自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 47話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 42話、43話でカットされていたこと 本当に好きな女性ができてハインリが後悔したこと

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

47話 コシャールの言動が心配なナビエですが・・・

◇収まらない怒り◇

ナビエは

 

陛下に危害を加えるだけでも

極刑に処せられるかもしれない。

 

とコシャールに告げると

彼は、

それなら、ラスタを殺すと

言いました。

 

彼女のお腹の中には

陛下がすごく楽しみにしている

庶子がいる。

 

とナビエが話すと

コシャールは

それが何の関係があるの

という顔をしました。

 

ナビエは頭がズキズキしてきました。

 

他の人なら、腹立ちまぎれに

話をするだけで済ませても

コシャールは

言葉に行動が伴いました。

行動が先に出ることもありました。

 

コシャールは

 

それなら、

赤ちゃんが産まれないようにする。

 

と言いました。

 

ナビエは、赤ちゃんに手を出せば

もっと処罰が重くなる。

 

と訴えました。

 

宮殿内で殺人を犯せば

大罪でした。

しかし、皇帝の血筋に

害を及ぼす場合は

それよりも、もっと

罪が重くなりました。

 

ランドレ子爵が

処刑されそうになったのは

ラスタを刺したからではなく

彼女のお腹の中の赤ちゃんが

殺されそうになったからでした。

 

皇帝の庶子

皇子や皇女として

扱われないけれど

普通の貴族と

同じではありませんでした。

 

ナビエは、

 

お兄様がラスタさんを

殺したとしても

陛下が他に側室を作らないと思う?

 

と尋ねました。

 

けれども、

ナビエがいくら

コシャールを慰めても

彼の怒りは収まりませんでした。

 

彼が両手で頭を抱え

部屋の中を歩き回っている中

ナビエは、彼が持ってきた

ショッピングバッグの中から

贈り物を取り出しました。

帽子でした。

 

ナビエは、

帽子をかぶった姿を兄に見せれば

少しは気分が晴れるかと思い

頭に帽子を乗せましたが

その程度では、

彼の怒りは解けませんでした。

 

そして、ナビエの机の前で

立ち止まったコシャールは

カレンダーを睨みつけました。

そこには、

ラスタの妊娠祝賀パーティー

予定が書かれていました。

 

彼は、ナビエが

パーティーを主催することに

腹を立てました。

 

けれども、ナビエは

宮殿内のすべてのパーティは

自分が担当していると

反論しました。

 

コシャールは口をつぐんだまま

ナビエを睨みましたが

 

帽子がよく似合っている。

 

と言って、外へ出て行きました。

 

ナビエは帽子を脱いで

ソファーの上に置きました。

ぼんやりと立っていると

外で、

悲鳴のような、

侵入者を警戒しているような

鳥の鳴き声が

聞こえました。

 

ナビエは窓から顔を出しましたが

どこで鳴いているのか

わかりませんでした。

 

彼女はクイーンのことを

思い出しました。

 

自分の状況が良くないせいか

ハインリとクイーンにも

何か悪いことが

起こっているのではないかと

心配になりました。

 

まだ、西王国に

到着していないのに・・・

無事に向かっているだろうか。

 

ナビエは思いをはせました。

f:id:myuieri:20210829160042j:plain

◇王の崩御

 

ナビエの予想に反して

ハインリとマッケナは

すでに西王国に到着していました。

 

ハインリは王の寝室にいました。

ハインリは、苦しそうな兄の

手を握りました。

 

弟に気付いた王は

ハインリに結婚するように

言いました。

 

兄が、病気が重くなる前から

常にハインリに

言っていた言葉でした。

 

こんな時まで

結婚の話をするとは・・

 

けれども、病気の兄に

冷たく言い返すことは

できませんでした。

 

兄は

 

結婚は選択ではなく義務だ。

愛しい女性ではなく

国民が愛する王妃を迎えるように。

 

と言いました。

 

ハインリの頭の中に

彼の目にも愛らしく

国民が愛する王妃、

しかし、

他の男の隣に立っている

女性の顔が思い浮かび

心臓がズキズキ痛みました。

 

王はハインリに

結婚をしたら浮気はするなと

言いました。

 

ハインリは

軽いイメージを作るために

浮気者の振りをしていましたが

本当に好きな女性ができてからは

激しく後悔をしていました。

 

そして、王は最後に

兄嫁の面倒を見てくれと頼み

亡くなりました。

 

王の崩御を宮医が告げると

静かに、壁にもたれて

立っていた人たちは

ハインリに近づき

新しい王の前に跪きました。

f:id:myuieri:20210829161144j:plain

◇迷路◇

今にも問題を起こしそうだった

コシャールは

数日たっても

静かに過ごしていました。

 

彼は、ソビエシュに対して

激しく怒っているけれども

まともに怒ることもできなくて

絶望しているかもしれないと

ナビエは思いました。

 

それに、コシャールが

ソビエシュに怒りをぶつければ

ナビエのためにならない、

彼女の地位や命まで危うくする、

ラスタに怒りをぶつければ

ソビエシュの怒りを買い

同じことになると

両親がコシャールを説得したと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、自分自身も

どっちつかずの状態だと

思いました。

 

ラスタに腹いせをしたり

怒ったりした瞬間

夫である皇帝に何もできず

可哀そうな側室にだけ

八つ当たりをする

卑怯な悪女になってしまい

 

ソビエシュに度を過ぎて怒った瞬間

皇后なのに

自分の感情を抑えられないと

後ろ指を指される。

 

ソビエシュに実質的な

嫌がらせをしたら 

自分や家族、

自分の家門が危うくなる。

 

不思議なことに

ソビエシュとラスタを

我慢すればするだけ

愚か者と思われる。

自分だけではなく

家族にも当てはまる。

 

ナビエはぼんやりと

鏡を見ていると、

笑いが出ました。

 

卑怯な悪女、家族の安全、

無能な皇后、愚かな女

 

この迷路から

抜け出す道はないかと

ナビエは思いました。

 

その時、イライザ伯爵夫人が

客間からナビエを呼ぶ声が

聞こえました。

彼女は、ハインリの兄の訃報を

ナビエに伝えました。

 

いつも明るく笑っていたハインリが

深い悲しみに沈んでいることを

考えると

つられてナビエの心も

重くなりました。

 

f:id:myuieri:20210829162613j:plain

◇ハインリからの手紙◇

月も星も見えない夜でした。

濃い雲がたちこめているので

空は真っ黒で

時々、灰色がかった月が

見えそうで見えないだけでした。

 

ナビエは窓際に腕を乗せて

ぼんやりとその光景を

眺めていました。

 

数日後の

ラスタの赤ちゃんを

祝うためのパーティで

平然を装って

表情管理ができるだろうか。

 

とナビエは思いました。

 

何年もやってきたことだけれど

ナビエは自信がありませんでした。

正確に言えば

表情管理をしたくありませんでした。

 

結局、その時になれば

やっているだろうけれど。

 

とナビエは思いました。

 

雨がポツポツと振って来たので

ナビエは窓際から腕を下ろし

窓を閉めました。

ところが、すぐに、暗闇の中を

青い鳥が猛スピードで

飛んでくるのが見えました。

 

ナビエは驚いて窓を開けました。

青い鳥は、

堂々と入って来たクイーンとは違い

ためらいながら慎重に

部屋の中へ入って来ました。

 

ナビエは青い鳥に

 

ハインリの友達でしょ?

 

と確認すると

鳥は頷き、お辞儀までしました。

そして、手紙を結んだ足を

差し出しました。

 

手紙には、

 

ナビエのことばかり

考えている。

ナビエの慰めが必要だ。

 

と書かれていました。

 

手紙を書いている時に

手が、かなり揺れたのではと

ナビエは感じ

ハインリが

ひどく悲しんでいることが

分かりました。

 

ナビエは手紙の返事を

書こうとしましたが

どのように慰めれば良いのか

途方にくれました。

結局、お決まりの文章を

書くしかありませんでした。

f:id:myuieri:20210204171653j:plain

◇不愉快な人◇

翌日、カフメン大公は

宮殿を去りました。

 

恋の妙薬を

解毒できなかったためか

彼はナビエに

挨拶をしに来ませんでしたが

人を通して

ルイフトの本を送ってくれました。

 

人々は、新たに即位する

西王国の若くて軽い王について

騒いでいました。

その話に疲れると

ラスタの赤ちゃんのことを

話していました。

 

ナビエは、落ち着かない中

楽しいことを思い出したくて

南宮へやって来ると

 

ラスタを争って

ハインリとソビエシュが

喧嘩したことや

ハインリは兄の死と

ラスタの妊娠が重なり

胸を痛めているだろう。

 

と外国人が話していたので

ナビエは不愉快になりました。

 

ナビエは元来た道を戻ると

東宮、西宮、南宮へ通じる道が

交差している所で

ロテシュ子爵に会いました。

 

ナビエに挨拶をした時の

ロテシュ子爵の笑みは

陰険に見えました。

 

最近、ロテシュ子爵の

宮殿への出入りが

頻繁になっていると

ナビエは聞いていました。

 

ロテシュ子爵は

ラスタの天敵のような人だと

思っていたのに

なぜ、ラスタは彼を

受け入れるのか。

やはり、ラスタは

脅されているのか。

 

とナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210130144808j:plain

 

◇心底憎い人◇

ラスタを訪れたロテシュ子爵は

先ほど会ったナビエのことを

黙っていても気品に溢れている、

ラスタも、追い出されなければ

20年後には同じようになれるかも

と言って、

ラスタを怒らせました。

 

彼女は何の用事で来たのか

ロテシュ子爵に尋ねると

彼は、再び、お金を無心しました。

たくさんの使用人を雇うのに

必要だとのこと。

 

ラスタは、ロテシュ子爵を

心底憎いと思い

手のひらがへこむほど、

拳を強く握りしめました。

 

ロテシュ子爵は笑いながら

 

家族が多いから人手は必要だ。

息子と娘も連れて来た。

 

と言いました。

 

ラスタの顔が真っ白になり

唇をブルブル震わせながら

ロテシュ子爵を見ました。

 

彼は

 

久しぶりに

息子に会いたくなったのか?

 

とニヤニヤしながら尋ねました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエは気づいていませんが

ハインリは、手紙で

さりげなく愛の告白を

していますよね。

 

そして、事あるごとに

ハインリとクイーンのことを

思い浮かべ

彼のことを思いやり

ハインリとの楽しい日々を

思い出すために

南宮へ行ったナビエ。

 

ナビエの中で

知らず知らずのうちに

ハインリへの愛が

育っているような気がします。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain