自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 2話 あらすじ マンガ2話 ラスタのことは誰も知らなかった

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

2話 夫が女性を連れて来たことに、ナビエの心が揺れ始めました。

◇刹那の愛◇

ナビエは、普段の口調で

何気なくソビエシュに、

罠にかかった女性のことを

聞いたつもりでしたが、

彼は、

どんどん機嫌が悪くなりました。

ようやく、彼は事のあらましを

話しましたが、

その後は、

一言も口をききませんでした。

 

ナビエは西宮へ戻ると

彼女を心配している侍女たちに、

ソビエシュから聞いたことと

彼の様子を話しましたが、

侍女のローラは、

それは典型的な浮気男の反応だと

怒りまくりました。

 

その後、イライザ伯爵夫人と

2人だけになったナビエは、

ソビエシュが

奴隷を側室に迎えても

仕方がないと思っているけれど、

急にソビエシュが冷たくなったので

憂鬱な気分になっていると

イライザ伯爵夫人に打ち明けました。

 

そんなナビエに、

イライザ伯爵夫人は

幼い頃からの婚約者なので、

気分を害するのは当たり前だと

言いました。

ナビエは、自分も他の男性を

そばに置いたら、

ソビエシュは悲しむだろうかと

尋ねると、

正直に言うと、分からない。

刹那の愛ほど、より強力で

周りを見回す余力がないと

ナビエにアドバイスをしました。

 

彼女は無理に笑って、

その女性を顔を合わすことは

ないだろうと言うと、

イライザ伯爵夫人も、

あの奴隷が側室になっても、

公の場や社交界

出入りできるわけがないと

言いました。

◇秘密の場所◇ 

ナビエは、自分の設計した庭の中の

人が出入りしない所に

自分の好みを入れて作った

鳥の巣の形をしたブランコ型の椅子を

置いていました。

そこへは、侍女たちを

連れてこないので

ナビエの秘密の場所となっていましたが

そこで、彼女は

ソビエシュとラスタの噂話を

聞きました。

日を追うごとに、

ソビエシュの奴隷女に対する関心が

高まっているのか、

皆、興味津々でしたが、

幸いなことに、ナビエは、

彼女と会うことがなかったので、

知らぬ存ぜぬで過ごしました。

f:id:myuieri:20210704173323j:plain

新年祭の準備のための会議の合間に

ナビエは休息を兼ねて

アルティナ卿と共に

本宮近くの庭園を歩いていた時に

その女と初めて会いました。  

 

ナビエは、その女性は

ソビエシュが拾ってきた奴隷かと

思いましたが

側室の職位が高く

本宮で仕事をしているのでなければ

側室が本宮へ来るはずがないと

思いました。

 

彼女は車いすに乗っていて

ナビエに近づこうとするのを

下女たちは止めましたが

彼女は頑として

言うことを聞きませんでした。

 

そして、彼女はナビエを呼び止め

自分の名前がラスタだと

ナビエに告げました。

それが何なのかと

ナビエは思いましたが、

彼女はラスタの名前を口にすると

彼女は、にっこり笑いました。

 

ナビエは、

これで用事は済んだと思い

ナビエは立ち去ろうとしましたが

ラスタは彼女のドレスの裾を

つかみました。

侍女たちは、

ラスタの手の甲を叩いて

「無礼者」と叱責しました。

 

ラスタは、

ナビエが皇后だと

知っているにもかかわらず、

彼女を呼び止めるのに

何て呼んだら良いか

分からなかったと言ったので

侍女たちは怒りました。

けれども、ラスタはもう一度、

自分はラスタだと言ったので、

ナビエと侍女たちは

ラスタが、その名前を

知らなければならないほどの

人なのかと慌てました。

 

ナビエと侍女たちが知っている

貴賓の中に

ラスタと言う名前の人は

いませんでした。


ラスタは、ナビエに

自分のことを知らないのかと

尋ねたので

ナビエは知らないと言うと

ラスタは困って

ようやく、

ソビエシュの恵みを受けて

東宮で暮らしていることを

話しました。

 

ナビエは、ようやく

彼女が誰だかわかり

「奴隷ね」と言いましたが、

ラスタと一緒にいた下女たちは、

そうではないと否定しました。

侍女たちは、ラスタのことを

逃亡奴隷だと言っていたので、

おかしいと思いましたが、

本人が否定しているので、

とやかく言うことはないと

思いました。

 

ラスタは、

清楚で可憐なイメージの

美しさを持ち、

罠にかかった美しい獲物

という言葉がぴったりだと

ナビエは思いました。

 

なぜ、侍女たちは

この女を風呂に入れておきながら

誰も気づかなかったのかと

不思議に思っていると、

ラスタの身体を洗うように

ソビエシュに命じられた侍女たちは

その場にいなかったので

ナビエと一緒にいた侍女たちも

ラスタを知りませんでした。

 

ナビエは、ようやくラスタが

誰だかわかったと言うと、

彼女は明るく笑い、

いつナビエに挨拶に行くべきか

ずっと悩んでいた。

何て呼んだらいいかと

尋ねましたが、

ナビエは「皇后陛下」と答えました。

そして、

ラスタと仲良く話したくないナビエは

その場を去ろうとしましたが

ラスタは、まだナビエに

しつこくしようとしました。

 

侍女たちがラスタの車椅子を

押し戻し、

彼女のことを「汚らわしい」と

言った時に、

ソビエシュが現われました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ラスタのルール違反の行動に

ナビエと侍女たちは

最初から翻弄されていたのですね。

 

ラスタは貴族ではないので

宮中の礼儀というものを

知らなくて当然ですが

その後も、彼女は

宮中のルールを

無視しっぱなしのような気がします。

 

彼女の両親は詐欺師ですし

奴隷になる前も

奴隷となった後も、彼女に

何が正しくて、何が悪いことか

やっても良いことと

やってはいけないことを

教育する人はいなかったのではと

思います。

 

大人になってから

急に道徳心を植え付けようとしても

無理があります。

 

そして、ラスタは

自分が可哀そうなふりをすれば

周りの人が助けてくれることを

知っています。

 

母親とナビエしか女性を知らない

ソビエシュは、ラスタの美しさと

可愛らしい態度に

まんまと騙されてしまったのですね。

ラスタは、騙したつもりは

ないかもしれませんが・・・

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain