自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第90話 あらすじ 西王国での生活

ハインリは、自分で結婚式の準備をすると

言いました。

ハインリが盛大な結婚式を準備しても

愛に目が眩んだ、贅沢だと言われる

とマッケナが忠告すると

ハインリは

結婚式の日に、西王国を西大帝国と改めれば

結婚式を盛大にしても

贅沢云々言われないだろうと言いました。

 

西王国が東大帝国に匹敵するほどの

軍隊を集められたのは

王室が非常に豊かで、

王が軍隊を指揮していたからでした。

しかし、ハインリの兄は気が弱く

長い間、病床にあったので

父の代よりも王権が弱くなっていましたが

まだ十分統制できていました。

東大帝国のウィザードを減らしても

西王国のウィザードが増えるわけではないので

軍隊を・・・

 

とハインリが考えていた時

彼は、魔法学園の学生エベリーの

魔力を返したかと

マッケナに尋ねました。

 

マッケナは、

魔力を返すのに時間とお金がかかるし

魔力を戻しても、彼女は東大帝国へ

戻ってしまうと、不満を言うと

ハインリは、たった一人だけなのだから

魔力を返すように、命令しました。

 

f:id:myuieri:20210124163138j:plain

 

ソビエシュは、胎教のために
ラスタの所へ来ているのに
ナビエが見つかったというニュースが
届かないので
イライラしていました。
ラスタはソビエシュを慰めるつもりで
 
ナビエが、
逃げるようにして東大帝国を去ったと
人々が話していて、彼女の評判が落ちた。
 
と話しました。
 
その話を誰から聞いたのかと
ソビエシュがラスタに尋ねると
彼女が、エルギ公爵からと答えると
ソビエシュの顔が怖くなりました。
 
ソビエシュは、エルギ公爵が
ナビエを逃がしたと確信していました。
外国の王族なので、手を出さないけれども
彼に対して激しい怒りを感じていました。
 
ソビエシュは、
ラスタにエルギ公爵と付き合わないように
命じました。
事情を知らないラスタは、
ソビエシュがやきもちを焼いているものと思い
 
エルギ公爵は友達で、愛するのは陛下だけ
 
と言いました。
 

f:id:myuieri:20210111150019j:plain

マッケナから王命を受けた近衛隊長のユニムは
自宅へ戻りました。
そして、姉のローズに
彼女を王妃の臨時侍女にすると書かれた
王命を渡しました。
ローズは、すでに、
弟が王妃の前で
傲慢に振舞ったという噂を聞いていました。
彼女は、王妃の臨時侍女になり、
国の役に立つ人か観察すると、弟に告げました。
 
ナビエの元へ、
ローズが侍女としてやってきました。
 
最初にナビエは、
ローズに衣装室へ連れて行ってほしいと
頼みました。
ローズは、すぐに頼まれごとをすると
思っていなかったので
慌てましたが、
ナビエを衣装室へ案内しました。

 

ナビエは、ローズの後を付いていきながら
彼女の歩き方を観察していました。
そこには、人の性格が表れたりするからです。
 
衣装室に到着すると、
ナビエは、
服を少ししか持ってきていないので
(正確に言えば、着ている服だけ)
今、すぐ切られる服を6着、
手に入れるようにローズに頼みました。
 
ローズが、どんなスタイルが良いか尋ねると
ナビエは、西王国では、
どんな服を着るかわからないので
ローズに任せると答えました。
 
人前で、ローズに服選びを任せれば
ナビエがどんな服を着ても
ナビエに言いがかりをつけることは
できなくなる、
ナビエは、そのように考えていました。
次にナビエは、ローズに
宮殿内を案内して欲しいと頼みました。
 
西王国の建物のあちこちに
宝石が飾られていました。
 
以前、ハインリが、自分の国は
宝石産出国だと言っていたことを思い出し
ナビエは笑いました。
 
きらめくものが好きなのは鳥みたい
 
と考えながら、ナビエは、 
しばらく忘れていた
マッケナが青い鳥説を思い出し、
ハインリに会ったら、
聞いてみようと思いました。
 
再び歩き出すと、
ローズではない別の人間の
バタバタ歩く音がしました。
王室に出入りを許された記者でした。
 
ローズは王妃が近づくような人ではない。
会見の日程が決まったら、
その時に会えば良いと言いましたが
ナビエは、今の状況下では
記者と話をすることが
役に立つかもと思いました。
 
ナビエは、できる限り優しい笑顔で、
何か聞きたいことがあるのか尋ねました。
初めは、当惑していたものの
記者は、すぐに手帳を取り出して、
なぜ、こんなに早く再婚したのか
ナビエに尋ねました。
 

f:id:myuieri:20210115055347j:plain

ちょうど同じ頃、エルギ公爵も、
 
記者たちの質問を受けることで
国民が何を望んでいるか知ることができる
 
と言って、
ラスタに記者と会うことを勧めていました。
 
ラスタは、前日、
エルギ公爵と付き合わないようにと
ソビエシュに言われていたので
エルギ公爵の話を半分聞き流していました。
 
しかし、ラスタの周りの人たちの中で
信頼できるのはエルギ公爵だけなので
皇后になった時に役立つ話を
してくれないかなと思っていました。
 
平民を味方につけるために
記者と話をした方が良いと勧めても
ラスタは気が乗らないようだったので
 
皇后がいないから安全だと思っているの?
次の皇后が
お嬢さんをいじめるかもしれないよ。
 
とエルギ公爵が言いました。
自分が皇后になることをエルギ公爵に
内緒にしていたラスタは
返事をする代わりに、
口をとがらせて、
エルギ公爵に背を向けて笑いました。
 

f:id:myuieri:20210117204832j:plain

感想

 

マンガの63話で、

魔力を失ってしまったエベリーが

魔法使いになることで

皇后陛下のために生きようと思っていたのに

それができなくなり、自分に価値がなくなったと

嘆くシーンがあります。

その話を聞いていたから

ハインリは、

エベリーの魔法を戻そうとしていたのですね。

優しいです。