自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第227話 あらすじ 魔力石の回収とルベティの頼み

 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

はたして、ソビエシュはエンジェルの提案を受け入れるのでしょうか?

 ◇ソビエシュの判断◇

ソビエシュは、

第4騎士団長の提案を

断りました。

 

魔法使いは

東大帝国の力でした。

 

超国籍騎士団は

魔力減少現象の証拠をつかめば

最初は、その情報で西大帝国を

追い詰めるけれども

その後は、

矛先が東大帝国へ向かうと

ソビエシュは確信していました。

 

港は大事だけれども

魔法使いがいれば、

港を取り戻す方法が

あると思いました。

しかし、魔法使いは違いました。

だから、超国籍騎士団に

魔力減少現象の情報を知らせることは

できませんでした。

 

賢明なソビエシュ

エンジェルは丁重に挨拶をして

東大帝国の皇宮を出ました。

 

エンジェルは、

外で待っていた副官に

ソビエシュに断られたことを

伝えました。

 

港より

魔法使いの方が大事だという

副官の言葉にエンジェルは

 

両方大事、

自分なら

情報を渡して、港を取り返し

魔法使いを失う前に

皆殺しにすると言いました。

 

そして、エンジェルは

 

ブルーボヘアンへ行く、

2つの任務を

同時に行えないので

順番に解決する。

 

と言いました。

 

エンジェルは副官に

もう一つ、指示を出しました。

 

f:id:myuieri:20210605071603j:plain

その同じ時刻

ソビエシュはカルル侯爵を

呼びました。

ソビエシュは、

エルギ公爵とラスタの

報告書を読んでいました。

 

ソビエシュは、

ブルーボヘアンの王に

両国の親交のために

どのような行動が必要なのか

考えて欲しいと

伝えるように命じました。

 ◇魔力石の回収◇

その同じ頃、ハインリも

巧みに隠した魔力石を回収するのに

忙しくなりました。

 

ハインリは、

魔力の減少速度を上げる方法を

誰にも知られたくなかったので

自分は戦争を諦めたけれど

子供たちに、その方法を

教えるつもりでした。

 

ハインリは鳥になり

一生懸命飛んで

柱だけでできている

神殿にたどり着きました。

ハインリは、その柱の一つに

巧妙に魔力石を埋め込んでいました。

 

f:id:myuieri:20210605071808j:plain

ハインリは柱に降りようとすると

人影を発見しました。

彼らは、

旅行客の恰好をしていましたが

四方を確認していたので

ハインリは怪しいと思いました。

 

そのうちの一人が

用を足すために

森の中へ入っていくと

その後を追いかけ

急降下して、人間の姿に戻ると

用を足そうとしていた男性の上に

覆いかぶさり、

彼の髪を後ろに引っ張りました。

 

ハインリが男を痛めつけると

彼は、

超国籍第4騎士団に

所属していることを白状しました。

 

ハインリは、エンジェルが

第5騎士団を貸して欲しいと

ナビエに頼んだことを思い出し

エンジェルが、人の頭数を増やして

魔力減少現象が起こった地域に

騎士たちを置き

状況を見守ろうとしていることに

気が付きました。

 

ハインリは、神殿の近くを

ウロウロしている騎士たちを

始末した後

隠しておいた魔力石を

掘り起こしました。

ハインリは、もっと早く

魔力石を

回収しなければならないと

思いました。

◇ルベティの陰◇ 

ハインリが出かけてから2日後

ルベティがやって来ました。

 

馬車から降りたルベティを

ナビエが抱きしめると

彼女は、泣きながら

ナビエに会いたかったと

言いました。

 

ナビエたちは部屋に入った後も

ルベティはホットチョコレート

飲みながら、泣いていました。

 

ナビエは、ルベティに

西大帝国で暮らすことを提案しました。

 

けれども、ルベティは

小さな領地だけれど

自分は、そこの領主なので、

領民を導かないといけないし

母親もそこにいるのでと言って

ナビエの申し出を断りました。

 

f:id:myuieri:20210605072038j:plain

その後、ローラは

ルベティのために用意した部屋へ

彼女を連れて行きました。

 

ジュベール伯爵夫人は

明るかったルベティに

陰ができたと言いました。

 

ナビエは、自分も

悲しくて辛い思いをしたけれど

急に家族2人を失った

ルベティの比ではありませんでした。

 

ナビエは

記憶を失ったソビエシュの

図々しい行動に

腹を立てたけれども

彼も、朝目が覚めたら、

突然、父母と妻が

いなくなっていたことを考えると

訳もなく気持ち悪くなりました。

◇ルベティの頼み◇ 

次の日、魔力石を回収しに行った

ハインリのことを心配していると

遠くから金色の鳥が

飛んでくるのが見えました。

 

ナビエが窓を開けると

クイーンは部屋の中に入り

人間の姿に戻ると

ナビエを抱きしめました。

 

そして、魔力石の回収について

話をしていると

ルベティがやって来ました。

 

裸のハインリは

慌てて夫婦の寝室へ行き

ナビエは応接室に行きました。

 

ルベティはナビエに

2つお願いがあると言いました。

 

一つは、領地の治め方を

学ぶこと。

もう一つは、アレンの子供を

探すことでした。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ソビエシュは

男としては腑抜けだけれど

皇帝としては優秀なのかなと

思いました。

 

ハインリが戦争を

諦めていなかったのは

残念に思いますが

今後、ハインリの気持ちが

変わっていくことを

期待しています。

 

今後、大活躍しそうな(爆)

エンジェル。

笑うとキツネに似ていて

銀髪のハンサムな男は

どんな姿なのか

思い描きながら読んでいます。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain