自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第5話 マンガでカットされていたこと 秘書たちもラスタの侍女を探すように命じられた。

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

リルテアン大公はソビエシュの叔父ですが、彼より2歳年上なだけです。

 

マンガ第5話でカットされたこと

リルテアン大公のプレゼントを断った理由

 

リルテアン大公から贈られたのは

太刀魚のように

仄かな光を出す青い絹で

ナビエがため息を漏らすほど

美しく高価な物でした。

 

けれども、これを受けとれば

リルテアン大公が

断るのが困難な要求を

してくるのが明らかだったので

ナビエは贈り物を

拒否しました。

f:id:myuieri:20210131150550j:plain

ナビエがラスタの訪問を受けた理由

ナビエも美しい男性を

側室に持ったら

いつか、ソビエシュと

笑って話をすることが

できるかもしれないけれど

今はラスタと普通に接するのが

難しいと思いました。

 

けれども、ラスタは

ソビエシュが初めて愛した女性で

彼女が来てから、

彼はナビエに冷たくなったので

ラスタを突き放すことで

ソビエシュと再び感情面で

争いたくないと

ナビエは思いました。

 

そして、ソビエシュとは

熱烈な恋愛ができなくても

彼の憎しみを買えば、

自分の損になるので

1度くらいは

ラスタの訪問を受ける方が

ナビエは良いと思いました。

マンガ第6話でカットされたこと

ナビエを姉と呼ぶラスタ

側室は契約で結ばれているので

皇室系図に掲載されることが

できません。

側室として契約している間は

品位維持費を

受け取ることができるけれども

契約期間を延長しなければ

側室は

皇宮から出なければなりません。

側室が産んだ子供も同様で

生まれたとしても、

皇子、皇女とは呼ばれないし

系図も別に管理されます。

 

それなのに、

ラスタは同じ夫を持つから

家族だと言うので

どこから彼女のミスを

指摘したらいいのか

ナビエは途方に暮れました。

 

ラスタに出て行くように言った後

ナビエは最年長の貴婦人に

側室は、皆ラスタのようなのか

尋ねました。

 

ナビエは、幼い頃から

皇宮に出入りしていたけれど

予備皇太子妃として

教育を受けていたナビエは

先代の皇帝の側室と

会うことはなかったし

社交界にデビューをする

年齢ではなかったので

皇帝の側室と接点が

ありませんでした。

 

イライザ伯爵夫人は

 

よほどのことがない限り

互いに気分が悪くなるので

普通の側室は皇后と顔を合わせない。

側室の立場では

皇后に嫌われたくないから。

 

と答えました。

 

ナビエは、ラスタのような性格を

ソビエシュは好きなのかと思いました。

 

そして、イライザ伯爵夫人は、

ソビエシュはラスタを

平民と言っているけれど

どう見ても、平民には見えないので

貴婦人たちと令嬢たちが

ラスタの侍女になりたがるかどうか

心配していました。

 

f:id:myuieri:20210202054556j:plain

ラスタの侍女

ラスタがナビエに会いに行き

ナビエのことを

姉と呼ぶことを断られたことを聞いた

ラント男爵は

ラスタが

ナビエに会いに行くと言った時

止める人が誰もいなかったのかと

彼女に尋ねました。

 

ラスタの話から

チェリーニとキスという名前の

下女を、

ソビエシュにつけてもらったけれども

ラスタに侍女はいないことを

ラント男爵は知りました。

 

ラント男爵は、

ソビエシュの所へ行き

ラスタは貴族社会について

無知だから

下女だけでなく

侍女を付けた方がいいと

ソビエシュに進言しました。

 

ソビエシュはラント男爵に

ラスタのためになる侍女を探すように

命じました。

 

この後、ナビエとクイーンの出会いのシーンとなります。ナビエはクイーンをハンサムな鳥だと思いました。

 

f:id:myuieri:20210131174402j:plain

マンガ第7話でカットされたこと

侍女探し

ソビエシュの秘書たちの

ラスタの侍女探しは

うまくいっていませんでした。

 

ソビエシュはラスタの侍女を

ナビエに探すように頼んだ時

ソビエシュがナビエの部屋へ

行ったのではなく

秘書にナビエを迎えに行かせて

自分の部屋へ連れてこさせて

侍女探しの話をしました。

 

そして、

ラスタに侍女が

見つからない理由として

宮殿の主人である皇后が

積極的でないので

皆、遠慮している。

皇后自ら、

侍女を一人見つけるよう

ソビエシュはナビエに頼みました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

まさか自分が

ラスタの侍女探しを

命じられるなんて

ラント男爵は

想像していなかったかも

しれませんね。

 

誰もラスタの侍女を

やりたがらない理由を

ソビエシュは

よく知っているはずです。

それなのに、

侍女が見つからないことを

ナビエのせいにして

彼女に侍女探しをさせるなんて

とんでもない男だと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain