自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第253話 あらすじ 赤ちゃんたちとの再会に涙するハインリ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

エンジェルをやり込めたナビエ、天晴です。

◇熱いものでいっぱい◇ 

人々は人為的に魔法使いを

作れる事実に

興奮していたようでした。

 

エンジェルだけは

ナビエの言葉を信じないで

頭を傾げていました。

 

そしてエンジェルが

何か言おうとした時に

ドンという音と共に

鉄格子を突き破り

檻の中にいた騎士が逃げ出しました。

 

ホールの扉は開いていたので

騎士はそのまま出て行きました。

エンジェルは短く

ため息をつきました。

 

新年祭はぎこちなく終わり

ナビエとハインリは

自分たちの部屋へ戻り

荷造りを始めました。

 

騎士を逃がしたのは

ハインリかとナビエが尋ねると

彼は熱で格子を6つ溶かした。

と答えました。

 

ハインリの魔法は熱なのかと

ナビエは尋ねると

ハインリは肯定し

その魔法の欠点は

加熱時間が必要なことだと答えました。

 

ナビエは、ハインリの能力が

熱なのは似合っている、

ハインリの身体は熱いもので

いっぱいだからと伝えると

彼は視線を落とし

耳が赤くなりました。


ハインリは下半身に

感動を受けたようなので

ナビエは、

いやらしい意味で言ったのではないと

言いました。

 

f:id:myuieri:20210117205939j:plain

 ◇帰路◇

ナビエとハインリが

連合本部を去る時

エンジェルは不機嫌な顔で

見送りました。

 

帰り際にナビエが

エンジェルに紫色は似合わないと

言ったことで、

ハインリはやきもちを焼き

馬車の中で、ハインリは

不機嫌な顔をしていました。

ナビエは呆れながらも

ハインリのくよくよした顔も

きれいだと思いました。

 

ナビエはハインリの顔を

触りながら

あんな男に捕まらないようにと

頼みました。

 

馬車が国境に入ると

ナビエは、一緒に連合を

脱退しようと

東大帝国に提案したことと

まだ答えを聞いていないけれど

受け入れるだろうと

ハインリに伝えました。

f:id:myuieri:20210118171706j:plain

 ◇赤ちゃんたちとの再会◇

西大帝国の宮殿に入ると

ナビエはソビエシュに

再び手紙を送った方が良いのか

それと返事を待つ方が良いのか

考えながら

執務室へ向かっていると

宰相がやって来ました。

 

彼はハインリが一緒なのを見て

驚きました。

 

宰相はナビエに

東大帝国からの手紙を差し出しました。

 中身を読んだナビエとハインリは

違いに顔を見合わせました。

 

ナビエとハインリは

慌てて母親を探しに行きました。

 

母親は、ラリとカイを

ゆりかごに寝かせ

ロッキングチェアに座りながら

2人に童話を読んでいました。

 

母親はナビエを抱きしめ

ハインリは母親に挨拶をした後

すぐに双子のところへ駆け寄ると

ラリとカイは同時に泣き出しました。

 

ハインリが拉致されたことを

知らない母親は

ナビエと子供を残して

出歩いていたハインリに

不満げな様子でしたが

赤ちゃんたちの様子を見て

心が和らぎました。

 

ハインリは

どちらを先に抱っこするか

悩んでいるようだったので

ナビエがカイを抱き上げると

ハインリはラリを抱いて

目を閉じました

彼の目元に涙が溢れました。

 

しばらくハインリはラリに

話しかけていると

カイがやきもちを焼いたので

ハインリは母親にラリを渡し

カイを抱いて話しかけました。

 

f:id:myuieri:20210331061230j:plain

代理人◇ 

ハインリは子供たちに

夢中になっているので

ナビエは母親を

自分の部屋へ連れて行き

 

ソビエシュが

東大帝国と西大帝国が共に

連合から脱退するという

ナビエの提案を受け入れること、

しかし、体調が悪いので

対外的な活動する際は

代理人を立てること

その代理人

ナビエの父親を任命すると

手紙に書かれていた。

 

と伝えました。

 

ナビエの父親は皇族の傍系でした。

直系のリルテアン大公は対外活動をできる状況ではないし、その息子のシャルルは相続権を放棄しています。

 

 なぜ父親が代理人に選ばれたのか・・・

 

父親より近い傍系が2つ

似たような順番の人が

あと2人。

父親より順番が先の傍系の一人は

とても年齢が高い。

 

ナビエは知っている限りの

皇族の傍系について

母親に話しました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain


ハインリは

熱の魔法が使えることが

明らかになりました。

今後、夫婦喧嘩をして

ナビエが怒りのあまり

ハインリを凍らせても

彼は自分の力で

溶かすことができるのかなと

要らぬことを考えてしまいました。

 

そして、ナビエの父親が

皇族の傍系ということも

明らかになりました。

マンガの第44話で

ハインリの戴冠式への招待状の宛名に

ソビエシュ・トロビー・ビクト様と

書かれていたのを見て

どうしてかなと思っていたのですが

皇族の傍系であるナビエの父親の家系が

トロビーという名を

もらっていたのかなと思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain