自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第144話 あらすじ 揺れるナビエの気持ち

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第144話をお届けします。 ナビエの絵を見て、泣き崩れたソビエシュでしたが・・・

 

◇私を見て欲しい◇

しばらく泣いた後、ソビエシュは

他の人の目につく絵を

衝動的に購入したことを

後悔しました。

 

布団の中に潜り込みながら

明日になったら絵を剝がそうと 

誓いましたが

翌朝、絵を剥がす代わりに

宮廷画家を呼び

ナビエが自分を見下ろすように

絵を書き換えるように

命じました。

f:id:myuieri:20210117204832j:plain

◇交易の問題◇

西大帝国では

ナビエ、ハインリ、カフメン大公、

マッケナ、そして、

ルイフトとの交易を担当した

官僚たちが

ホワイトモンドで

起こったことについて

何時間も議論をしました。

色々な意見が出ましたが

結論は「わからない」でした。

 

ハインリは、ケトラン侯爵に

この問題について

ホワイトモンドへ問い合わせるように

命じました。

そして、カフメン大公へは

現場近くにいる部下に

状況を確認させるように

命じました。

 

ナビエは、

ケトラン侯爵を信じてよいのか

不安になりましたが

ハインリの、

 

そこまで愚かではない。

 

の言葉を信じることにしました。

 

ナビエとハインリは

仲間意識が強くなり

互いに見つめ合っていましたが

ナビエは、ハインリと

最期に別れた時のことを思い出し

顔を背けました。

 

ハインリが慌てて

ナビエの手を握ると

カフメン大公は

ハインリの心を読んだのか

急用ができたと言って

逃げるように立ち去りました。

 

人の心が読めるって、とても辛いことなのでしょうね。

ナビエも他の場所へ行こうとすると

ハインリはナビエの名を呼びながら

彼女の手を握りました。

見る人の胸をドキッとさせるような

いじらしい顔をしていましたが

ハインリが猫を被ることを

知った後なので

本気なのかどうか

わかりませんでした。

 

ナビエは、働く時間だからと

言って、執務室へ向かいました。

ハインリは後を付いてきました。

 

ナビエが怒っているのではと

尋ねるハインリに

 

怒っていない、

仕事をするように

 

と命じるナビエでしたが

ハインリは、ぴったりと

後を付いてくるので

ナビエは立ち止まりました。

 

ハインリは、

 

自分とナビエが

近づいていると思ったのに

ナビエが急に自分を遠ざけるから

感情的になり、

つい、あんなことを

言ってしまった。

 

と謝りました。

 

ナビエは、

ハインリの謝罪を聞いて

自分が情けなくなりました。

 

彼といる時間を

無理に減らしたのは自分。

彼を愛したくないという

恐怖に酔い

彼を寂しくさせて

しまったのではないか。

 

ナビエは、

両親の前で笑っている

ハインリを思い出し

心が痛みました。

  

ハインリを幸せにすると

決心したのに

どうして、また、こんなことに

なってしまったのか。 

 

ハインリはナビエの

顔色をうかがい

両手でナビエの頬を包みながら

 

そんなに悲しそうな顔をしないで。

 

と言いました。

 

ナビエは、

 

ハインリを愛したくないと

もがきながらも

彼のことを愛らしく思うのは

ある意味で、本当に

彼の身体だけを

愛しているのではないか、

ハインリの身体を愛しながらも

心は負担に思っているのだから。

 

と思いました。

そして、ハインリに

 

あなたの言葉は

本当かもしれないと思った。

 

と言いました。

不妊症だったら・・◇ 

ハインリは軽く笑い

何か言おうとすると

茂みから、

小さな男の子が飛び出しました。

ナビエが初めて見る子でした。

 

その子が、ハインリのことを

パパと呼んだので

ナビエが驚くと

その男の子はマッケナの甥で

自分とは関係ないと言いました。

ハインリは、その子の名前も

よく覚えていませんでした。

 

するとマッケナが後ろから

その子の名前は

セバスチャンで

宮殿の見物に来たけれども

ここまで入り込んでしまったと

教えてくれました。

 

セバスチャンはマッケナのことも

パパと呼びました。

そして、ナビエのことも

パパと呼び、

彼女に抱かれたがりました。

 

そして、今度は

セバスチャンを

追いかけていた乳母が

不審者と疑われ

騎士たちに捕らえました。

彼女は、

マッケナに泣きそうな顔で

 

大きな坊ちゃん、

私は不審者でないことを

騎士たちに教えてください。

 

と訴えていました。

 

その騒動を見て

ナビエは吹き出しました。

マッケナは、

ハインリとナビエに

了解を求めてから

子供を連れて

どこかへ行ってしまいました。

 

遠ざかる彼らを見つめながら

ナビエはハインリに視線を

移しました。

 

ソビエシュは

自分の子供を持ちたくて

やきもきしていた。

ハインリはどうだろうか。

 

ハインリは

ベッドの秘密を教えてくれて

本当に不妊症であっても

今度は子供が持てると

言ってくれた。

 

あれほど頻繁に

愛し合ってきたけれども

まだ妊娠の兆候はない。

本当にベッドが

身体を回復させて

子供を持てるようにしてくれるのか。

クリスタと前国王の間に

子供はいなかった。

もし、私たちの間にも

子供ができなかったら・・・

f:id:myuieri:20210314121303j:plain


 ナビエは

ロッキングチェアに座りながら

お腹に手を置き

自分が母親になった時のことを

想像してみましたが

簡単にはできませんでした。

 

ソビエシュは

自分の子供が欲しくて

地団太を踏んでいたけれども

ハインリも自分の子供を

ひどく欲しがるだろうか。

もし、自分が不妊症だったら

東大帝国のようなことが

繰り返されるのだろうか・・・

 

ナビエがお腹をさすりながら

ぼんやりと椅子に座っていると

おやつを持ってきた

ジュベール伯爵夫人が

ナビエの姿を見て

心配そうな顔をしました。

◇両親の暗殺計画◇ 

ナビエが

彼女に言い訳をする前に

突然ハインリが

やって来ました。

何かあったのかと思い

ナビエは不安になりましたが

その予想は的中しました。

 

ハインリは

ラスタが傭兵を雇い

トロビー公爵夫妻を暗殺するように

命じたと

ナビエに伝えました。

 

ナビエはラスタが

自分の暗殺を命じたとしても

不合理だと思いましたが

両親の暗殺を命じるなんて

とんでもないことだと

思いました。

 

ナビエの両親は

ラスタと戦うタイプではないし

ソビエシュと彼女に

会いたくなければ

邸宅に引きこもる方を選ぶ

人たちでした。

 

ラスタは、トロビー公爵家

赤ちゃんの邪魔になると思い

暗殺を命じたのだと

ナビエは思いました。

 

不安でいっぱいのナビエに

ハインリは

 

ラスタが雇った傭兵は

自分の情報提供者が

彼の部下とすり替えている。

だから、この情報が

自分のところへ伝わってきた

 

と言いました。

 

情報提供者はエルギ公爵で、ブレスレットの一件の時に、傭兵をすり替えていたのですね。

 

ナビエの心の中に

火の手が上がりました。

腹が立つほどではないけれど

非常に悔しい思いがしました。

 

ナビエは東大帝国にいた時

ラスタより

はるかに権力のあるソビエシュが

彼女を側室にしたので

彼女の言動は

ソビエシュの責任下にあると考え

ラスタの行動を

黙って見ていました。

自分の権力でラスタを

押さえつけたところで

人々は弱者に共感するので

自分が悪い皇后に

なってしまいます。

それなのに、

ラスタは権力を持った途端

自分の両親の暗殺を命じるとは。

 

ナビエは

 

じっとしていられません。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

自分の前にいる時は

ハインリが

猫をかぶっているのではと

疑ってしまうナビエ。

ハインリの気持ちを

心から信じられる日が

早く来ればいいのにと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain