自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第129話 あらすじ ワシになったり子犬になったりするハインリ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第129話をお届けします。偽親に慰めてもらおうと思っていたのに、2人に妹を探しているかと聞かれたラスタでしたが・・・

 

◇偽両親の無心◇

自分たちは偽の親子なのに

イスクア子爵夫妻が

本心から

 

あなたの妹を探しているか?

 

と尋ねたので

ラスタは、2人が

頭がおかしくなったのではないかと

思いました。

 

イスクア子爵夫妻は

大変明るく愉快な人たちで

欲がありませんでした。

そんな2人が

幼い子供を見失い

ずっと探し回っていたと

貴族たちに話すことで

彼らの同情を買っていました。

 

2人が妹の話をする度に

ラスタは

気が狂いそうになりましたが

彼女は、妹を探すと

約束しました。

 

しかし、夫妻は

ラスタ1人で

広い国内を、どうやって

妹を探すのか尋ねました。

2人は、

自分たちも妹を探したいと言って

ラスタにお金を無心しました。

 

2人は、自分の子供を

見つけるためなら

自分たちのお金だけでなく

人のお金も使い果たすような

人たちでした。

 

夫妻がラスタの偽親を引き受けたのは、実の娘を探すためにお金が欲しかったからなのでしょうね。

ラスタが返事をしないと

自分の妹を探すのが嫌なのかと

言われました。

 

妹を探すためのお金を

惜しむことで

薄情だと言われたくないラスタは

ラント男爵に話をして

お金をもらうように

夫妻に告げました。

f:id:myuieri:20210202052108j:plain


 ◇マレーニの家系◇ 

ナビエは副官選びと

兄の出征準備で忙しい数日間を

過ごした後

ローズから、マレーニの家系について

報告を受けました。

f:id:myuieri:20210301203136j:plain

マレーニの父:アマレス侯爵

 

アマレス侯爵夫人の甥で

リバティ公爵の3男:ウィヤン

リバティ侯爵はクリスタ側の人間

アマレス侯爵は、ウィヤンを養子にする。

彼はアマレス侯爵の

血のつながった甥では

ないけれども

アマレス侯爵家とリバティ公爵家

以前にも姻戚関係を結んだことがあるので

元を正せば、ウィヤンも

アマレス侯爵と親戚関係にある。

ウィヤンはリバティ公爵家の長男より

賢いので、彼は、アマレス侯爵家の

跡継ぎにしたいと思い

早い時期にウィヤンを

養子に出した。

アマレス侯爵夫人も、夫の甥より

自分の甥が跡継ぎになる方が良いと思い

ウィヤンを養子にすることを

承諾した。

 

アマレス侯爵夫妻は

マレーニが爵位

継ぎたがっているのは

知っているけれども

幼いころからウィヤンが鋭敏だと

知られていたため

マレーニを信頼していない。

その代わり、爵位はウィヤンに

財産のほとんどは

マレーニがもらうことになっている。

 

財産のほとんどをマレーニがもらうのに

義理の弟が唯一もらうことになる

爵位まで奪うのかと

家族に思われている。

マレーニは、

全部自分がもらえるはずだったのに

義弟に爵位を奪われたと思っている。

けれども、周りの人たちは、

義弟に一つもあげたがらない

利己的な姉と思われている。

 

アマレス侯爵はマレーニに

財産を渡すと言っているので

彼は薄情というより

公正で冷静に

家門のための決断をしていると

考えられている。

f:id:myuieri:20210301203136j:plain

まずは、マレーニの方が

ウィヤンより

はるかに優れていることを

示す必要があると

ナビエは思いました。

 

アマレス侯爵は、

かつて国主導の事業に参加して

大きな利益を上げたことがありました。

そして、彼の家門が運営している

いくつかの企業がありました。

ナビエは、その点を念頭に置き

ウィヤンとマレーニを

執務室に呼び出し

あらかじめ用意していた

同じ書類を

2人に渡しました。

 

ナビエは、

ルイフトとの大陸間国家貿易を

進めることにしたので

どの品目を取引すれば

時間と距離の短所を

カバーできるか、

調べるように2人に命じました。

 

マレーニは

口をポカンと開け

ウィヤンは顔をしかめました。

 

アマレス侯爵家は、

優れた商才で

いくつかの国家主導の事業で

成功を収めたと聞いています。

あなた方は、侯爵家の後継者なので

優れた手腕をお持ちでしょう。

その能力を私に見せてください。

 

とナビエは言いました。

 

女性として可愛げのないところはあるかもしれませんが、皇后としては完璧だと思います。

◇ワシと子犬◇

その日の夕方、夕食の時に

ナビエはハインリに

昼間の出来事を伝えました。

 

2人共初心者なのに

このような仕事を任せても

大丈夫ですか?

 

のハインリの質問に対し

ナビエは、当然、任せないと

答えました。

 

ナビエは東大帝国の

前皇后の下で

10年以上勉強した自分も

初めて実務責任者になった時は

慌てたので

初心者の2人に

大事なことは任せないと

言おうとしましたが

ハインリに、

ナビエが東大帝国にいた時のことを

思い出させたくなかったので

やめました。

 

ナビエは

別にきちんと調査をし

結果が出たら

どちらの案が役に立ち

誰が役に立つかわかると

ナビエは答えました。

 

どちらも役に立たなければ?

 

の質問に対し、ナビエは

 

誰が爵位を継いでも

侯爵家に未来はないから

マレーニさんを支持する。

 

と答えました。

 

その後も、

ハインリはナビエに

質問をしましたが

最初は

真剣に話を聞いてくれていたのに

今はふざけた顔をしていました。

ハインリは、ナビエに

難しい質問をして

面白がっているようでした。

 

ナビエは冗談のつもりで

わざとナイフで

大きな音を立てて

冷淡に答えましたが

自分の冗談を

理解してくれる人は少ないので

ハインリが、自分のことを

本当に冷淡な人だと思ったら

どうしようと思いました。

 

ナイフの音を立てたのは怒っていたのではなく、冗談だったのですね・・・確かに、理解してもらうのは難しいかも。

ハインリは

 

クイーン、

私はあなたが剣のように

行動する度に興奮します。

 

と言いました。

 

ハインリは、ナビエの冗談を

理解していないようでしたが

顔を赤くし、

暗くていやらしい目つきで

片手で頬杖をついて

ナビエを見つめていました。

 

ナビエは、ハインリは、

たまに荒っぽくされるのが

好きなようだと言いました。

彼は、ナビエが

冷たく答えたり

鋭く答えたりすると

顔を赤くして喜び

初夜の時も、

ナビエがハインリの手を押さえたら

興奮したので・・・

 

ハインリは

 

荒っぽくされるのも

荒っぽくするのも好きです。

 

と答えたので

ナビエはむせてしまいました。

 

咳き込むナビエの

目元をぬぐいながら

ハインリはナビエに

 

きれい

 

と言いました。

 

そして、ナビエの耳元の髪を

後ろにやって、

自信満々のワシのように

 

私が、これをやるのは

嫌いですか?

 

とハインリは尋ねました。

 

ナビエが返事をしないと

今度は大きな子犬のように

同じ質問をしたので

ナビエは、嫌ではないと

答えると

ハインリは

再び自信満々のワシになり

ナビエの頬と耳を

キスし始めました。

 

ナビエの態度で

ワシになったり、

子犬になったりするハインリに

ナビエは騙されているような

気がしました。

f:id:myuieri:20210117210105j:plain

◇エルギ公爵の正体は?◇

ソビエシュは

エルギ公爵について

カルル侯爵から報告を

受けていました。

 

1つ目

危険な海賊に関する噂が多いこと。

その全ての噂は実体がないので

本当なのか、デマなのかは

わからない。

 

2つ目

 

社交界で何度も

痴情事件を起こしている。

特に大きな事件が起こった時は

いつもエルギ公爵が

被害を受けたことになり

相手側が大きな代価を払っている。

 

ラスタがエルギ公爵と

仲が良いことを心配した

カルル侯爵は

 

エルギ公爵と

浮いた仲になった相手は

皆、終わり方が良くないので

言い訳をつけてでも

彼を追い出した方が良いと

ソビエシュに言いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエは西大帝国で

苦労はしているものの

その先は明るい未来が

待っている予感。

けれども、東大帝国の未来は

暗雲がかかっているような

気がします。

 

ハインリと一緒にいる時は

皇后の鎧を脱ぎ捨てて

ナビエに普通の女性で

いて欲しいなと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain