自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第73話 あらすじ マンガ版 67話 68話 69話青い鳥はマッケナ?ではクイーンは?ソビエシュのいたずらに怒るナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

再婚承認を要求します 小説版 第73話をお届けします。エルギ公爵のところにマッケナがいるのを見つけたナビエでしたが・・・

マンガ版67話

◇マッケナがなぜ?◇

マッケナがどうして裸なのか

西王国にいるはずの彼が

ハインリーの最側近で

護衛で秘書でもある彼が

なぜエルギ公爵の

ベッドの上にいるのか

ナビエはわかりませんでした。

それにどこかケガでもしたのか、

マッケナは、

ウンウンうなっています。


どこかケガをしたのなら

知っているふりをしないと

いけないかも。

ナビエはスパイのように

窓の外に立っていたので

ドアをたたくつもりで

窓から離れようとしたら,

マッケナがナビエの方を見て.

目を丸くしていました。


マッケナは、

あわてて布団を抱え

そそくさとナビエの方へ

駆け寄り

皇后陛下がなぜ

そこにいらっしゃるのかと

ナビエに尋ねました。


わたしが聞きたいです。

 

とナビエが言うと

マッケナは目を白黒させて、

口を開こうとしたところ

ドアが開いて、

エルギ公爵の声がしました。

 

マッケナ、どうせ、

また服を脱ぐのに

服を用意するのか?

 

窓のそばに立っている

マッケナとナビエを見て

エルギ公爵は

立ち止まりました。

ちょっと驚いた顔をして、

口笛を吹きながら

おどおどした様子で笑いながら

 

僕たちのこと、

またバレちゃったね

 

と言いました。

 

マッケナは

泣きべそをかきながら

変な冗談は

やめるように言いました。

 

面白いじゃない。

僕はこういうの好きだよ。

 

冗談が通じないような方へ

そんなことを言うなんてと

マッケナがエルギ公爵に抗議し、

突然、

ナビエに向かって謝ったので

冗談が通じないのは

自分のことなのかと

ナビエは悟りました。

 

ナビエは、忙しいのであれば、

後で来ると言いながら

外からカーテンを閉めるふりをして

自分は冗談が通じる人であることを

行動で示そうとすると

マッケナは真っ赤な顔をして

うめき声をあげながら、

やはり誤解されたと、

エルギ公爵に抗議しました。

 

私も冗談を言ったのに

なぜ人々は、私が冗談を言うと

真剣に受け止めてしまうのか

理解できないわ。

 

とナビエは思いました。

 

マッケナは、

ハインリの使いでやってきたが

ケガをしたので、ここにいると

ナビエに弁明しました。

けれども、

話し続けることができずに

お腹を抱えて、前屈みになりました

ナビエは驚いて中へ入り

マッケナの腰を支えました。

すると、布団に包まれて

よく見えなかった包帯が

目に入りました。

胸元から腰のあたりまで

包帯が巻かれて

そこは血で濡れていました。

 

ナビエが

 

血が!

 

と叫ぶと、

エルギ公爵は

マッケナへ慌てて駆け寄り

おとなしくするように命令し

彼を引っ張りベッドに寝かせました。

 

エルギ公爵は

持ってきた救急箱を開けて

マッケナの治療をしようとしたが

その前に、

ナビエの方を振り返りました。

 

後ほどお越しいただけますか?

 

とエルギ公爵がナビエに言った。

 

私がいると邪魔になるのか

一見してマッケナの傷は

軽くないのに。

エルギ公爵一人で

治療できるのだろうか。

 

マッケナが

ここにいることがわかったら

大騒ぎになるかも

しれないけれど

傷をそのままに

しておけないと思い

ナビエは医者を呼ぶことを

提案しましたが

マッケナは断りました。

 

ナビエは

本来の目的を達成するために

エルギ公爵に、

彼が、まだハインリと友達かどうか

尋ねました。

そして、

ハインリと会うことがあれば

彼の青い鳥が死んだことを

伝えてくれるよう

エルギ公爵に頼みました。

そして、これからも鳥は

死ぬことになるだろうとも

言いました。

賢いハインリのことだから

ソビエシュが

どんな命令を下したか気づくだろうと

思いながら。

マンガ版 68話

ナビエが帰った後、エルギ公爵は、

彼女が、

いかにも自分が

鳥を殺すといったような

恐い表情で、

最後の言葉を口にしていたと

マッケナに言ったので

彼は、そんなことはないと言って

否定しました。

 

そして

マッケナは、

手元にあるハインリからの手紙を

渡せなかったことを嘆いていました。

 

エルギ公爵は、その手紙の内容を

ナビエに伝えたら

自分が青い鳥だと

宣伝しているようなものだと

マッケナに忠告しました。

 

マッケナは、自分を見つけたら

すぐに殺せという計画があるのを知って

これから手紙をやり取りすることが

できなくなる。

これから取り交わさなければならない

内緒の話を

どのように伝えたらよいかと

頭を悩ますのでした。

 

f:id:myuieri:20210112055724j:plain

 

◇青い鳥の謎◇

ナビエは部屋に戻ってからも

先ほど見た

エルギ公爵とマッケナの様子が

頭の中をグルグル回っていました。

マッケナがどうして

あそこにいたのか

ケガをしていたのか

知りたかったのです。

 

来たことを誰も知らないのに、西王国の王の側近がエルギ公爵の部屋にいたことを不思議に思ったナビエ。

窓枠に挟まっていた

青い羽を見ていると

マッケナの青い髪を

思い出します。

ハインリが送り出した

鳥が撃たれた。

マッケナがケガをした。

これは偶然なのか。

 

翌日、ローラからエルギ公爵が

ケガをした鳥を抱いているのを

見た人がいると聞いて

ナビエは居ても立っても居られず

謁見が終わった後

宮廷の魔法使いの元へ行き

動物に変身できる魔法があるか

どうか尋ねます。

 

彼は動物に変身できる魔法使いは

これまでいなかったが

鳥ー族という種族がいたことは

聞いていると答えます。

 

鳥ー族はすでに絶えてしまったと

魔法使いから聞いたけれども

もしかしたら、マッケナは

動物に変化する

新しい一族なのでは

ないだろうか。

マッケナは、ハインリが遣わした

青い鳥なのではと

ナビエは、考えました。

 

マッケナが動物に変身できる

新しい一族ならば

青い鳥は生きている。

ナビエは安心すると共に

自分は青い鳥の前で醜態をさらして

いなかっただろうかと

考えました。

 

青い鳥のお尻は叩かなかったし

抱きかかえてキスをしなかったし

青い鳥の前では着替えなかったし

そんなことをしたのは

クイーンの前だけ・・・

 

まさか、クイーンは

ハインリの別の部下かもと

思い、ナビエはドキッとしました。

 

f:id:myuieri:20210113055449j:plain

 

クイーンはハインリの

部下なのかもと考えていると

ソビエシュが鳥かごに入った

青い鳥を送ってよこしました。

今度は生きています。

 

鳥は優雅できれいだけれど

鳥を送ってよこしたのは

ソビエシュのイタズラとしか

ナビエには思えませんでした。

 

青い鳥は死んではいないと思うけれど

ソビエシュが鳥の丸焼きを送って

ナビエを傷つけようとしたことは

重要であるし

鳥を見る度に

鳥の丸焼きを見た時の

衝撃を思い出してしまうので

ナビエは鳥かごを返すように

イライザに命じました。

f:id:myuieri:20210111150019j:plain

f:id:myuieri:20210206060252j:plain

マンガ版69話ここから


◇青い鳥を横取りするラスタ

ソビエシュがラスタを

皇后にしてくれると言ってから

数日経っているのに

ソビエシュは

ナビエに離婚の話をしないので

ラスタはイライラしていました。

また、ソビエシュが

ナビエに青い鳥を送ったことにも

腹を立てていました。

 

貴族たちが飼っている

エレガントで上品な鳥を

私も欲しい。

それを陛下が皇后に送るなんて

 

と癇癪を起しかけていると、

廊下から

何か引きずる音がしたので

見てみると

男が鳥カゴを引きずっていました。

 

ソビエシュがナビエに送った鳥を

送り返したという話を聞いて

ラスタはデリスに

鳥を返させると言って

男から鳥を受け取りました。

f:id:myuieri:20210206060252j:plain

第69話ここまで

f:id:myuieri:20210113061428j:plain

◇コシャールの運命◇

追放されたコシャールは

 

東大帝国に戻らなければ

トロビー家の跡取りになれない。

パルアン侯爵とナビエが送ってくれた

お金と宝石がたくさんあるから

生活には困らないけれど

どうしたらナビエを

安らかな皇后の生活に

戻してあげられるのだろう。

 

と考えながら道を歩いていました。

すると、コシャールを迎えに行くために

ハインリが遣わした

西王国の人間に出会いました。

 

f:id:myuieri:20210113171133j:plain

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

 

マッケナが無事でよかったです。

ついに、ナビエは

青い鳥がマッケナでは?と

気づいてしまいました。

ナビエは賢いですね。

 

ソビエシュは

ナビエのことが好きで

嫉妬心から、

ハインリとの文通を

やめさせようとしたり

意地悪をしているのではと

思います。

素直になった方が良いのに・・・

f:id:myuieri:20210206060839j:plain