自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 33話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 28話、29話でカットされていたこと ハインリの魔法が計画に利用されるかも

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

33話 紅炎の星を売ったのはロテシュ子爵だとばれてしまいましたが・・・


◇窮地◇

ソビエシュが

少しずつ、持ってきてくれて

いっぱいになっていた

宝石箱の底が見えてきたので

ラスタは両手で顔を覆い

ため息をつきました。

 

すべてロテシュ子爵のせいでした。

 

側室になって

1か月少し過ぎたのか

まだ、ソビエシュと

外国貴族からもらったものが

いくつかありました。

 

毎年、品位維持費の名目で

皇室からお金が出ると

聞いたけれど

まだ、ラスタは

何も受け取っていませんでした。

 

だからといって

皇帝に新しい宝石をくれと

直接言うことはませんでした。

 

自分自身で

財産を作れない奴隷は

主人や恋人から

贈り物をもらうことが

財産を増やす唯一の方法でした。

 

しかしラスタが経験した

貴族の恋人たちは

いくらお金を持っていても

堂々とプレゼントを要求することを

嫌がりました。

 

彼らは権力を利用して

ラスタに近づきながらも

ラスタが、彼らの権力やお金に

無関心であることを

望んでいました。

たとえ皇帝であっても

同じだとラスタは思いました。

 

ロテシュ子爵の所にいる赤ちゃんが

自分の赤ちゃんでないとわかれば

こんなにロテシュ子爵に

引きずられることはないのに。


ため息をついて宝石箱を閉じると

ソビエシュがやって来ました。

 

ラスタはソビエシュを抱きしめ

頬をこすり合わせましたが

ソビエシュは

彼女を抱きしめる代わりに

押しのけました。

 

ソビエシュはラスタは

紅炎の星を下女にやったかどうか

再確認しました。

 

なぜ急に指輪について聞くのか

ロテシュ子爵に

指輪をあげたことが

ばれたのか

 

ラスタは不安になりました。

 

何かを調べているのであれば

これが嘘を暴く

最後のチャンスだと思いました。

どうせ嘘がばれるなら

無理に嘘をつくより

ある程度、真実を

明らかにするのが良いと

ラスタは判断しました。

 

ラスタは、

 

下女だけでなく

ロテシュ子爵にも指輪をやった。

自分には、

みな似たり寄ったりの

指輪に見えるので

どれを下女にやって

ロテシュ子爵に

やったかわからない。

自分のために嘘をついてくれたのが

ありがたくて

報いたいと思った。

 

と言いました。

するとソビエシュは

 

あなたのために

嘘をついたのではなく

彼が話したことに

責任を負っただけだから

あなたがありがたがる必要はない。

 

と言いました。

ソビエシュは

ラスタがロテシュ子爵に

脅されているのではないかと

尋ねました。

ラスタは否定しました。

 

正直に脅迫されたと

話せればよいけれど

ラスタは

嘘をつくしかありませんでした。

 

もし脅迫されたと言えば

皇帝はロテシュ子爵を

叱るか罰するだろう。

そうなると、ロテシュ子爵は

赤ちゃんのことを話して

自分を引きずり下ろすに

違いないと思いました。

 

一応、ソビエシュは

ラスタの言葉を信じましたが

 

ロテシュ子爵に

脅されているのなら

物を渡さずに自分に言うこと。

当分は自分が毎日確認する。

品位維持費はラント男爵に

管理させる。

 

と言いました。

ラスタは青ざめました。

ソビエシュが監視したら

お金も宝石も

ロテシュ子爵へ渡すことができず

赤ちゃんの話を広めてしまうと

思いました。

f:id:myuieri:20210814102152j:plain

◇首席卒業者◇ 

ナビエはウィルウォルへ行き

エベリーに

お祝いの言葉を伝えました。

彼女はナビエに抱きしめられると

消え入りそうな声で

彼女にお礼を言いました。

 

孤児院に視察に行くたびに

彼女が友達と交われないことを

心配していましたが

こんなに大きくなったことに

感心しました。

 

ナビエは学長と共に

学園内を一巡しながら

彼から魔力消失減少について

報告を受けました。

 

そして、

歴代の魔法学園の

首席卒業者の肖像画

見た時に、1か所、

空の場所があることに

気が付きました。

 

学長は、

 

交流のために

来ていたハインリ王子が

首席を取ったこと、

正式な学生ではないので

肖像画を飾っていないこと。

本人にも

秘密にしてくれと

言われていたこと

けれども、昨日

王子が突然やって来て

誰かに肖像画のことを聞かれたら

正直に答えてもいいと言われた。

 

とナビエに話しました。

 

前日、ナビエが出発する時に

まだハインリは宮殿にいたので

いつ出発したのかと

思いました。

 

そして、ナビエは

ハインリが魔法が使えることが

気になりました。

 

彼が本当に魔法を使えるなら

彼が数年前から

立てている計画について

調査をしても

分からない可能性が高いと

ナビエは思いました。

 

魔法使い自体が

あまりにも貴重な上に

その分野はまともに

研究をされていない領域でした。

 

魔法学園を全て見て回った後

学長に見送られて

正門付近に到着した時

先程からナビエの頭の中を

占めていたハインリが

青い騎士と共に

向こうから歩いてくるのが

見えました。

 

ハインリは

 

クイーン、こんなところで

お目にかかれるなんて。

 

と華やかなに笑いながら

ナビエをじっと見つめました。

 

しかし青い騎士は

まるで呆れたことでも

聞いたように

ハインリを不満いっぱいの目で

見つめていました。

 

その後、ハインリとナビエは

一緒に食事をすることに

なりました。

f:id:myuieri:20210328065401j:plain

◇正直なハインリ◇ 

ハインリは、東大帝国に

害を及ぼす計画を

立てているかもしれないのに

彼がナビエを見つめる時

ナビエはその視線を

負担だとは思いませんでした。

 

ナビエは、

ハインリの髪の色と目が

クイーンに似ていると言いました。

すごくハンサムなところ

は言いませんでした。


本当に鳥に似ているかと

ハインリは上体を傾けて

聞いてきたので

彼の目がナビエの目の前に

迫って来ました。

 

彼の瞳がとてもきれいなので

彼の瞳を見ていると

視線を受けるという感じよりも先に

美しいと感じるので

視線を負担に思わないのだと

思いました。

 

ナビエはハインリに

得意な魔法について尋ねました。

きっと彼は

答えてくれるだろうとは

思いませんでしたが

もしも答えてくれれば

彼の計画に

魔法が利用されるかどうか

判断しやすくなると思いました。

また、

彼の得意な魔法如何によっては

アルティナ卿に

ハインリのことを調べさせるのを

止めようと思いました。

 

ハインリは考えてから

 

空を飛ぶこと。

 

と答えました。

 

ナビエは、

 

私を連れて飛んでもらえますか?

 

と尋ねました。

 

彼女は質問しながら、

当然可能だと思いました。

自分を連れて

飛んでくれることを

期待したのではなく

ハインリに、その能力があると

思いました。

 

けれども、彼は

予想外に困った表情で

視線を避けながら

 

クイーンは

私が運ぶには重すぎます。

 

と呟きました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ハインリの得意な魔法は

熱の魔法ですが

それがわかるのは

もう少し後になります。

 

ハインリは、

ナビエに嘘をつきたくないので

彼が運ぶには彼女は重すぎると

言ったのでしょうけれど

彼に女性の気持ちが

わかっていれば

そんな失礼なことを

言わなかったでしょうね。

女心が分からないハインリは

噂とは違って

浮気者でないことがわかると

思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain