリの香りの香水があります。

 

雲に入っているような入浴剤が

あります。

 

侍女たちが話しながら

ナビエの背中を押しましたが

彼女は、堪えました。

 

ナビエは

 

まだ陛下はお部屋に入られていないし

少し風に当たりたいです。

 

と言って、ベランダに出ました。

 

ナビエは、顔の火照りを

夜風で冷ましたいと思いました。

 

今日を起点に

ハインリと私の仲も少し変わるだろう。

それが正しいかどうかはわからないけれど。

 

ナビエは、その前の最後の瞬間の

ムズムズした気分を

楽しみたいと思いました。

 

ナビエは披露宴が行われている

パーティー会場を見ました。

楽しんでいる人々の様子が

見えました。

 

すると、カフメン大公が1人で

ぼんやりとベランダに立っているのが

見えました。

顔は見えないけれども

とても寂しそうに見えました。

 

ナビエは

カフメン大公の独り言と

直接話している言葉が

混ざっているのは

面白いと思っていました。

 

けれども

強制的に恋煩いにさせてしまう

恋の妙薬は、本当に怖い薬だと

思いました。

もっとも、カフメン大公が

恋煩いになったのは

自分の責任なのですが・・・

 

その時、カフメン大公が

ナビエの方を見ました。

遠くからでも

彼と目が合ったような気がしました。

 

ナビエは

カフメン大公が、自分に

どのような気持ちを抱いているか

知りながら

ハインリとの初夜を控えている自分が

彼と挨拶をすることはできないと思い

近くを少し歩き回った後に

部屋の中に入りました。

f:id:myuieri:20210218142424j:plain

 

ナビエは、

雲のように泡がいっぱい広がっている

浴槽に入りました。

浴槽から上がった後は

バラとユリの香りの香水を塗り

再び水で身体を洗った後

ウェディングドレスと一緒に用意した

ガウンを着ました。

 

鏡を見ると

いつもより、色情的な顔をしているような

気がしました。

ナビエは、意を決して

侍女たちに出ていくように命じました。

 

寝室は、

ナビエの部屋と

ハインリの部屋の間にあり

寝室から廊下へ出る扉はありません。

寝室に入るには、ナビエの部屋か

ハインリの部屋を通る必要があり

侍女たちも許可なしで

その中に入ることはできないと

ナビエは聞いていました。

f:id:myuieri:20210218141724j:plain

扉の内側から物音がしたので

ナビエは深呼吸をしてから

ゆっくりと歩いてドアノブに手をかけ

勇気を出して、扉を開きました。

 

寝室にはベッド以外の家具はなく

その下には柔らかな

カーペットが敷いてありました。

元々、皇帝と皇后のベッドは大きいのですが

寝室においてあるベッドは、

それよりもさらに大きいものでした。

あちこちに、

カスミソウの花束が置かれているので

索漠とした感じはありませんでした。

 

理由はわかりませんが

ベッドからほのかな光が出ていました。

部屋を見回すと

 

クイーン

 

とナビエを呼ぶ声がしました。

ハインリは、

ナビエと同じようなガウンを着ていましたが

腰ひもを緩く結んでいたので

上半身のほとんどが見えている状態でした。

ナビエはハインリの視線を避けていましたが

ハインリは、ナビエの後ろから腰を抱いて

耳元にキスをし、頬にキスをし

再び耳元にキスをしながら

 

早く教えてください。

 

と囁きました。

ナビエは気まずくて涙が出そうでした。

 

彼女が、

 

ベッドへ行きます。

 

と言うと

ハインリは、小さく笑って

ナビエを見ながら

後ろに下がり

ベッドに座って膝を広げ

両手を伸ばしました。

 

ナビエはハインリに近づき

彼の膝の間に立ちました。

ハインリは、

何も知らないという眼差しで

ナビエを見上げました。

ナビエはハインリの首に

かかっていた髪を

手で避けました。

 

ハインリは、

ナビエの思い通りにしてといった風に

目を閉じて、顔を上げました。

その姿は、大きくておとなしい子犬のようで

ナビエは可愛いと思いました。

少し勇気が出てきました。

ナビエは何度か、

ハインリの額に軽くキスをして

 

ベッドに上がります。

 

と囁きました。

 

ハインリがベッドに上がり

引き続きナビエも上がりました。

 

ハインリのガウンの腰ひもをほどくと

上半身が全て露わになりました。

ナビエは、

ハインリのお腹の上に座りました。

 

ハインリは我慢できないといった様子で

イラ立ちを見せ

ナビエの太ももに手を置きました。

 

ハインリが

 

上から見下ろすとどうですか?奥さん

 

と尋ねたので、ナビエは

 

きれいです、いやらしいわ。

 

と答えました。

 

ナビエが、

ゆっくりとハインリの身体を撫でると

彼は感嘆の声を上げましたが

ハインリも、コソコソ手を動かしているので

ナビエは、彼の腕をつかんで

ハインリの顔の横に押し付けました。

 

そして、

 

今日は、私がリードするって

言ったでしょ。

 

と言って、ハインリの頬に

何回か軽くキスをして

ゆっくりと彼の唇に

自分の唇を重ねました。

そして、彼のズボンを下げました。

そちらの準備はできていました。

 

ナビエは、

 

私の悪賢いワシ

 

と言って笑いだすと

ハインリは耳まで真っ赤になり

 

恥ずかしいので

キスをしながらやってください。

 

と言いました。

ドキドキしちゃいました。とても素敵なシーンです。

 

◇ナビエを探すソビエシュ◇

ソビエシュはナビエが出て行ってすぐに

自分の部屋へ戻りました。

頭がクラクラして気分が悪くなりました。

吐き気がして、

心臓が破裂しそうでした。

 

ハインリの手を握って笑っていた

ナビエの姿が

目の前にちらつきました。

 

今頃、初めての夜を過ごすために

部屋に入ったのだろうか。

 

そう考えると、

目の前が真っ白になりました。

ナビエがハインリのそばで笑い

彼と踊り

ハインリがナビエに親しそうにするのが

嫌でした。

怒りが抑え込まれるほど

ソビエシュの心臓は痛くなりました。

 

私の隣で笑っていた妻が

他の男のそばにいるなんて

 

そう考えただけで

彼の頭の中は

血でいっぱいになったような

気がしました。 

 

ソビエシュは、幾度となく

ナビエの名前を呼びました。

ソビエシュは、

自分がラスタを連れてきた時

ナビエも、こんな気持ちを感じていたのかと

思いました。

ナビエが、何のそぶりも見せない姿に

腹が立ったけれども

こんな気持ちを抑えていたのかと。

 

今さら気づいても遅いです。

いや、こんな気持ちを抑えることはできないから

ナビエは自分に関心がなかったのだろう。

だから平気だったのだろう。

むしろ、その方が幸いだ。

ナビエがこんな気持ちになったら

あまりにも恐ろしいことだ。

 

と思いました。 

ナビエは皇后なので平静を装っていただけで、こっそり苦しんでいました。それを慰めていたのがクイーンでした。

ソビエシュは、酒に酔っているせいか

目の前に、戴冠式の日のナビエの姿が

見えました。

 

端正な顔をしわくちゃにして

叱るように

 

お急ぎください、陛下。

みんな、来ています。

 

と言うナビエ。

 

足に力が入らない。

 

とソビエシュが言うと

 

何しているの?

 

ぶっきらぼうな声で

ソビエシュを

じろじろとにらみつけて

 

早く来てください。

 

と言って、また手を差し出す。

 

ソビエシュが、本当に歩けないと言うと

 

手をつなげばいいでしょ。

 

と言って、また手を差し出すナビエ。

これは戴冠式の日の記憶ではなく

それより少し前の

ソビエシュが、

初めて酒に酔った時の出来事でした。

ソビエシュは手を伸ばして妻の手を

握ろうとしましたが

手と手がかさなる瞬間、

ナビエの幻が消えました。

起き上がろうとした彼は、

ころんで、窓枠に頭をぶつけました。

 

頭の痛みよりも、

ナビエの幻が消えてしまったことの方が

恐ろしく、

ソビエシュは、ナビエの名前を

何度も呼んで

ナビエを探しました。

 

ソビエシュは

扉を開けて外へ出て行きながら

ナビエの名前を叫びました。

 

驚いたカルル侯爵が

ソビエシュを無理やり部屋へ戻らせ

ベッドに寝かせました。

 

ソビエシュは、カルル侯爵に

 

ナビエが行ってしまった。

 

と訴えました。

カルル侯爵は

酔いを醒ます薬を持ってくるように

護衛に指示しました。

 

子守歌を歌ってもらおうと

ソビエシュを訪ねてきたラスタは

その様子を見て、

廊下に立ち尽くした後

慌てて、戻っていきました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206131230p:plain

自業自得とはいえ

今回のソビエシュは、ちょっぴり

可哀そうだと思いました。

ソビエシュにとって、

どれだけナビエが大切だったか。

ナビエを失う前に

わかっていれば良かったのにと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain