自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第41話 マンガ 36話、37話でカットされていたこと 不愛想な異国の美男子カフメン大公の目が潤むと?

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

部屋に入って来たのはソビエシュでした。

◇恋の妙薬の効め◇ 

彼はカフメン大公に

用事があったのか

書類を綴ったファイルを

持っていました。

 

けれども、目を閉じて

立ちすくんでいる

カフメン大公を見て

ソビエシュは

眉間にシワを寄せました。

 

ナビエは、初めて見た人に

愛を感じるようになると

カフメン大公が

言っていたことを

思い出しました。

 

ナビエは

自分と目が合ったと思ったのに

飲んですぐに

身体の向きを変えたのか

薬効が現れなかったようでした。

 

カフメン大公の態度を見れば

これから目を合わせた人に

効果が現れるようだと

ナビエは思いました。

 

そんなことを知らない

ソビエシュは

眉間にシワを寄せながら

ナビエとカフメン大公の間に

近づきました。

カフメン大公がソビエシュに

背を向けたままなのが

彼は気に入らないようでした。

 

カフメン大公は、その状態で

ソビエシュに挨拶をしたので

彼はしかめっ面をしました。

 

カフメン大公は

本当に薬の効能を

信じているようでした。

 

自分の方を向くように

ソビエシュは

カフメン大公に告げました。

 

このままでは

トラブルが起こると思った

ナビエは

ソビエシュに用件を尋ねました。

 

しかし、ソビエシュは

その手には乗らず

カフメン大公のために

ナビエが出しゃばっていることに

空笑いをしました。

 

そして、ソビエシュは

 

何かをしていたから

1人は顔を隠し

もう一人は相手を庇っている。

もしかして、

2人は口づけを

交わしていたのではないか、

あなたの口は腫れているのかな?

 

と、とんでもない憶測をして

ソビエシュは

カフメン大公の肩をつかみ

無理矢理、自分の方へ向かせました。

 

ソビエシュの指先が触れた途端

カフメン大公は

短い呻き語でを上げました。

それは、

どこかクラクラするような

妙な想像を呼び起こすところが

ありました。

 

そして、あの不愛想で傲慢で

皇后であるナビエを

あからさまに無視していた

カフメン大公が涙ぐんで

ソビエシュを眺めていたので

ナビエは驚いて

口をあんぐりと開けました。

 

傲慢なカフメン大公の顔が

赤くなり

目は潤んでいました。

その視線は、

杭でも打ち込んだかのように

ソビエシュに固定されていました。

 

彼の視界から

ナビエは消えたようでした。

誰が見ても、カフメン大公は

ソビエシュを愛しているように

見えたので

彼が言っていたように

薬に効果があるようでした。

 

カフメン大公が

関心を持って眺めているのは

ナビエではなくソビエシュでした。

 

普段は不愛想な異国の美男子が

潤んだ目で立っているのは

とても魅力的だと

ナビエは思いました。

 

しかし、ソビエシュは驚いて

数歩後退し、ナビエを見つめて

 

なぜ、あのようにしているのか?

と尋ねました。

 

ナビエは、

薬のことを話しても大丈夫かと

考えていると

カフメン大公は

口元に笑みを浮かべながら

ソビエシュに近づき

 

こんな風にお会いできて

嬉しいです。

いつもそうですが

今日も美しいです。

 

と優しく囁きました。

ソビエシュの顔が強張りました。

 

いつものカフメン大公の態度を

知っていれば

そろそろソビエシュも

何か変だと、思うはずだと

ナビエは思いました。

 

しばらくカフメン大公を

睨んでいたソビエシュは

書類を押し付けるように

カフメン大公に渡すと

 

何のいたずらかわからないけれど

いい加減にしろ!

 

と言って、外へ出て行きました。

ナビエには、

ソビエシュが逃げたように

見えました。

 

ナビエは呆気にとられて

カフメン大公を眺めました。

面白いけれど

カフメン大公にとって

この状況は

深刻なのかもしれないので

笑っていいのか

わかりませんでした。

 

ソビエシュの後に

ついて行かないのかな?

 

とナビエは思いました。

 

そのまま立っている

カフメン大公の顔は

真っ赤でした。

 

カフメン大公のことが

心配なナビエは

彼に近づこうとしましたが

彼は、彼女に来ないようにと

言いました。

 

ナビエは、

 

私に嫉妬していますか?

 

と慎重に尋ねました。

 

カフメン大公は

ソビエシュを愛するように

なったので

彼の妻である自分に

嫉妬しているのではと

ナビエは思いました。

 

しかし、

カフメン大公の表情は

先ほどと変わらず

鼻まで赤くなった顔と

潤んだ目、

そして唇が震えていました。

 

そして、彼は

ナビエを守るために

ソビエシュの変な誤解を

甘んじて受け入れられるほど

ナビエを愛している、

そんな感情だと話しました。

 

ナビエは、

カフメン大公の戯言を聞き

本当に強力な効果のある薬だと

思いました。

 

カフメン大公はナビエに

部屋から出て行くように頼み

自分は部屋に戻って

解毒剤を飲むと言いました。

 

彼は必死に拳を握りしめ

彼の褐色の肌から

汗がにじみ出ていました。

 

ナビエは頷き

部屋の外へ出ました。

 

誰かに愛されたら

あんな言葉を

そばでずっと聞けるのかな?

誰かが私のために

おかしくなるのは

どんな気持ちだろうか?

 

一度も経験したことのない

ことだったので

ナビエは訳もなく

ソワソワしました。

f:id:myuieri:20210822150320j:plain

 

◇消えない薬効◇

翌日、ナビエは

カフメン大公に侍女を送り

前日のことは大丈夫か

彼に尋ねることにしました。

 

ナビエは侍女の帰りを待ちながら

カフメン大公は

自分の部屋に戻って

解毒剤を飲んだから

大丈夫だろうけれど

昨日のことで、

ソビエシュがどう出るか

心配をしていました。

 

ところが、意外にも

カフメン大公が侍女と一緒に

やって来ました。

 

彼は、

いつもの実用的な服ではなく

息苦しいほど端正な礼服姿でした。

髪の毛はきれいに後ろに流し

完璧な顎のラインを

見せていました。

 

ナビエと目が合うと

再び彼の目は潤んだので

イライザ伯爵夫人は

ぎょっとしました。

 

カフメン大公は

大丈夫でなさそうでしたが

一応、大丈夫かと

聞いてみました。

 

彼は、

侍女たちに出て行って欲しいと

頼んだので

彼女たちは、外へ出て行きました。

 

その途端、忍耐力が切れたのか、

カフメン大公は

 

会いたくて死にそうでした。

聞き流してください。

 

と息苦しい声で呟きました。

 

ナビエは面白いと思いながらも

心配していました。

 

人の目は

あれだけ愛情いっぱいになるんだと

ナビエは初めて感じましたが

他の人たちも

彼女とカフメン大公が

一緒にいるのを見たら

何かおかしいと思うだろうと

ナビエは思いました。

 

ナビエは解毒剤のことを尋ねると

カフメン大公は効果がなかったと

言いました。

 

ナビエは、

解毒剤が間違っているのではと

聞きました。

 

カフメン大公は

解毒剤は間違っていないこと、

恋の妙薬は

自分がナビエに贈ったこと、

こんなに強力な効果は

期待していなかった。

と打ち明けました。

 

ナビエは予想外の返事に

驚きました。

カフメン大公が匿名で

恋の妙薬を贈ってきたことが

意外でした。

今の大公は

薬を飲んでいるから

そのことを打ち明けたけれど

恋の妙薬を贈ってきた時は

素面だったのではと思いました。

 

ナビエは

何と反応していいかわからず

じっとしていると

カフメン大公は

 

もどかしかった。

バカげたこととは

わかっていたけれど

あなたが苦しんでいる姿を

見たくなかった。

 

と言いました。

 

今の言葉は

薬が作り出した慰めなのか

本気なのか

ナビエは区別するのが

難しいと思いました。

 

ナビエはカフメン大公を

見つめていましたが

彼は視線をそらしていました。

 

しばらくするとカフメン大公は

 

一緒にいると

ウキウキしてしまうので

いけません。

しきりに、

あなたに関心が行って

何も話せません。

 

と言いました。

 

カフメン大公が帰ると言うので

ナビエは一歩離れて

彼の後を付いて行きました。

 

彼はドアを開いて

部屋の外へ出る直前

ナビエを見ました。

 

一瞬、彼の視線に驚き

ナビエは立ち止まりました。

息の詰まるような沈黙が流れ

ナビエは固唾を飲みました。

 

彼の視線は

いつもの無情で

情けのないものではなく

前日の切実なものとは違いました。

 

ナビエは、

ローラが以前話していたことを

思い出しました。

 

飢えた人のように、100年

自分を愛してくれる人がいい。

 

まさに彼は、

そんな視線をしていました。

 

カフメン大公は

こうなった以上

しばらく会わない方がいいと

言いました。

 

ナビエも同意しました。

f:id:myuieri:20210822151237j:plain

 

謁見室を訪れるほど

深刻な事情があるはずなのに、

跪いた男性が長々と話す言葉が

ナビエの耳に

あまり入って来ませんでした。

 

しばらく話を聞いているうちに

その男性が

わあわあと泣き出したので

ナビエは、

すまない気持ちになりました。

 

ナビエにとって

その男性は、謁見室を訪れた

国民の一人にすぎないけれど

彼は一度だけのチャンスを

使いました。

 

ナビエは、そのことを考えると

すまない気持ちになり

頭の中に散らばっている

男性の情報を寄せ集めて

彼の事情を察した後

心から慰める言葉を述べました。

 

最後の謁見者が帰った後

ナビエは額に手を当てて

ため息をつきました。

 

生まれた赤ちゃんを

祝福して欲しいと頼まれる以外

謁見で嬉しい知らせを

自慢しにくる人は稀でした。

 

ほとんどの人は

悔しかったり、呆れたり

悲しい事情を聞いてもらいたくて

やって来ていました。

 

少しでも、

他のことに気を取られていれば

完全に人々に集中することは

容易でありませんでした。

 

ナビエはゆっくりと

玉座から立ち上がると

ソビエシュが

冷たい目でナビエを眺めながら

 

あいつとのお遊びは

終わったのか?

 

と尋ねたので

ナビエはもう一度玉座に座りました。

 

後になって考えてみたら

自分は騙されたようだ。

カフメン大公は

皇后を見て

真っ赤になったのではないか?

 

と尋ねました。

ナビエは

 

私の目には、陛下を見て

赤くなったように見えました。

 

と言って、

ソビエシュが黙っている間に

玉座から立ち上がりました。

 

謁見室を出る前に振り返ると

ソビエシュは玉座に座ったまま

ナビエを見つめていました。

彼女は最大限無表情のまま

扉を閉めました。

 

振り返った瞬間

ハインリが柱に寄りかかって

立っていました。

 

目が合うと

彼は静かに笑いながら

書類を持ち上げ

 

ご相談があって伺いました。

大丈夫ですか?

 

と尋ねました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

今後、カフメン大公は

恋の妙薬の薬効が

ずっと切れないまま

ナビエへの恋心に

苦しめられることになりますが

後に、その理由は、

ナビエのことが

本当に好きだからということに

気付きます。

 

現時点で、

ソビエシュはナビエを

愛していることに

気付いていないので

カフメン大公の助言通り

ソビエシュに

恋の妙薬を飲ませていれば

彼はカフメン大公のように

ナビエを愛する気持ちに

苦しめられることに

なったかもしれません。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain