自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第6話 マンガでカットされていたこと あまりにもひどすぎるソビエシュの仕打ち

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

マンガの第7話で、ラスタの侍女を探すために、ナビエはティーパーティを開きましたが、それについてラスタと下女たちは・・・

混乱だらけの侍女選び

ナビエがラスタの侍女探しを

すること聞いて

侍女たちは、とても怒りました。

 

けれども、ナビエは

直接皇帝から

指示されたことだからと言って、

ため息をつきました。

 

ナビエはラスタの侍女を探すために

首都に住んでいる

すべての女性貴族に

招待状を送り

ティーパーティーを開きましたが

ラスタは招待しませんでした。

 

そのことで、下女のチェリーニは

新年祭が近いからと言う理由で

ラスタのためのパーティを

すべて省略したのに

ナビエがラスタ抜きのパーティを

開くのはひどいと

文句を言いました。

 

ラスタもチェリーニも

ティーパーティと一般のパーティは

規模も違うし

参加する人の負担も違うことを

知らないので

両方とも同じパーティだと

思った2人は

残念がりました。

 

ラスタが、自分はナビエに

嫌われているようだと言うと

チェリーニは

皇帝がラスタを愛しているから

皇后が嫉妬していると言いました。

そして、2人の下女は

ラスタも着飾って西宮へ行けばいいと

言いましたが

ラスタは、行っても

ナビエの顔色を

窺うだけだからと言って、

首を振りました。

 

f:id:myuieri:20210202052108j:plain

ティーパーティ

首都に住んでいる貴族は

地方に住んでいる貴族よりも

位が高いというわけではないけれど

プライドが高かったので

平民出身の側室の侍女を

やりたがる人はいませんでした。

 

それなので、ナビエは

ハードルを下げて

ティーパーティに呼んだ

令嬢、貴婦人たちの中で

ラスタの侍女になりたい人はいるか

と尋ねないで

彼女たちの知人の中で

ラスタの侍女を

やっても良いという人はいないか

尋ねました。

 

けれども、

ローラと一番仲の良いアリシュテが

皇帝にはご内聞にと前置きをして

 

ラスタ様が逃亡奴隷だという噂が

広まっているので、皆嫌がっている。

平民なら

侍女になってもいいと言う人は

少しはいるかもしれないけれど。

 

と言いました。

 

そして、他の貴婦人たちも

逃亡奴隷だと噂のある人の

侍女になってくれと頼んだら

頬を叩かれる。

逃亡奴隷の侍女になることは

栄光ではなく侮辱だ。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210129055631j:plain

 

マンガでは、ソビエシュがナビエの所へやって来て侍女が見つかったかどうか尋ねていましたが、原作では・・・

用意されていない食事 

貴婦人たちが帰った後

ナビエは東宮へ行きました。

その日は、ソビエシュと

食事をする日だったので

食事をしながら、

ラスタの侍女が

見つからなかったことを

報告するつもりでしたが

東宮へ行くと、

ソビエシュはテーブルに

座っているのに

食事の用意がされていませんでした。

 

ナビエは、慌てて

何もないテーブルを見下ろしていると

ソビエシュは

 

皇后は貴婦人たちを「全員」呼んで

何時間もおやつを食べたと聞きました。

お腹がいっぱいになりそうだから

今日は食事を出すなと言った。

私はラスタと食事をするので

心配しないでください。

 

と平然と言いました。

 

そして、ラスタの侍女が見つかったか

ナビエに尋ねたので

彼女は、

 

貴婦人と令嬢たちを呼んで

尋ねたけれども、

侍女をやるという人は

誰もいなかったと答えました。

 

それに対して、ソビエシュは

 

できないと言うなら

その理由がある。

 

と言いました。

 

ナビエは、

 

侍女の仕事は

お金でするものではありません。

 

と伝えると、ソビエシュは

 

それはどういう意味か?

 

と尋ねたので

 

ナビエは、

ラスタが逃亡奴隷だという

噂のせいだと言いたかったものの

アリシュテに、陛下にはご内聞にと

頼まれていたので

 

自分の考えですが

新年祭の準備で忙しいので

人に仕えたくないようです。

 

と答えました。

 

するとソビエシュは

 

皇后が貴族たちを呼んで

変な話をしたのではないですか?

 

と尋ねました。

 

その後は、マンガに描かれていたようにソビエシュとナビエが言い争いをしプライドを傷つけられたナビエは席を立ちました。  

誰もやりたがらない

ソビエシュは自分の侍従と

秘書たちを呼んで

臨時でもいいので

彼らの親戚の中から

侍女を2人推薦するように命じました。

 

皇帝の側室は

関心と羨望の対象になるものの

非難と軽蔑の対象に

なったりもしました。

 

ソビエシュはラスタを

平民出身と言ったことで

貴族の自尊心が

ラスタの侍女になることを許さないと

思いました。

そのため、歴代皇帝の中には

平民出身の側室を

貴族と偽装結婚させて

側室の身分を変えさせた者もいました。

 

けれども、ラスタの身分を変えるには

すでに噂が広まりすぎていました。

どうせ1か月もすれば

皆、ラスタのそばに集まって

親しいふりをするので

自発的に侍女が現れないならば

命令で、手に入れるしか

ありませんでした。

 

ラント男爵が彼の妻に、

ラスタの侍女になってくれと頼むと

 

あなたは、気が狂っているのか。

私に逃亡奴隷の世話をしろなんて。

 

と男爵夫人と幼い息子に

猛反対されました。

 

ラント男爵は、

ラスタは逃亡奴隷ではないと

言いましたが、

男爵夫人は

 

皆が逃亡奴隷だと思っている。

そんな人に仕えたら

男爵家は奴隷より下にいると

嘲笑われる。

 

と怒りながら言いました。

 

ラント男爵は、ラスタは

本当に可愛らしくて愛らしい女性なので

いつかは、他の貴族たちも

ラスタに夢中になると

信じていましたが

今、彼女の評判は悪すぎました。

 

ラント男爵は夫人の実家の姪は

どうかと尋ねましたが

ラント男爵にも姪が3人いるだろうと

反論しました。

 

他の秘書たちと侍従の家でも

同じような状況でしたが

彼らは皇后では立場が違うので

 

皇帝の命令だから仕方がなかった。

 

と人々に話してもいいから、と言って

1か月だけという約束で

ピルヌ伯爵は娘を

ラント男爵は遠い親戚を

連れてくることができました。

 

彼らがラスタの侍女になることを

聞いて

ナビエは、ラント男爵の

遠い親戚はともかく

ティーパーティでは

きまり悪がっていた

ピルヌ伯爵の娘のヘレンが

ラスタの侍女を引き受けたのは

意外だと思いました。

 

ヘレンは好奇心旺盛だし

父親とも仲が良いので

彼のために、

引き受けたのではないかと

侍女は言いました。

 

そして数時間後

散歩をしていると

再び、クイーンがやって来たので

ラスタのことを忘れることが

できました。

ひどすぎるソビエシュ 

しかし、しばらくすると

本宮で新年祭を記念して開かれる

福祉行事について

財務大臣と議論していると

ラスタのことで

聞きたいことがあると言って

ソビエシュがやって来ました。

 

ナビエとソビエシュは

2人だけになると

 

ラスタが逃亡奴隷であるという噂を

ナビエが広めたのか。

ラスタの侍女たちが

彼女をまともに扱わないし

侍女としての役割を

果たしていない。

彼女たちは、事あるごとに

皇后とラスタを比べて無視する。

可哀そうなラスタは

それを我慢して

自分に一言も言わなかった。

偶然、現場を見ていなかったら

そんなことが起こっているとは

知らなかった。

 

とソビエシュは言いました。

 

ナビエは、

 

どんな形でも陛下の側室と

関わりたくない。

そのようなことは侍女に聞くべきだ。

 

とソビエシュに伝えると

 

彼女たちに聞いてみた。

逃亡奴隷の侍女なんて

やりたくなかったと言った。

 

とソビエシュは言いました。

 

ナビエは、

 

本当にひどいですね。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエが、

本当にひどいと言ったのは

侍女たちの言葉ではなく

ソビエシュの言葉に対してです。

 

ラスタの侍女を探すための

パーティで

どんな発言が

飛び出すかわからないのに

ラスタを招待できるわけが

ありません。

 

それなのに、ラスタは

自分が招待されないことをひがみ、

それを知ったソビエシュは

ナビエに皮肉を言う。

 

そして、皇帝の命令で

ラント男爵とピルヌ伯爵が

何とか侍女を見つけたのに

彼女たちの態度が悪いのも

ナビエのせいにする。

 

ラスタが逃亡奴隷だということは

ソビエシュもわかっています。

本来ならば

ラスタをロテシュ子爵のところへ

帰さなければならないのに

ラスタに一目惚れしてしまって

彼女を帰せなくなってしまいました。

 

けれども、彼女が

逃亡奴隷だという噂は

あっという間に広まりました。

 

逃亡奴隷を連れて来たことへの

自分への非難。

 

皇帝である自分が恋した

可哀そうな女性が

バカにされていることへの怒り。

 

ラスタが悲しんでいる時

彼女と甘い時間を

過ごせないことへのイラつき。

 

そして、心のどこかで

逃亡奴隷を連れて来たという

皇帝としてやってはいけないことを

したことへの引け目も

あるのではと思います。

 

それらすべての感情を

払拭するために

ソビエシュはナビエを

利用しているように思います。

 

ナビエは、幼馴染で

昔からの友達で、妻だから

彼女には何をしても

許してもらえる。

そんな驕りも

ソビエシュの中にあるかもしれません。

 

けれども、最後に、ナビエは

ソビエシュに幸せになってと

言えないくらい

深く傷ついてしまいました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain