自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版第82話  ハインリとの結婚の確認。そして離婚法廷の朝

ハインリは立ち上がると

コーヒーの用意をしました。

 

エルギ公爵がいないので

彼の行方を尋ねると

3人で一緒にいたくないので

別の所へ行かせたと

ハインリは答えました。

 

自分は嫉妬の化身のようなもの。

エルギ公爵は、本当に浮気者だから

クイーンのそばに置きたくありませんでした。

 

とハインリ。

 

ナビエは以前から

ハインリとエルギ公爵は友達なのに

なぜ、一緒にいない時は、互いに

一方の悪口を言うのか不思議でした。

 

けれども、このことをハインリに尋ねれば

彼がいない時に

エルギ公爵が、彼の悪口を言っているということを

ハインリに伝えてしまうことになるので

ナビエは質問したい気持ちを抑えました。

 

二人でコーヒーを飲んでいる間

ハインリはナビエと目が合う度に

にっこり笑いました。

 

ハインリを見ながら、ナビエは彼と夫婦になることを

考えていると

恥ずかしくなりました。

 

ソビエシュとは、子供の頃から

夫婦になると思っていたので

恥ずかしがったり照れたりすることはなかったのですが

 自分が大人になってみて、ハインリと結ばれることを考えると

 

政略結婚でも夫婦関係は結ぶべきだ。

 

という考えがナビエをとらえました。

 

ハインリを夫婦関係を結ぶ。

 

一度、そんなことを考えてしまうと

その考えが頭の中をグルグル回り

ナビエは逃げ出したくなるほど

きまりが悪くなり

コーヒーカップをギュッと握りしめました。

その考えを打ち消すために

ナビエは、先ほどと同じ質問、エルギ公爵の不在の理由を

ハインリに尋ねてしまいました。

 

ハインリの笑い声を聞きながら

心の中で、何度も他のことを考えなくてはと

思っているうちに、

本当に言わなくてはいけないことが思い浮かびました。

 

あなたが離婚法廷に出席できないように

陛下が妨害するかもしれません。

 

ハインリは、きちんと準備はできているので

離婚の承認後、再婚請求をするように

その瞬間に自分は登場するので

皆、驚いてひっくり返るだろうと

ナビエに伝えました。

 

ナビエは気が楽になると

もう一つの疑問が浮かんできました。

なぜ、こんなに早く、ハインリがここへ

来ることができたのだろう。

それに対する、ハインリの答えは

結婚してから教えます、でした。

 

今度は、ハインリが結婚したら最初に何がしたいか

尋ねてきました。

ハインリは、初めは笑っていましたが、

急に顔をこわばらせて、手を横に振りました。

 

初夜の話ではなくて、

エッチなことを意図したのではなくて・・・

 

ハインリが本当に死にたそうな顔をしたので

ナビエは正直に答えました。

 

帳簿を早く見たいです。

帳簿を見れば、王国の予算の流れを把握しやすいからです。

早く仕事に適応しないと。

f:id:myuieri:20210118154301j:plain

 

パルアン侯爵は、ナビエからの手紙を

ハインリに渡した時に

ハインリがにっこり笑って手紙を受け取ったので

ハインリとナビエは仲が良いのだと思い

ハインリからの返事を直接ナビエに渡すことに

決めていました。

しかし、いくら待っても

ハインリからの返事はありませんでした。

 

パルアン侯爵は、しばらく待つつもりでしたが

我慢できなくなり

マッケナに会いに行き、ハインリのことを尋ねると

ハインリは遠い所に出かけたとのことでした。

 

そんなに長くはかからないので、宮殿で待つようにと、

パルアン侯爵はマッケナから言われました。

しかし、パルアン侯爵はナビエから最初の手紙を渡されてすぐに

別の手紙を受け取りました。

しかも、手紙を持ってきたのは、皇后の最側近のアルティナ卿で

ナビエの性格を考えると、とても珍しいことでした。

ナビエにとって深刻なことが起こっていると考えたパルアン侯爵は

ハインリが帰ってくるのを待たずに、西王国を後にしました。

f:id:myuieri:20210118154552p:plain

ハインリに会いに行った日を最後に

ナビエは皇后宮の外へ出ることができなくなりました。

侍女たちも同様でした。

150年ほど前、離婚を控えた皇后が

皇帝の殺害を計画したことがあり

離婚法廷が開かれるまで、侍女たちと共に皇后は

皇后宮の外へ出ることができなくなり

外部の人間も入ることができないという法律が

できたからです。

ナビエは両親に、再婚の話をすることもできませんでした。

 

離婚法廷の前日に、ソビエシュがやってきました。

ナビエは、離婚法廷の日が近づいている中

緊張とプレッシャーに押しつぶされていたので

ソビエシュを見て、一瞬、茫然となりました。

 

別れの挨拶をしに来たのかと、

ナビエは平静を装って、ソビエシュに尋ねると

ソビエシュは

 

別れている時間は短いです。

 

と言いました。

 

ナビエが、これからは、二人で過ごした日々より

別れている日々の方が長くなる、と伝えると

ソビエシュは、離婚をした後も

自分のそばにいれば良い、と言いました。

 

かつて、離婚をした後も、

皇帝のそばに留まった皇后がいなかったわけではないので

ソビエシュの提案は不快ではあっても、

バカげたことではありませんでした。

 

ナビエが、

 

離婚をすれば、私たちは他人になるので

そういう訳にはいきません。

 

と言うと、ソビエシュは

 

しばらく離婚をしたからといって

私たちが他人になるわけではない。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210113051722j:plain

 

離婚法廷の当日

ナビエは、着替えた後、自分の姿を鏡に映すと

声を押し殺して泣いている侍女たちの姿が

見えました。

特にローラが、最も悲しそうに泣いていました。

ナビエは、自分は1か月前と何も変わっていないのに

今では、境遇がすっかり変わってしまったことを

実感しました。

 

ハインリと結婚の約束をしていても、こんなに悲しいのだから

結婚の約束をしていなかったら

どれほど絶望的だったことか。

 

そして、ナビエを離婚法廷へ連れていくための迎えが

やってきました。

 

f:id:myuieri:20210112055724j:plain

 

感想

 

再婚をすることがわかっていても

離婚することへの、ナビエのせつない気持ちが

伝わってきて悲しくなりました。

マンガでは、どのように描かれるのか

楽しみです。

しかし、ナビエが結婚してから一番最初にやりたいことが

帳簿を見ることだなんて、ナビエらしいです。

次回はいよいよお待ちかねの

離婚法廷のお話です。