自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第202話 あらすじ ソビエシュの父親の側室と過去の記憶

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

202話 なぜエルギ公爵はソビエシュを訪ねて来たのでしょうか?

◇ アレイシア◇

エルギ公爵は

アレイシアの言葉だと

言いました。

 

その名前を聞いた

ソビエシュの顔が

強張りました。

 

アレイシアはソビエシュの父親の側室です。

もしかして、エルギ公爵は

アレイシアの息子かと思い、

それを口にしようとすると

ソビエシュの考えを察した

エルギ公爵は

 

私の母親は

他人の家庭を得ようと

入り込む

ゴキブリのような人間ではない。

残念ながら

父親は、そのような虫と

お似合いの虫だけど。

 

と言いました。

 

アレイシアについては、

彼女が自殺したという噂と

自殺ではなく

彼女の親が自殺に見せかけて

海に捨てようとしたという

恐ろしい噂が流れていました。

 

なぜ、彼女が

他の父親の側室たちと違って

そのようなことに

なったかというと・・・

 

アレイシアが

中絶薬を混ぜたクッキーを

母親にプレゼントして

それを誤って

自分が食べたと、

ソビエシュが父親に

嘘をついたからでした。

 

アレイシアは、

泣きながら連れ出されました。

その事情を知っているのは

ソビエシュと母親と

アレイシアだけでした。

 

ソビエシュは、

やはりエルギ公爵は

アレイシアの息子ではないかと

思いましたが。

彼は、そんな誤解をされるのも

嫌だといった風でした。

 

けれども、ソビエシュは

エルギ公爵が

アレイシアの息子でないなら

彼の行動が理解できませんでした。

 

エルギ公爵は説明する代わりに

プレゼントと言って

2つの小さな箱を床に置いて

礼を尽くした挨拶をして

帰っていきました。

 

それぞれの箱の中には

鍵が入っていました。

 

f:id:myuieri:20210503155447j:plain

エルギ公爵は南宮を出ていく時に

鍵のかかった金庫を

置いて行きましたが

部屋の掃除をした下男は

その金庫を

エルギ公爵が滞在していた旅館へ

送りました。

ソビエシュは、その金庫を

旅館へ取りに行くように

騎士に命じました。

◇金庫の中身◇

金庫は一つだけでしたが

ソビエシュが一つの鍵で

金庫を開けると、中に

もう一つ金庫が入っていました。

 

その金庫を取り出そうとすると

1枚の紙きれが落ちました。

その紙には、薬と

書かれていました。

 

ソビエシュは

別の鍵でもう一つの金庫を開くと

その中にも紙が入っていました。

そこには、

 

姫は陛下の実の娘です。

 

と書かれていました。

 

これは、どういう意味なのか

ソビエシュは茫然として

足と腕の力が抜けてしまいました。

 

ソビエシュは親子検査のことを

思い出しました。

 

変な器具を使って

姫の血を抜き、

2回目も、

その器具の中に残っていた

血を使いました。

 

ラスタが、新たに

血を抜いて欲しいと訴えても

神官は反対しました。

 

あの時、あの場に

エルギ公爵もいました。

 

エルギ公爵は王族だけれども

簡単に親子検査を

操作できるわけないし

神官も絶対に嘘をつかないと

思いましたが・・・

 

ソビエシュはカルル侯爵を呼んで

確認したいことがあるので

急いでベルディ子爵夫人と

グローリーエムを

連れて来るように命じました。

◇常時泉の襲撃◇ 

ベルディ子爵夫人は

数時間後には

国境を越えられる所まで

来ていました。

 

もともと、その辺りは、

常時泉が

襲撃していたところでしたが

コシャールが

トロビー公爵から罰を受けて

ここに滞在していた時

趣味で常時泉と戦っていたので

彼らは姿を見せなくなっていました。

 

ついにベルディ子爵夫人は

パルメに到着すると

トイレに寄るために

馬車の外へ出ました。

 

トイレを借りた旅館で

ベルディ子爵夫人は

騎士たちが子連れの女性を

探しているという噂話を

聞きました。

 

ベルディ子爵夫人は

急いで馬車に乗り込み

すぐに馬車を発車させました。

 

検問が強化される前に

パルメを通過することができ

次第に馬車は東大帝国から

遠ざかりました。

ベルディ子爵夫人は

少し安心すると

突然、馬が暴れ出し

馬車が横に回り出しました。

 

馬車は大きな岩にぶつかると

横転しましたが

ベルディ子爵夫人は

赤ちゃんをしっかりと

抱きしめていました。

 

馬車の扉が開き

背の高い男が

赤ちゃんとベルディ子爵夫人を

馬車の中から引き出し

男は赤ちゃんを

バッグのように持ちました。

その男は、常時泉の首長の

ケルドレックでした。

 

彼は、部下たちに

馬車の中から

金目の物を出すように

命じました。

 

f:id:myuieri:20210503155003j:plain

常時泉たちは

コシャールは西大帝国に

定着しているし

彼の性格なら

東大帝国に来ることはないという

ケルドレックの読みが当たったと

大喜びでした。

 

赤ん坊はどこかの民家に

捨てて行こうと言って

ケルドレックは

赤ちゃんを

横にいる部下に渡しました。

 

一行が出発する前

仲間の一人が赤ちゃんを奪い

この子を捨てるなら

自分にくれと言いました。

 

ケルドレックは

勝手にするように言いました。

 

男は、私の娘と歌いながら

赤ん坊をあやしました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

 

ソビエシュは

母親が中絶薬を入れて

焼いたクッキーを

アレイシアが作ったことに

してしまったのは

母親が罰せられないように

したかったのと

父親の側室のアレイシアが

憎かったのかなと

思いました。

クッキーについての

回想シーンで

誰が言ったのかわからなかったのですが

私があなたの弟を作ってあげる

という言葉がありました。

これをアレイシアが言ったとしたら

ソビエシュはアレイシアを

追い出したいと

思っていたかもしれません。

 

この時点で、

アレイシアとエルギ公爵の

つながりはわかりませんが

お腹を空かせている

ナビエを可哀そうだと思い

母親の部屋から

クッキーを持ち出したのに

それが結果的にナビエを

捨てる原因となり

自分の子供も失うことになるなんて、

運命は残酷だなと思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain