自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 先読み ネタバレ 小説版 第125話 あらすじ 娘のことを頼む両親 妹の行方

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ナビエ抜きで両親と話をすると言ったハインリでしたが・・・

◇娘婿に頼みたいこと◇

トロビー公爵夫妻への

公式の歓迎の挨拶が終ると

ハインリは、2人を

ナビエの所へ

連れて行こうとしましたが

夫妻は、ナビエ抜きで

ハインリに伝えたいことがあると

言いました。

 

最初にナビエ抜きでと言ったのは、トロビー公爵夫妻だったのですね。

 

トロビー公爵夫妻は

普通の両親が頼むように

 

娘のことをよろしく

 

とハインリにお願いしました。

 

2人は、コシャールとナビエを

溺愛していました。

コシャールのことは

心配だけれど

彼の問題は自分自身で

何とかすれば良いと

思っていました。

 

しかし、結婚生活は

夫婦のどちらか一方が

めちゃくちゃだと

壊れてしまいます。

夫妻はナビエのことを

心配し過ぎたので

一国の帝王である娘婿に

恥を忍んで、娘のことを

頼んだのです。

 

ソビエシュとのことを考えると、夫妻がナビエのことを心配し過ぎても仕方がないですよね。

 

ハインリは、

 

妻を愛しているので

安心してください。

片思いですけど。

 

と伝えました。

 

ハインリは心の中で

 

最初の婿が

めちゃくちゃだったから

2人の不信感を拭うには

行動で示すしかない

 

と思いました。

 

ハインリは

 

ナビエの好きな物

子供の頃の話

嫌いな物

鳥が好きかどうか

子供の頃の肖像画が残っていないか

自分の話をしていないか

 

と2人に尋ねました。

夫妻は、誠意を持って

答えてくれました。

 

しかし、ナビエが可愛がっていた

大きな犬については

返答に困りました。

 

その犬は薄い金色の毛を持ち

背が高くてハンサムだ

 

と答えようとした時

目の前にいる皇帝と

同じ容貌のように

思えたからです。

雰囲気も良く似ていると

夫妻は思いました。

 

f:id:myuieri:20210226175426j:plain

両親との夕食時

父親は、泣き出すし

それをなだめる母親も

感情がこみ上げてくるのか

ナイフを握ったり

放したりしていました。

それを見ていたハインリが

奇妙な顔をしても

2人はそれに気づきませんでした。

それでも、2人に会えて

良かったと

ナビエは思いました。

◇復習◇

寝室で、ナビエはハインリに

両親と何の話をしていたか

尋ねましたが

 

悪口は言っていない。

両親との間に

義理があるから

 

と言って

教えてくれませんでした。

けれども、

両親は、徹底的に

礼儀を守ろうとしてはいたが

東大帝国にいた時より

ハインリと両親の距離が

縮まったように

ナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210226175321j:plain

ハインリは、

ナビエの横をトントン叩きながら

 

奥さん、いつまで本を読むのですか?

 

とナビエに尋ねました。

ナビエは、明け方までに

宮廷人についての資料を

読むつもりだったので

ハインリに先に寝るように

言いましたが

彼が、自分の隣で読むように

頼んだのでした。

 

ナビエが、

 

眠くなるまで

 

と答えると

ハインリはため息をついた後で

コソコソとナビエの近くへ

移動し

彼女の足の上に頭を置いて

ふくらはぎにキスをしました。

自分の邪魔をされないように

軽くハインリの髪を

引っ張ると

彼は、いやらしく笑いながら

自分のガウンのひもを

ほどきました。

 

習ったことを全部忘れそうです。

奥さん。

復習をしないといけないのに

1人で放っておくのですか?

 

ナビエはハインリを見下ろすと

彼はナビエの手首の内側に

キスをしました。

 

これでも
ほったらかしにしておくの?

 

と言われたような気がして

ナビエがため息をつくと

ハインリは勝利の笑みを浮かべて

ナビエの持っていた本を

横に置きました。

 

あっという間に

ハインリがナビエを見下ろし

彼は、ナビエの額と瞼と

耳元にキスをして

囁きました。

 

しっかり学んだか

確認してください。

 

◇愛の痕跡◇

ハインリと朝食を食べた後

自分の部屋に戻ると

お風呂の用意がしてあり

ナビエの世話をするため

ローラが待っていました。

ナビエは、

 

今日はお風呂に入るのを

助けてくれなくても

大丈夫なので

部屋に戻って休むように

 

とローラに伝えました。

彼女は、ここで待っていて

服を着替えるのを手伝うと

言いましたが

それも断りました。

 

ナビエは浴室に戻り

ガウンを脱いで

鏡に映った自分の姿を

見ました。

あちこち、まだらで

鏡を見るのも

恥ずかしいくらいでした。

 

体のあちこちにキスをするのも

鳥の習性なのだろうか。

それとも、

他の人も、こんなことを

するのだろうか。

こんなことは誰にも

聞けないし・・・

 

鳥だけの習性ではないですよ。

ナビエは明け方のことを

考えると

顔から火が出そうになり

急いで湯舟に浸かりました。

 

お風呂の中で何度もウトウトした後

シュベール伯爵夫人の

ドアをノックする音で

我に返りました。

お風呂に入ってから

随分時間が経っていました。

ナビエは急いでお風呂から上がり

大きなバスタオルで体を包みました。

f:id:myuieri:20210218180758j:plain

◇妹の行方◇

記者のジョアンソンは、

定期的に連絡を寄こしていた

妹のデリスから、

長い間連絡が来ないので

心配のあまり、家の中を

ウロウロしていました。

全く連絡を寄こさないのは

宮殿に下女として入って以来

初めてのことでした。

皇后には下女が2人しかいないと

妹は話していたので

ソビエシュとラスタが

西大帝国での結婚式に参列する際に

一緒に付いていったのだと思いました。

しかし、2人が帰って来ても

妹から連絡がなく

2番目の側室の話しか

伝わって来なかったので

ジョアンソンは宮殿に行き

妹のことを尋ねることにしました。

宮殿へは記者として、

何度か取材で訪れていたので

警備兵は、すぐに中へ

入れてくれました。

ジョアンソンは

宮殿内の官吏に

皇后の下女をしている

妹のデリスから

1か月ほど、

連絡が来ないことを話しました。

 

官吏は面倒くさそうに

舌打ちしながら

騎士の誰かと逃げたのではと

言いました。

 

ジョアンソンは

叫びたくなるのをこらえて
デリスのことを

調べてくれるように

数枚の銀貨を渡して頼みました。

官吏は名簿を調べた後

彼女はすでに退職していると

ジョアンソンに伝えました。

 

ジョアンソンは

そんなはずはないと

官吏を問い詰めましたが

答えは同じでした。

 

次に、ジョアンソンは

直接、皇后宮へ

行ってみることにしました。

下女は2人だけでも

様々な雑事を行う人は

多いと思ったからです。

しかし、
デリスの行方は

わかりませんでした。

 

何かあるのは明らか

 

ジョアンソンは、

皇后の住まいである

西宮に入って

調べることはできないので

謁見の時に、直接ラスタに会って

話をすることに決めました。

 

謁見当日、

皇帝と皇后の玉座の前に

敷かれている

長い赤いカーペットの上に並んで

ジョアンソンは、

自分の順番をイライラしながら

待っていました。

なかなか列が前に進まなくて

足が痛くなるほどでした。

 

ジョアンソンの前に

四六時中、

足をバタバタさせている

かなり大柄な赤ちゃんを

抱いた男性が

その子をあやしながら

待っていました。

 

その赤ちゃんは、

かなり大きな帽子を

被っていたので

ジョアンソンは、

帽子を脱がせれば泣き止むのに

と思いました。

 

そうこうしているうちに

列が進み、

ジョアンソンの前に並んでいる男性の

順番になりました。

ジョアンソンは

男性がソビエシュとラスタに

挨拶をした途端

ラスタの表情がこわばるのを

見ました。

 

どうしたんだろう

と思っていると、

その男性は

 

皇后陛下

この子は生まれてから

一度も母親に

抱かれたことがありません。

皇后陛下は東大帝国の

お母様のような方ですから、

どうぞ母親のように一度

この子を抱いて祝福してください。

と言いました。

しかし、ラスタは

身動きもしませんでした。

ざわめきが広がり始めました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

アレンとジョアンソンが

同じ日に謁見に訪れて

しかも、

ジョアンソンの前に

アレンが並んでいたとは・・

本文には書きませんでしたが

ジョアンソンは

早く妹の消息が知りたかったので

自分より早く謁見の順番が来る人に

必死で頼み込んで、

1週間待つところを

2日に縮めることができたのです。

その結果、ラスタは

続けざまにショックを受ける

ことになるわけですね。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain